2020年01月29日

deep-dish pizza

「ラジオ英会話」

前回エントリーで紹介した本、
「なぜ、自分は英語が話せないのだろう?」
の理由が知りたい人にはおすすめ、
知っているけど話せない人は読まずに個人練習。

1/20放送分
may not は「権威による禁止」
Sir, you may not bring food or drink into the library.
− あの、飲食物は図書館に持ち込んではなりません
この日に学習した
I didn’t like both. は「両方とも気に入ったというわけじゃない」
の流れで、両方持ち込んではダメ!だと
and でなく or になるわけですね、ふむ。

18/07/10「ラジオ英語」では
You may not bring any food and drink into the library.
(図書館にはいかなる飲食物も持ち込んではいけません。)
any がつくと food and drink をまとめて考える?
今さら恥ずかしいのですが、実際、私の知識ってこんなもん。

You may not use your phone at the dinner table.
夕食時にスマートフォンを使ってはなりません。
at が使われている時、ほとんどの場合 action を意味すると説明あり。
↑ なら「夕食を食べている」
He’s at the office. → オフィスで働いている
He’s in the office. → オフィスの中にいる
ほえ〜、なるほど。

1/21放送分
should must よりマイルドな使われ方を学習。

1/22放送分
I was snowed under with work all day.
− 僕は一日中、仕事に追われて大変だったんだ。
We're snowed in.
(雪で身動きがとれないんだ。)
↑ 雪で空港から出られなくなった人。
(06/06/9・10「英会話上級」)
↓ 「仕事で大変」の復習
I’m swamped with work.
(仕事に追いまくられているの。)
(09/03/12「ラジオ英会話」)

should のプロセスの感触「進むべき道
これはかなりの難問、ムムム( ̄▽ ̄;)

It’s only natural that she should keep her position in the company.
− 彼女が会社でその地位を保つのも当然だ。
「彼女が地位を保つに至るのは極めて当然」(テキスト)
It’s only natural that Tom should be angry.
(トムが怒るのは至極当然だ)
(ジーニアス)
進むべき道を通って怒りに達した感じ??

If it should rain, we’ll hold the event indoors.
− もし雨が降るようなことになれば、イベントは屋外で行います。
「雨が降ったら」よりいくぶん低確率。(テキスト)

If you should change your mind, do let me know.
− もし気が変わるようなことがあれば、ぜひお知らせください。
相手の状況に寄り添うニュアンスは、多少の丁寧さにつながる。(テキスト)

次に「この should って何?」と思ったら、
「進むべき道」の should を疑ってみる。

1/23放送分
Be careful taking that deep-dish pizza out of the oven, Jack.
深皿焼のピザをオーブンから取り出しているときは注意してね、ジャック。
さらにカロリーが増しそう

Accidents will happen.
− 失敗は起こるものよ。
will の見通すイメージ。
ちなみに、「おもてなしの基礎英語」では
These things happen.
(こういうこともあります。)
で慰めていました。

習慣、法則の will
My grandmother will tell the same stories a hundred times!
− 私のおばあちゃんは同じ話を100回もするんだよ。
It stands to reason that it will be colder in February.
(2月がどの月よりも寒いのは当然です。)
 ↑ は、自然法則。
(2011年「実践ビジネス英語」12月号 Phrasal Verb Diversion)

My elementary school teachers would often tell me to keep quiet.
− 僕の小学校の先生方は僕に静かにするようによく言っていたよ。
used to といっしょに説明されることの多い、
過去の繰り返し動作の wouldwill の法則に基づいていた…。

I’ll buy it whatever the price.
値段がどうあれ、私はそれを買うよ。
聞けばわかるけど、あんまり使っていない。
I hope fortune smiles on you, whatever you choose.
(君が何を選ぼうとも、未来が明るいことを願っています。)
(2019年1月「ボキャブライダー」)
But whatever we do for lunch, it’s got to be quick.
(だけど、どんな昼ごはんを食べるにしても、早くないとだめだよ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)


1/20の at の説明、こういうの知りたかったよー!
って思います、ありがとうございます。
以前「おもてなしの基礎英語」の中の、ショコタン実践コーナーで
私はこの番組で、英語の勉強をがんばろうと思う」(うろ覚え)
みたいな文章を英語で言おうとしていて
I’m in this TV program (TV show?) (かなりあやふや)
in を使ったら、井上先生に「出演しているから on
のように直された時も「」でした。
ただ存在している場所なら in だけど、
そこでアクティブに活動している場合は on なのか!みたいな。

こういう細部にも、意味をしっかり感じられるようになりたいものです。


去年の今頃、「基礎英語3
There is no lack of food.
(食べ物には少しも事欠かないわね。)
lack luck と間違うと意味がおかしくなるね…。
posted by ラジ子 at 12:53| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

turn to ashes

「ボキャブライダー」

↓ 知り合いの方に「面白い」と言われて貸していただいた本
もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか - 金沢 優
もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか - 金沢 優
半分ぐらい読んで、主人公は「自分か?」と思うほど、共感しまくり。

Is it OK if I use thumbtacks to hang the schedule?
− スケジュール表をつるすのに画びょうを使って大丈夫ですか?
グッと親指で押すから thumbtackですよね?
これも、グッと力を入れて本題に入るイメージってことか。
Let’s get down to brass tacks.
(核心部分に移りましょう。本題に入りましょう。)
(08/09/24「実践ビジネス英語」)

These rubber bands may be too old. They’ve lost their elasticity.
− この輪ゴムは古すぎるみたい。弾力性がないわ
↓ ゴム、弾力性といえばこの英文
I tend to buy elastic waist skirts so that I can eat as much as I want.
(いくらでも食べられるように、わたしはついゴムのスカートを買っちゃうの。)
(2019年1月「ボキャブライダー」)

Whipped cream is sandwiched between two layers of sponge cake.
− ホイップクリームが2層のスポンジケーキに挟まれています
応用クイズの中では、「人と人の間」に挟まれたり
「本と本の間に」挟まれる英文でした。

A single spark can lead to disaster.
− たったひとつの火元が大惨事につながるかもしれない
ポテンシャルの can

Tom often explodes at the office.
− トムは会社でよくキレる
キレ系表現だと、↓ これが一番言いやすい
Losing it in front of your colleagues means you lose face.
(同僚たちの前で怒りを表に出せば、面目を失うことになりますから。)
(13/05/30「実践ビジネス英語」)

It became the start of a V-shaped recovery.
− それがV字回復の始まりとなった。
動詞の shape futurepersonality など、抽象的なものにも使えると
説明あり。
Something is about to happen that will shape his destiny.
(彼の運命を決定づける何かが、まさに起ころうとしている。)
(2019年1月「ボキャブライダー」)

His entire career will turn to ashes because of his short temper.
− 彼のすべてのキャリアは、かんしゃくのせいで無駄になるだろう
灰になったり、煙になったり。
All of our plans went up in smoke with one word from the chairperson.
(会長からの一言で、我々の計画がすべておじゃんになった)
↓ この本から
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 - 岩村 圭南
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 - 岩村 圭南

The man said, “I like your sandy hair. It’s very beautiful.”
− 男は“あなたの薄茶色の髪はいいね。とてもきれいだ”と言った
画像検索してみたら、落ち着いた感じのゴールド

He grabbed a sweaty can of soda and stared at me.
− 彼は汗をかいたソーダのをつかんで、わたしをじっとにらんだ
以前、自習でブログにメモしておりました。
The glass is sweating on the table.
(テーブルの上のグラスが汗をかいている)
(プログレッシブ)
おまけ
No sweat, no sweet.
(努力なしに、欲しい物は手に入らない。)
(11/02/03「英語5分間トレーニング」エンディング、励ましのお言葉)


 【ブル】
↑ でもキレ系表現を学習しましたが、
キレ系の中でも、なんとなくなごむのが ↓
Parents go bananas out there all the time.
(親が怒るのは よくあることさ)
go bananas → 頭がおかしくなる、ひどく怒る

「喜んで興奮する」という意味もある。
He’s going to go bananas!
(彼、めちゃくちゃ喜ぶよ!)
(08/10/15「ラジオ英会話」)

バナナを目の前に興奮したサルのイメージだそうで、
バナナ1本だと興奮には足りないので bananas に違いない。
(イメージ作り)


去年の今頃、「ラジオ英会話
Unfortunately, the person who they chose to be manager is not up to the job.
(残念ながら彼らがマネージャーに選んだ人にその仕事は務まらない。)
up to 表現だと
「基準に到達して」→ up to par / up to scratch
なんていうのもあったな〜。
posted by ラジ子 at 21:55| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

at cost price

「ラジオ英会話」

英語のドラマをこんなに見ているのに、
未だに何て言っているのかわからない部分が多すぎる!
とガッカリしても仕方ないので、
こんなに聞き取れるところがある!と思うことにします。
(Look on the bright side. っていうやつ)

1/13放送分
all(全部) と every(ひとつひとつに緻密に目をやる「すべて」)
の違いを学んだ日。

↓ は強調の all だそうです。
I don’t know what all the fuss is about.
僕にはどうしてこんな大騒ぎになっているのかがわからない
動詞の違いこそあれ、決まり文句のようですね。
I don’t see what all the fuss is about.
(なぜ大騒ぎをするのか僕にはわからないのだけれど。)
(08/12/10「ラジオ英会話」)

You can’t leave until you’ve answered every question.
すべての質問に答えるまで帰ることはできません。
漏らさずすべて → every
現在完了形なのは「答え終わるまで(答えてしまうまで)」が意味されている。
深いー。

1/14放送分
There are no donuts left.
There are n’t any donuts left.
どちらも「ドーナツが全然残っていない。」だけど
no を使った文のほうが「全然・まったくないよ」感が色濃くでていますよ。
(テキスト)
そうだったのかー。
そして、 no の後ろの名詞はやっぱり複数形。
(昔、なぜそうなるのかをネイティブに質問して困らせた…)

No children are allowed in the pool area unaccompanied
− 子どもは同伴なくプールエリアに立ち入ることはできません。
↓ 赤ちゃんが家の階段を上れるようになった時期の話
We can’t have him climbing the stairs unattended.
(ひとりで階段を上らせておくわけにはいかないわよ。)
unattended … ひとりで、付き添いなしで
(12/02/28「ラジオ英会話」)

監督者が必要な場合
Remember you need adult supervision to do this.
(大人の目のあるところで、ということは忘れずに。)
子どもがナイフを使う場合の話。
(17/06/08「ラジオ英会話」)
My parents won’t let me go online unless I’m supervised.

(監督されていない場合は、両親はインターネットを使わせてくれないんです。)
小学生がネットを使う場合も要注意(いまや幼稚園生も?)。
(2001年「ラジオ英会話」)

1/15放送分
either, neither, both の回。

You bought a lot of clothes from my shop today, Naoko.
− ナオコさん、今日はこの店たくさん服をお買い上げいただきました。
まだ、お店の中での会話なんだけど、ここはやっぱり from なんですね。
商品の出身地って感じ?
Here’s some garlic bread from Stefano’s Deli.
(これ、ステファノズ・デリガーリックブレッドよ。)
(17/11/07「ラジオ英会話」)

Since you’re a special customer, I’ll offer you one at cost price.
− あなたは特別なお客様ですから、1着を原価でご提供します。
初メモ。

2つの選択肢のうち両方とも「×」という言い方、
初めて知りました。
I’ve read both of her novels, but I didn’t like either.
− 彼女の小説は両方読んだけど、どちらも気に入らなかった
I didn’t like both. は「両方とも気に入ったというわけじゃない
(テキスト)
( ̄▽ ̄;) ヘーヘー
ラッキーなことに、今まで、そう言いたい状況がなかったのか…
both を使って間違えたことを言っていたのか…。

1/16放送分
新年会にて
・… the boss wouldn’t stop singing.
− 上司は歌うのをやめようとしなかったの。
この will でいつも思い出す英文
It won’t open.
ジャムの瓶のフタが
(どうしても開かないの。)
(11/10/10「英語5分間トレーニング」)

He can be wild at times.
− 彼はときどき手に負えないことがあるのよ。
飲んでるときの手に負えなさは wild かー。
↓ も酔っ払いに使えるらしい
Tony, you really are incorrigible.
(トニー、あなたはまったく手に負えない人ですね。)
(11/03/31「実践ビジネス英語」)

1/16放送分
可能性の canmay
can → 「潜在」、そういう能力があるという可能性
may → 「かもしれないよ、よくわからないけど」
今後、意識して確認していく。


【フラーハウス】
「知りたガールと学ボーイ」(第32回)
番組終わりの「クイズコーナー」で知ったのが
ghost → 突然、連絡が途絶えること
という意味、「幽霊が突然姿を消すところ」からだそうです。

そして、さっそく「フラーハウス」で再会!
カフェで友達を待っていたのに、誰も現れず、
カフェでバイトしている同級生にこう言われたラモーナ。
Sorry, but it looks like you got ghosted.
(残念だけどハブられたのね)
ガッカリして家に帰ったラモーナと、母のキミーの会話。
キミー:How was hanging with the crew?
    (どうだった?)
ラモーナ:Sienna and her friends ghosted me.
    (私はハブられた)
キミー:They ghosted you? What does that mean?
    (ハブられたの?つまり?)
そこでステファニーが意味を説明。
ステフ:Ghosted” means that they stood her up.
    (すっぽかされたのよ。)

This is the second time she stood me up.
(彼女にすっぽかされたのは、これで2度目だよ。)
(2011年2月号 Phrasal Verb Diversion)
大人はこっちの表現の方が無難かも。

人はこうして、状況とともに単語の意味と使い方を知る...。
ティーンネージャーの抱えるデリケートな問題なんかも取り上げるあたり、
このシットコムが愛される理由かも。


去年の今頃、「基礎英語3」
It’s because of your grandfather that you enjoy cooking so much.
(翔君がお料理をそんなに楽しんでするのは宗一さんの影響よ。)
強調構文。
こういう名称は覚えなくてもいいので使えるようにしないと。
posted by ラジ子 at 11:52| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする