2018年06月02日

dig

「基礎英語3」

パートナーのお二人が流暢な日本語を話すところも
NHKの英語講座としては新しい!

5/21放送分
田植えツアーに参加するというデービッドへ直樹からのアドバイス。
It’s muddy, so please pick the right clothes.
− 泥だらけになりますから汚れてもいい格好にしてください
こんなにカンタンでいいのですね

「適切な、ふさわしい」というニュアンスの right
You’ve come to the right person.
(僕のところに来て正解ですよ。)
(12/07/02「ラジオ英会話」)
Well, if you want to learn more about what mentoring has to offer, you’ve come to the right place.
(なるほど、メンタリングとはどんなものかについてもっと知りたいのでしたら、
まさにこの場はあなたにぴったりですね。)
(12/05/10「実践ビジネス英語」)

5/22放送分
田植えツアーに行きたくない翔。
Also, it looks painful.
− それにつらそうだし。
painful … 痛い、つらい
自分では使ったことがない単語シリーズ( ̄▽ ̄;)

ブログにもあまりメモが残っていませんでした。
pokey, painful recovery いたみを伴いながらのゆっくりした回復
(10/04/15「実践ビジネス英語」)

5/24放送分
いよいよ田植えの日。
Look at the reflections of the clouds in the rice fields!
− 田んぼ雲が映っているのを見て!
4/26放送分では
You can see cherry blossoms on it.
(川面サクラの花が映っているよ。)
in on の違いについては調査中。

Our rice harvesting tours in the fall are popular, too.
− 秋の稲刈りツアーも人気があるんだよ。
「田植え」と「稲刈り」はセットで覚えるとお得な感じ。

田植えの方法
First, take some rice seedlings. Second, dig them into the mud.
− まず、苗を数本手に持ちます。
  次に、土の中にねじりながら植えてください。
dig … 〜を(ねじ込むように)植える
辞書を読むと dig に「突く、手を突っ込む」という意味があるので
そのニュアンスなのかな?

Make sure you open up the same amount of space between each seedlings. 
− 苗と苗の間に同じ間隔をあけるようにしてください。
17/05/18「ラジオ英会話」だと具体的な広さの指定あり。
Make sure you plant the seeds six inches apart.
(必ず6インチ間隔に種を植えるように。)

裸足で田んぼに入ったデービッド。
You have to be barefoot to experience this sensation.
− この感覚は素足で体験しないとわからないことです。
これも使ったことない...。
feeling とか sense と同意。
辞書によると、主に触覚に使われるとのこと。

Words cannot do justice to the sensation of being connected to the all there is!
(そこにあるすべてのものとつながっているという感覚は、言葉ではうまく表せません。)
(14/06/27あたりの「実践ビジネス英語」)
I felt a subtle fight-or-fright sensation in my stomach, then BAM! It hit me.
(胃のあたりに微妙な闘争・逃避感覚がわいて、そして、ガツン!思い出したのです。)
(「実践ビジネス英会話」2016年11月号 Our Magical World)

feeling の方が一般的らしいですよ。


【グレース&フランキー】
彼と別れた後のつらさを語るブリアナ。

Usually I’m just out with the old, in with the new, but this is different.
(いつもならすぐに次の男を探すのに…)

Out with the old, in with the new!
(古きを捨て、新しきを入れよ!)
(13/03/06「ラジオ英会話」)
↑ は断捨離をする夫婦のダイアログ。
古いものに固執せず、新しいものを受け入れる、みたいな意味なのか?と考えて
ググってみたら
「新しいものを手に入れるには何かを捨てなければならない」
という一種のことわざのようです。
-----------------------------------------------------------------
「アリーmyラブ」の中で、赤ちゃんのオムツを
Out with the old, in with the new.”
と言いながら替えていた。
-----------------------------------------------------------------
↑ は13/08/12のエントリーにメモしてありました。
若い人には「アリーmyラブ」って?
って感じなんだろうな...。



去年の今頃、「ラジオ英会話
I’m going to nip this in the bud.
(これが大事に至る前に策を講じることにするよ。)
有機菜園のダイアローグ。
鳥やら虫やら、有機農業って敵が多くてたいへんだ。
posted by ラジ子 at 15:01| Comment(2) | 基礎英語3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする