2019年07月31日

take

「ラジオ英会話」

英単語のコアイメージを知ると、過去の英文を読んだ時、
「だから、ここはこの動詞か〜」という答え合わせの気分になる。

7/22放送分
レベル2動詞
extend → 長さを伸ばす
expand → 全方向に広げる
spread → まんべんなく覆う感触

I’d like to thank you for the generous hospitality extended to me during my visit to Tokyo.
− 東京への訪問の際、私に向けての寛大なるおもてなし
  感謝したいと思います。
テキストに「非常によく使われます」と書いてあったので覚えたい。
ニュアンスの似ている extend
They just hoped I would extend the same kindness to someone else somewhere down the road.
(この先いつかほかのだれか同じように親切にしてあげてほしいだけだ、と。)
(16/09/07「実践ビジネス英語」)

↓ 体の中心から全方向に広がった結果
No wonder American waistlines are expanding.
(アメリカ人の胴回りが太くなっているのも無理はありませんね。)
(13/12/20「実践ビジネス英語」)

News spreads really fast through social media.
− ニュースはソーシャル・メディアを通じて非常に早く広まる
spread は言語の広がりと相性がよさそう。
I’m going to spread the word among my couch potato friends.
(カウチポテト族の友人たちに広めてあげるつもりです。)
(14/04/09「実践ビジネス英語」)

7/23放送分
実は、わりと最近までコアなイメージがよくわからなかった take
大西先生いわく「手に取る
田中茂範先生によると「何かを自分のところに取り込む
なので、
take a risk (危険を承知でやる) と
run a risk (結果的に危険を冒すことになる)
では意味が違う、と田中先生が言ってました。
↓ の本にて
英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録2)
英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録2)

I wouldn’t take such a risk.
(私はそんな危険はさないでしょうね。)
(18/06/11「ラジオ英会話」)
I think they run the risk of not keeping up with the times if they don’t change.
(私が思うに、そのような会社は変わらなければ、時代の流れにとり残される危険を冒すことになります。)
(17/02/09「実践ビジネス英語」)

Their team took a hard stance during the negotiations.
− 彼らのチームは交渉の間、強硬な姿勢をとった
似た組み合わせの take
My wife takes a hard line on that.
(妻はそれに対しては厳しい態度をとります。)
(14/08/07「実践ビジネス英語」)
コロケーション辞典で調べたら
attitude もよくある組合せ一覧に含まれていました。

7/24放送分
Our leader likes to take all the credit for our team’s achievements.
− 私たちのリーダーは、私たちチームの手柄を独り占めするのが好き。
take する場合もあれば、give する場合もある。
Well, I give him credit for good taste in whisky, if nothing else.
(まあ、ほかのことはさて置き、彼はウイスキーの趣味がいいということは認めますよ。)
(15/02/20「実践ビジネス英語」)

7/25放送分
レベル2動詞
catch → 動いているモノを捕まえる
Generally, people catch colds when the seasons change.
(一般的に季節の変わり目はかぜをひきやすい。)
(「ボキャブライダー」)
田中先生によると、風邪のウイルスは空気中で動いているので
風邪をひく → catch a cold のように言うのだそうです。
それも ↓ の本での説明
英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録2)
英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録2)

collect → いろいろな場所から
↓ まさにいろんな場所から
Now I travel the world collecting rare feathers.
(今では世界中を旅して希少な羽を集めているよ。)
(18/04/24「英会話楽習」)

grab → 「グッ」「ガッ」など、つかみ方の強さ、素早さにポイントがある
Rosa and I are going to grab a drink. Care to join us?
− ろーざと僕はちょっと一杯ひっかけるつもり。
  一緒に行きたい?
飲み物にサッと手を出してキュッと飲む感じ。
(テキスト)

Care to join us? というお誘いフレーズの方が
Do you want to join us? よりやわらかい表現になる。
ネイティブを誘うことがあったら使ってみようと思うけど、
なかなかそういう機会ってないね…。


【クィア・アイ】
さっそく前回書いた
It dawned on me に遭遇。

Last night I was binging on the latest season of Narcos when it dawned on me, too many people are in the dark about salt.
(「ナルコス」を見てて思った、多くの人は無知、塩に関して)
だいぶ訳が端折られている感はありますが、
塩に関して知らない人が多いということにやっと気づいた、
みたいなこと。

binge on は「〜を大量に食べる[飲む]、〜を食べたいだけ食べる、〜を飲みたいだけ飲む」
And when I was a kid, binging on cereal while watching cartoons was a Saturday-morning ritual.
(それに私が子供のころには、アニメーション映画を見ながらシリアルを食べたいだけ食べるのが、土曜の朝の習慣でした。)
(15/10/07「実践ビジネス英語」)

最近は binge-watch という単語もできたようで、
シリーズ物ドラマなんかのイッキ見に使えるようですね。


去年の今頃、「基礎英語3
But you must take the good with the bad.
(でもね、いいこともあれば悪いこともあるものだよ。)
take の「手に取り受け入れる」イメージ!
posted by ラジ子 at 12:20| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

facility

「ボキャブライダー」

台風に 翻弄される 花火大会 (字余り)

I’d like to try a typical food that locals would eat.
− 地元の人が食べる代表的な料理を、試してみたいです。
ここの would がどういうニュアンスなのか辞書でもよくわからず、
ググってみたところ、「断定でなく、やんわりと言う時に使える」
という説明があったのでそんな感じ?

It’s not typical of you to be late for our date.
− わたしたちのデートに遅れてくるなんて、あなたらしくないわね。
↓ バリエーション
it’s uncharacteristic of you to be late to a regular meeting.
(定例ミーティングに遅れるなんて、あなたらしくありませんね。)
(10/06/16「実践ビジネス英語」)
It’s not like you to be late for a meeting.
(会議に遅れるなんてらしくないね。)
(10/08/01「英語5分間トレーニング」)

Moreover, the hotel is known for its haute cuisine.
− さらに、そのホテルは高級フランス料理で知られているよ
習ってた!
You almost make me want to check into my local hospital to sample the haute cuisine.
(あなたの話を聞いていると、高級料理を試食するために、地元の病院に入院したくなりそうですよ。)
(12/12/06「実践ビジネス英語」)

The cafeteria serves excellent regional cuisine.
− その食堂は、すばらしい郷土料理を出しています
local cuisine でもよいようです。

She showed an amazing facility for language when she was five years old.
− 彼女は5歳のときに、言語の驚くべき才能を見せた
08/06/06「実践ビジネス英語」で、
クリスさんが ambidextrous (両手が利く)を説明するときに
facility を使ったことから、辞書で調べて
facility → 才能 を学習。

才能系表現
You’re musically inclined.
(あなたには音楽的才能があるわ。)
(14/01/06「ラジオ英会話」)
↓ は14/01/10の More Info! での言い換え
You have a flair for music.

”Goraiko” is a sunrise that you watch from the top of a mountain.
− “ご来光”とは、山の山頂から見る日の出のことである
このまま外国人に説明できそう。
そして、太陽の動きを見るので watch なのか、と納得。

It was just before the crack of dawn.
夜明け直前だった
↓ は引退した鳩!が所属している「歌の会」が始まる時間。
It starts at the crack of dawn.
(夜明けに始まるんだ。)
(17/10/12「ラジオ英会話」)

Dusk is falling.
− 夕やみがせまっている。
We didn’t notice that dawn is breaking.
− わたしたちは夜が明けつつあることに気がつかなかった
duskfall
dawn break
の組み合わせ。
闇に重さを感じられたら、fall にナットク、
break も理解できるけど、ハートで感じなくっちゃ♡

As dusk gathered, it got cold.
夕やみが濃くなるにつれて、寒くなった。
↓ なんとなく思い出した英文
there are empty workstations just gathering dust
(ただほこりをかぶっているだけのワークステーションがある)
(08/08/29「実践ビジネス英語」)
dusk dust が似ていただけという話…

We enjoyed a romantic walk at dusk.
− わたしたちは、夕暮れのロマンチックな散歩を楽しんだ
選択肢の中の in at で迷った挙句、間違えた。
夕暮れという雰囲気の中なら in かと思ったのですが(×)

Can you give me some examples of sunrise industries?
成長産業の例をいくつかあげてくれますか?
大方の予想どおり、反対は sunset industry

アプリの応用テストに ↓ が出ると思ったんだけどな...
It recently dawned on me that perhaps I had it all wrong.
(おそらく私はまったく思い違いをしていたのだ、と最近気づきました。)
that 以下に時間がかかって気づく、という表現。
(「実践ビジネス英会話」2016年 9月号 Our Magical World )


ブログで紹介しようと思っていて、
うっかり忘れていたのですが、コンマリさんの Netflix の番組が
エミー賞にノミネートされたんです!
その関係で受けたインタビューが ↓ で聞けます。
'Awards Chatter' Podcast − Marie Kondo ('Tidying Up With Marie Kondo')
インタビューでコンマリさんがM-1好きと知って、
ますます好きになりました。

ちなみに、通訳は、飯田まりえさん!
↓ は飯田まりえさんがオンラインで連載しているエッセイです。
英語で伝えるということ
ご興味のある方はどうぞ〜。
今なら6月と7月の連載分は全部読めますよ!


去年の今頃、1回休み。
posted by ラジ子 at 09:40| Comment(4) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

make oneself understood

「ラジオ英会話」

Netflix で「Queer Eye」のシーズン4が始まった!


7/15放送分
数学の先生にがまんできない友人に
So, what did she do to you to get you so angry with her?
− それで、先生がどんなことをしたからそんなに腹を立てているんだい?
単語のひとつひとつは中1レベルだけど、
しっかり英文になっていることの驚きと、最後の with her 必要?
と思ったのでメモ。

Hey, whose side are you on?
− ちょっと、あなたはどっちの味方なの
Which side are you on?
は聞いたことがあったのですが、これは初めてだったのでメモ。

It was difficult to make myself understood in English.
英語で言いたいことを伝えるのは難しかった。
いろんな英語学習本で見かける文章ですが、
なぜ make が使われるのかのニュアンスが理解できた、イェイ!

個人的に使役の make で思い出す英文
As they say, you can lead a horse to water but you can’t make him drink.
(よく言うように、馬を水際まで連れていけても無理に水を飲ませることはできない。)
(14/06/04「ラジオ英会話」)

7/16放送分
目的語説明型の形容詞パターンはあまり聞いたことがない
(気がするので)メモっておく。
I’ll have dinner ready by eight.
夕食は8時までに用意するよ。
dinner ready の状態にする
Don’t worry, I’ll have the whole house clean by lunchtime.
− 大丈夫ですよ、昼食の時間までに家をすべてきれいにしておきますね。
the whole houseclean な状態にする
使えそうな気がしてきた。

7/17放送分
レベル2動詞
build → 部品(parts)が意識される単語
construct → 数多くの細かな部品で堅牢なモノを作る
produce → 前へ(pro) 出す(duce)

We are determined to build a better future for our children.
− 私たちは子どもたちのためによりよい未来を創ろう
  固く決意しています。
build と相性のよい名詞
One thing I’ve learned is that a good brand ambassador knows how to build relationships slowly and organically.
(私が学んだことの一つですが、優れたブランド・アンバサダーは、ゆっくりと自然に関係を築く方法を心得ています。)
(12/09/12「実践ビジネス英語」)

Many students don’t know how to construct a solid argument.
− 多くの学生は堅実な議論の組み立て方を知らない。
ブログに残っていたのは、こちらも言語関係の英文。
Exactly how do poorly constructed emails hurt us?
(具体的に、お粗末な文面のメールには、どんな弊害があるのですか。)
(14/09/04「実践ビジネス英語」)

ついでに solid の復習
This may be over-generalizing but they tend to have very solid, traditional values.
(こう言うと一般化しすぎているのかもしれませんが、彼らは、非常に強固で伝統的な価値観を持っている傾向があります。)
(16/05/12「実践ビジネス英語」)

7/18放送分
レベル2動詞
ruin → すばらしかったはずのものをダメにする
「ビッグバン・セオリー」で
I’m sorry, I’m ruining it.
(パーティーを台無しにしてごめん)
とシェルドンも言っていた。

break → 線が切れることも表す
  ↓ 岩村先生の講座でこのイメージを学習
岩村式トレーニングブック 英文法編 (NHK CDブック)
岩村式トレーニングブック 英文法編 (NHK CDブック)
↑ の本より
I pulled too hard on my shoelace and it broke.
(強く引っ張ったら、靴ひもが切れた。)

destroy → 破壊が徹底的で回復不可能なレベルに進む
A reputation they’ve spent years building up can be destroyed overnight.
(何年もかけて築き上げた評判を、一夜のうちに台なしにされかねないのです。)
↑ ネットのレビューによるダメージ
(16/07/07「実践ビジネス英語」)


【ビッグバン・セオリー】
状況説明は省きますが、「口をはさめなかった」という表現。

Maybe he couldn’t get a word in edgewise.
(言う隙がなかったのよ)

やっとドラマで聞けた!
A is a compulsive talker, and B can barely get a word in edgewise.
(Aはおしゃべりの止まらない人で、Bはほとんど言葉を差しはさめないほどである)
get a word in edgewise … 人の話に割り込む、横から口を出す機会を得る
(07/04/20・21「ビジネス英会話」)

edgewise がなくてもいいんですけどね。
But you also need to give other people a chance to join the conversation and let them get a word in.
(でも、ほかの人たちに会話に加わる機会を与えてを口を挟ませてあげる必要もありますよね。)
(15/02/05「実践ビジネス英語」)

いつも、失礼とは知りながら
この表現って、ホントにネイティブ使うのかな…( ̄◇ ̄)ポケー
と疑ってしまう悪いクセがありまして…。


去年の今頃、「ラジオ英会話
My sister can swim like a fish, but I can only swim like a stone.
(私の姉は魚のように泳げるが、私は石のようにしか泳げない。)
こう言われたら、どういうリアクションが正解なんだろう?
笑った方がいいのかな?
posted by ラジ子 at 11:27| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする