2018年11月21日

plaque

「ラジオ英会話」

マイ語学のサービスが 2019年3月31日で終了とのことですが、
ストリーミングサービスは継続だそうです。

11/12放送分
夏目漱石の「坊ちゃん」について。
I’ve heard of it, …
− 私、それって聞いたことがある
hear of → ちょっと「耳にする」
hear about → 「詳しく聞く」
(テキスト)
きちんと区別しないと!

11/13放送分
科学クラブが賞をもらって
Look at this plaque.
− この記念の盾を見てよ。
plaque イメージ検索結果

But there’s no plaque, no explanation, no nothing.
(でも、銘板や説明が何もないのよね。)
plaque … 銘板、標識板
(10/05/28「英語5分間トレーニング」)
「銘板」のイメージ検索結果
たしかに、共通点はある。

11/14放送分
絵画盗難事件。
When I turned on the lights, I immediately saw that the Picaso painting by the door was gone.
− 私が照明をつけるとすぐに、ドアの横にあったピカソの絵が
  なくなっていることに気づいたんです。
この be gone 、自分ももっと使えそうな気がする。
The days of dressing to the nines and wearing a power suit to impress everyone are gone, I'm glad to say.
(みんなにいい印象を与えるために、装いを凝らしたりパワースーツを着たりする時代は、うれしいことに去りました
(16/07/21「実践ビジネス英語」)

We were made to wait over 3 hours at the hospital.
− 私たちは病院で3時間以上も待たされた
この文はぜひ音読・暗唱してください。(テキスト)
大学入試の問題でもちょくちょく見かけたことを思い出しました。

11/15放送分
ウッドストックのロックコンサートDVDを見ている父親に
The film image looks really old.
− そのフィルム画像はとても古そうね。
フィルムの画質の、あの粗い感じか〜。

This concert will be talked about for years.
− このコンサートは今後何年も語り継がれるだろう
たぶん、「語り継がれる」はいろいろな言い方があるとは思いますが、
こんな簡単な言い方もできる、ということでメモ。

We were ripped off by a taxi driver at the airport.
− 僕たち、空港でタクシーの運転手にぼられたんだよ。
久しぶりに聞いた。

名詞
That’s a rip-off!
(それはぼったくりだ!)
(13/11/08 「ラジオ英会話」More Info! )

おまけ
That’s highway robbery.
(それは法外な額ですね。)
2ドル50セントのコーヒーに対して
1〜3ドルのチップを要求された話。
(16/01/20「実践ビジネス英語」)

11/16放送分
I was urged to take special care of it as a precious family heirloom.
− 大切な家宝として特に大事にするように言われました。
urge … 促す、すすめる
strongly recommend の意味。
ブログに動詞の urge のメモがあまり残っていないのが意外。

I was about to sneeze, but then the urge went away for some reason.
(くしゃみをしそうになったが、それからどういうわけかしたくなくなった。)
↑ は「衝動、欲望」という名詞
(07/12/24「徹底トレーニング英会話」Let’s Listen and Write!)


【ギルモア・ガールズ】
最近、再び見始めた「ギルモア・ガールズ」のよさは、
ドラマのセリフが、(たぶん)ほぼ日常会話で占められていること。
私はそういう英語を学びたい。

2年に1回は聞くことがあると大西先生が言っていた
atrocious の副詞に、あるエピソードで、遭遇。
オハイオのアクロンに出張中の夫について語るエミリー。
The amenity is atrociously lacking. He had to eat at a coffee shop last night.
(コーヒーショップで夕食をとったそうよ。)
残念ながら、日本語字幕には反映されていなかったけど、
ドラマを見ていれば、2年に1度よりも高頻度で出会えそう。


去年の今頃、「基礎英語3
本文中からではないのですが、
You can get by with a fleece sweater.
(フリースのセーターだけで過ごせます。)
get by みたいな単語を使いまわしていきたい。
posted by ラジ子 at 12:15| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする