2018年10月03日

no less 〜 than

「ラジオ英会話」

ちゃんと秋って来るんだ、って思う今日この頃。

9/24放送分
Japan’s birth rate is lower than that of most other countries.
− 日本の出生率はほかのほとんどの国より低い。
that of を忘れないでね、がポイント。
birthrate という一語でもよい。
It seems that there is no sure cure for the falling birthrate.
少子化対策に特効薬はなさそうですね。」
(06/10/27・28「ビジネス英会話」)

9/25放送分
新入社員が
He looks very professional, doesn’t he?
− 彼はとても仕事ができそうに見えるよね。
有能な人を表す単語をいろいろ紹介してくれる「ラジ英」
You’ll never find anyone more capable than Naomi.
(ナオミより能力のある人は誰も見つけられません。)
(08/09/19「ラジオ英会話」)

彼は3月に大学を卒業後、
After that, he did an international business training course in the U.S. and came back to Japan this month.
− そのあとで、彼はアメリカで国際ビジネスの研修を受けて
  今月になって帰国したのよ。
研修を受ける → do the training
do かー。
辞書だと receive を使っていました。
研修をする方は give で。

The situation is not as bad as it may seem.
− 状況は見た目ほど悪くない
悪いように見えるかもしれないが、そうではない。
ということは
She may seem meek at first glance, but she’s not.
(一見すると彼女はおとなしそうに見えるけど、そうじゃないんだ。)
(11/01/24「英語5分間トレーニング」)
She is not as meek as she may seem.
とも言えるってこと。

9/26放送分
Oh, are those photos of your stay in Texas?
− おや、これは君がテキサスに滞在していたときの写真かい?
「〜の写真」でこういう言い方もあるのですね。
写真関係
Do you have any photos from those days?
(そのころの写真はある?)
(11/05/27「英語5分間トレーニング」)
And please don’t bore me with photos of your marvelous children.
(とにかくかわいくてたまらないわが子の写真を見せられて、うんざりさせられるのもかないません。)
(08/06/25「実践ビジネス英語」)

バスケットでシュートミスをして落ち込んだ人について。
I hope he’ll get over it and be no less confident than before.
− 彼はこれを乗り越えて、前のように自信を持っていてほしいわ。
no less A than B … B と同じくらい A
この less no で力強く打ち消すことで「決して劣っていない」を表します。
(テキスト)
↑ は asas に近くて
Ken is no more a leader than my pet hamster!
(ケンは僕のペットのハムスターと同じくらい、リーダーにはふさわしくないよ!)
no more A than B … B がそうでないのと同様 A でない
(08/09/18「ラジオ英会話」)
↑ は強めの否定、と覚えておく。(つもり…)


9/27放送分
all-night classic film festival 終了後
How about talking about the films over a cup of coffee?
コーヒーを飲みながら、映画の話をしない?
これって、実際には何杯飲んでもいいわけですよね…。
over の説明がわかりやすかった。

飲み放題
They serve a bottomless cup of coffee here.
(ここはコーヒーのお代わりが自由なんだよ。)
(09/06/28「英語5分間トレーニング」)
Long gone are the days when passengers were served rack of lamb on silver platters and endless free champagne.
(銀のお皿に載ったラムのあばら肉や、飲み放題の無料シャンパンが乗客に出されたのも、遠い昔のことです。)
(12/12月「実践ビジネス英語」)
↓ の eatdrink に変えれば「飲み放題」
I’ll take you to an all-you-can-eat Chinese buffet.
(食べ放題の中国料理ビュッフェに案内するよ。)
(12/01/16「ラジオ英会話」)

9/28放送分
アメリカ人のクライアントと電話で話した時に
・… and I talked with him in English without thinking.
何も考えることなく英語で話していたのです。
この域に達してみたい。
In everythinglearning a foreign language or driving a carit is necessary to practice until you can do it automatically.
(外国語を勉強するとか車を運転するとかいったあらゆることにおいて、
無意識のうちにできるようになるまで練習することが必要である)
↑ 受験生用の問題集からメモ (10/05/19のブログ)
You need to practice these moves until they’re second nature.
(君は習慣になるまでこういう動きを練習する必要がある。)
(2011年2月号「英語5分間トレーニング」(Word of the Day))

やっぱり練習かー。


前回ブログに
permanent teeth をメモした後、
アメリカの子供向けワークブックを読んでいたら即再会。
Baby teeth fall out to make room for permanent teeth.
驚きましたねー。

あと、最初に読んだ時に意味がすぐにわからなかった英文をどうぞ。
Is your smile full of holes these days?
このワークブックが小学校3年生向けだったため、
乳歯が抜けて、笑った時に隙間が空いている状態を表したようです。
最近、こういう多読的なことにも挑戦中。

( ̄▽ ̄;)ワルアガキ、トモイウ


去年の今頃、「ラジオ英会話
Your toilet is running.
(あなたのトイレが流れたまま止まりません。)
こういう水のトラブル、困っちゃうな。
posted by ラジ子 at 12:04| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする