2019年04月21日

put on a brave face

「ボキャブライダー」

MAXさんは、2037年の未来から送られてきたAIだったのですね〜。

I survived a busy day in the office.
− 会社での忙しい1日を乗り切った
他動詞の survive
The bank also says the plastic notes can survive a spin in the washing machine, and that their longer life will reduce production costs.
(同銀行はさらに、プラスチック紙幣は洗濯機の回転でだめになりにくく、耐用年数が延びることで紙幣の製造コストが削減できるとしています。)
イギリスのプラスチック紙幣導入のニュースより。
(2017年4月号「ラジオ英会話」Old News Is New Again)
You mean, your kites don't survive a match?
(あなたたちの凧は試合をするとだめになるということ?)
(2000年度「ラジオ英会話」)

Do you think an alien invasion will happen in our lifetime?
− エイリアンの侵略は、ぼくたちが生きている間に起こると思う?
会話で頻繁に使えそう。
個人的には、in my lifetime に自動運転の車ができるかどうか、興味あり。

Tim dissolved into tears and said, “I accidentally shredded my essay!”
− ティムは、わっと泣き出して
  “うっかり自分の作文をずたずたにしちゃった”と言った
気が動転して、気持ちを抑えきれずに泣き出す、という意味。
(プログレッシブ)
dissolve into laughter / giggles で「笑い出す」もあるそうです。
(ジーニアス)

That’s a ridiculous argument to make.
− それは口論するのもばかばかしいことだ
makehave と組み合わせのほかに
↓ こういう動詞との組合せもありました。
You’re always picking an argument!
(君はいつも議論をふっかけてくる!)
(14/02/06「ラジオ英会話」)

There’s no such thing as an absurd idea when you’re brainstorming.
− ブレインストーミングをしているときは、
  ばからしい案というものはありません
As we say in America, there’s no such thing as a silly question―only silly answers.
(アメリカには、くだらない質問などない、あるのはくだらない答えだけ、ということばがあります。)
(13/02/06「実践ビジネス英語」)
There’s no such thing as a free lunch.
(ただほど高いものはない。)
↓ の本より
岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック)
岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック)

The drastic change to the characters makes nonsense of the entire original story.
− 登場人物への大幅な変更は、その原作全体を台無しにする
何かを uselessineffective にすることだそうです。
(ロングマン)


新年度の語学アプリ、
1度聞いた放送にはチェックがついたり、
ミニクイズも追加されました。
brave face.jpg
ラジオ英会話のクイズより
I was extremely nervous, but I put on a brave face.
(すごく緊張したけど、平静を装ったよ)
すかさずメモ!

大西先生が番組内で何度もおっしゃるように、
英文はなるべく覚えるように、がんばっております


去年の今頃、「基礎英語3」、「英会話楽習
What page are you on?
(何ページまで読んでいるの?)
こういう何気ない表現のレパートリーを増やしていきたい!
posted by ラジ子 at 20:59| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする