2018年06月06日

I'm wondering if

「ラジオ英会話」

以前、NHKでも講師を務めていらした田中茂範先生も、
単語の持つコアイメージを身につけるように勧めていらっしゃいます
↑ ウェブで勉強できる田中先生の講義
個人的には大西先生のメッセージに近いものを感じています。

5/21放送分
丁寧な依頼文。
Could you possibly help me with this printer?
− このプリンターを使うのを手伝っていただけませんか?
possibly(ことによると)は低い可能性を表す単語。(テキスト)
ジーニアスによると話し手の確信度は30%以下。
They’re buzzed about possibly spending their golden years in Latin American country.
(二人とも、ラテンアメリカの一国で老後を過ごすかもしれないと興奮しています。)
↑ 興奮しているわりに、現実味は薄かったのか…
(15/03/05「実践ビジネス英語」)

2007年の(たぶん)2月号「ビジネス英会話」「あんな時、こんな時」で
possibly はなかなか日本人には使えない単語、
と杉田先生が言ってたようです。

Would you mind taking a photo for me, please?
− 写真を撮っていただけますでしょうか

一般的な答え方の例(OKの場合)
Sure.
Not at all.
(09/07/13「入門ビジネス英語」)

I’m wondering if you can translate this for me.
− これを翻訳していただけますでしょうか
テキストの説明文の中の
「この文は、相手に依頼すらしていないのです。」
を読んでホントだ〜!と思った次第。

5/29放送分
野生のリスは病気を持っている可能性があるので
We’d better not touch it.
− 触らないほうがいいわね。
had better とか would rathernot が後ろにつく。
ought toought not to だけど、
そもそも自分では言うことないから気にしなくていいか…。

not が入っていないけど、ought to の英文
You really ought to be more appreciative.
(本当にもっと感謝すべきだと思うわ。)
(10/07/02「英語5分間トレーニング」)

5/30放送分
The doctor assured me that everything would be fine.
− お医者さんはすべてうまくいくと安心させてくれた
08/09/18「実践ビジネス英語」で、クリスさんより
ensure :行動で確信させる
assure言葉で確信させたり安心させる
という説明がありました。

安心つながり
You sound fine, and that’s reassuring.
(大丈夫そうだから、安心したわ。)
reassuring … 安心させる
(11/02/11「英語5分間トレーニング」)

5/31放送分
I’m sure the show will be a resounding success.
− このショーがすばらしい成功を収めることを確信しています。
12/01/25「実践ビジネス英語」Daily Exercise (3)からメモあり。
B&M’s volunteer program has been a resounding success.
success との組合せが多いのかも。


【The Great Interior Design Challenge】
ネットフリックスで、「インテリア改造計画」という、
短期間、低予算で普通の部屋をステキな空間に改装する番組も見ています。
British English 、美しいイギリスの街並み、
ステキなお部屋の改装を楽しんでいたら、聞こえてきました、
前回「ラジオ英会話」のタイトル、
golden opportunity (千載一遇のチャンス)が!

This is a golden opportunity for you to showcase your own creativity.
(自分のスタイルで想像力を発揮する絶好のチャンスだ)

この番組を見ると、いいこと起きるという良い兆しかも〜!


去年の今頃、もう1回休み。
posted by ラジ子 at 12:51| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする