2019年10月30日

compliment

「ラジオ英会話」

respect という単語のコアイメージがよくわかった(気がした)週。

10/21放送分
doubt → 「そうじゃない」と思う
suspect → 「もしかするとこうではないか」と考える
かつて、この2つの違いがけっこうあやふやだったな…。(自白)

「ボキャブライダー」からメモした ↓ の英文
I doubt that my mother stole my chocolate.
(私は母がチョコレートを盗んだとは思わない。)
suspect だと母親を疑うわけで、真逆だし!

I suspect she’s covering up for her husband.
− 彼女は夫をかばっているんじゃないかと思うよ
cover up → (事実など)を隠す
(たぶん)類似表現
He seems to be holding something back.
(彼は何かを隠しているみたいだ。)
(10/09/26「英語5分間トレーニング」)

It would be irresponsible to speculate on the cause of the accident.
− 事故の原因についてあれこれ憶測するのは無責任じゃないでしょうか。
確たる証拠がないイメージ。(テキスト)
speculate (推測・憶測する)は1度だけメモあり。
Next the media, including blogs, are speculating on why.
(次には、ブログを含むメディアが、その理由をあれこれ憶測しているのですからね。)
(06/07/31・8/1「ビジネス英会話」)

私の中では assume も似ている気がするのですが
「証拠なしに思い込む」という点が違うのでしょうか…。
It really bugs him when people assume he’s henpecked ...
(妻の言いなりになっているとか、(中略)人が決めつける時は、本当に腹立たしいそうです。)
(15/01/09「実践ビジネス英語」)

10/22放送分
かつて好きだった人との思い出。
But our lives were going in different directions.
− だけど、僕たちの人生は別々の方向へ向かっていったんだ。
日本語だと恥ずかしくて言えないよ、こんなこと( ̄▽ ̄;)

in direction も定期的に復習する案件。
Just get on a local train going in the other direction.
(ただ反対方向に行く各駅停車の列車に乗るだけだよ。)
(19/04/01「ラジオ英会話」)

↓ 非常に丁寧に響く依頼文
I was wondering if you could give me a ride to the airport next Thursday.
− 来週の木曜日空港に車で連れていっていただけないかなと思うのですが
↓ 弟から姉への依頼のわりに、かなりの丁寧さ?
I was wondering if you still have any of the entrance exam exercise books you used in junior high school.
(中学のときに使った受験問題集ってどれかまだあるかな。)
(19/02/11「基礎英語3」)

10/23放送分
新婚3か月の妻によれば
But people are still complimenting me on my wedding ring.
− でも、みんなは今でも私の結婚指輪を褒めてくれるわ。
compliment(動詞)は初メモ。
↓ お約束の確認事項
I think the pale pink complements your natural skin tone.
(ペールピンクなら君の自然の肌の色を引き立てると思うよ。)
(09/03/03「ラジオ英会話」)

She adores her husband.
− 彼女は夫を愛しています
adore → 誇らしく思う気持ちが混ざった深い愛情
love より強い愛情を表すこの単語は、
くだけた日常表現ではモノにも使われます。
(テキスト)
As much as I’m allergic to cats, I just adore them.
(たしかに猫アレルギーではあるんですが、猫はもう大好きなので。)
(09/06/04「ラジオ英会話」)
adore の使いどころ、難しい…

10/24放送分
respect → たとえ意見が違っていても、たとえ好きでなくても、
その価値を認めすばらしいものだと「尊重する・一目置く・認める」
(テキスト)
Even if we don’t share the same views, we should still respect each other.
− たとえ同じ意見でなくてもお互いを尊重すべきです。
ソーシャル・メディアを使う時のスローガンにしたい!


【ブルックリン・ナイン-ナイン】
禁煙でストレスがたまっているエイミー。

I’m going cold turkey, and it makes me irritable.
(タバコを断っていたら…) ← 和訳はここまで
ちなみに irritable → 怒りっぽい

依存習慣を断つ場合に使える go cold turkey
But you didn’t go cold turkey on email (中略), right?
(でも、メールをいきなりすっかりやめていたというわけではありませんよね。)
go cold turkey → よくないことをスパッとやめる
(13/01/23「実践ビジネス英語」)

↑ と逆の意味の表現
It’ll only make me feel more guilty if I go off the wagon.
(もしまた手を出しちゃったら、もっと自分を責めることになるから。)
go off the wagon → (禁酒などの誓いを破って)また手を出す
(1998年度「ラジオ英会話」)

タバコもお酒もほどほどに。


去年の今頃、「ラジオ英会話
Bending over to pick up my pen, I split my pants in front of everyone in the office!
(ペンを拾おうと腰をかがめたとき、会社の皆の前でズボンが裂けてしまった!)
Bending over (動名詞)で始めることで、文章がドラマチックになるとか…。
いつか、ハートで感じられる日が来るといいな〜。
posted by ラジ子 at 12:09| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする