2018年04月29日

There’s a first time for everything.

「英会話楽習」

ゴールデン・ウィークで海外に行く人も多いんだろうな〜。
いいな〜!

4/16放送分
料理を作ったことのない人がローストチキンを作る!
There’s a first time for everything.
− 今までにないことは必ず起きるもの。
たしかに〜。
ここの for がなぜ for なのか、
in じゃダメなのか、ハートで感じられないのが悲しい。

first つながり
Your first day only happens once.
(初日は一度しかないんですもの。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

4/17放送分
納豆を食べる外国人女性への質問。
Is this the first time for you to eat natto?
− 納豆を食べるのはこれが初めてですか?
2011年時点で、OXFORD に
↓ は文法的に間違っていると書いてありました。
This is the first time for me to go to London.
少なくとも日常会話では問題なく使えるようです。

the first time の後ろの節は基本的に過去完了。
It’ll be the first time I’ve ever gone to one.
(同性婚の式に行くのは今回が初めてですよ。)
↑ 未来の話であっても過去完了。
(16/03/03「実践ビジネス英語」)

味を質問されて
Umit’s different. I’ll say that much!
− うーん……独特ですね。(少なくとも)それだけは言えます
↑ はコメントの後ろに加える。
I’ll say this much.
はコメントの前に言う(テキスト)
this that のこのニュアンス、
わかるようなわからないような( ̄▽ ̄;)

4/18放送分
春関連の表現
She’s full of joys of spring because she passed the big test last week.
− 先週大きなテストに受かったので彼女は幸せいっぱいです
of spring はなくてもOK。
Life is full of joys and sorrows.
(人生、悲喜こもごも。)
(10/01/31「英語5分間トレーニング」)

He does 20 pull-ups. He’s 75, no spring chicken!
− 彼は懸垂を20回します。75歳で、あまり若くはありません
懸垂は pull-up でしたか!
So I would do push-ups whenever I could grab a few minutes.
(それでちょっとでも時間がとれるときにはいつも腕立て伏せをしたものです。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
腹筋の運動は sit-up ですが、昔ながらの運動は
腰を痛めるのであまりやらない方がいいという話も。


前回の「楽習」 Use it or lose it! (使わないと使えない!)
を聞いて、思い出していたのが rusty という表現。
2001年度「ラジオ英会話」をまとめた本の中で、
だれでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)
だれでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)
2001年の放送が終わってから、しばらくマイクの前で話していなかったため
マーシャ先生がフリートーク中にこう言っていました。
Jeff, it’s been a while since we’ve worked together in front of the mike, I feel a bit rusty. How about you?
rusty … (練習しないため)下手になった
使わないと錆びる、という考え方。

そんな場合は brush up で磨き直し!
I will try to brush up (on) German before our business trip in Berlin.
(ベルリンに出張する前にドイツ語にみがきをかけようと思っています)
(ジーニアス)

練習しているのに上手にならない人の場合は
使えないのね( ̄▽ ̄;)


去年の今頃、「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ
会話重視の場合、難しい単語や熟語を覚えるよりは、
こういう英文を何度も口に出すことが speaking 上達の近道!
posted by ラジ子 at 14:23| Comment(0) | 英会話楽習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする