2020年05月31日

rambunctious

「フルハウス」から復習してます。(マジメ~)

(1) 庭の芝生に仰向けで寝転んで、雲を見ていたステファニー。
 その横で雲ウォッチングにケチをつけるミシェルに対して
You know, you really know how to suck the fun out of cloud-watching.
(あんたって最悪の雲ウォッチャーね)
「楽しみを奪う」表現。

That takes all the fun out of traveling.
(それは旅の楽しみをまるで無くしてしまうわ。)
↑ GPSを使っての車の旅行はつまらない
(14/03/10「ラジオ英会話」)
After all, mechanical drills suck all the joy out of learning.
(結局、機械的ドリルは勉強から喜びをすっかり奪い取ってしまうわ。)
(2001年度「ラジオ英会話」)
おまけ
Okay, suit yourself, spoilsport.
(いいよ、勝手にしな、一抜け男。)
spoilsport → 他人の楽しみを台なしにする人
(08/02/13・14「英会話入門」)

(2) つぶれて内装がメチャクチャになっているナイトクラブを
 買い取ってオープンさせるためにジェシーが大掃除。
Come on, I gotta clean this place up, ‘if I gotta make this place look presentable.’
(金を借りるには見栄えをよくしないと)
実ビジでよく聞いた単語。
人前に出せるレベル → presentable
Looking presentable is a sign of respect for your coworkers and clients.
(きちんとした身なりをすることは、同僚や顧客に対する敬意の現れですから。)
(13/01/10「実践ビジネス英語」)

(3) 意味が似ていてる表現のポジティブ・ネガティブなニュアンスを学ぶ。
 ジェシーの双子の息子たちのいたずらが度を越したため、ダニーが注意します。
They’re way out of control.
(手に負えない)
しかし、out of control ではない、と反論するジェシー。
They’re a little feisty.
(ワンパク)
Rambunctious.
(ヤンチャ)
ということで、feistyrambunctious
ポジティブワードとしても使えるらしいと推測。

He’s a bit rambunctious.
(ちょっとやんちゃだな。)
(14/11/04「ラジオ英会話」)
モダン・ファミリー」でも、元気のよすぎる2・3歳児をこう表現していました。
Sorry. They’re a little feisty today.
(うちの子 わんぱくで)
言うことをきかない元気のよすぎる生徒のことを
rambunctious と言っていた ALT もいたなぁ…。

(4) 自分を卑下する友だちを励ますステファニー。
I’m serious. You got a lot going for you.
(本気だよ あんたにはいいとこある)
You have a lot going for you.
(前途洋々よ!)
(07/11/16・17「英会話入門」)

基本単語ばかりで、なんとなく覚えにくいと思っていた表現。
go → これからどんどん離れて進んでいくイメージ
ゆえに「あなたのために今後いいことたくさん起こるよ」
ってことと理解。
応用編
E-readers have a lot going for them.
(確かに、電子書籍リーダーにはいいところがたくさんありますね。)
(12/02/02「実践ビジネス英語」)


最近、いろんなニュースを見聞きしていて、
思い出すのが respect という単語。
「ブルックリン・ナインナイン」のセリフから
Have some respect for your fellow human beings.
(どんな人にも敬意を払わなきゃ)
をメモしてあったんですけど
たとえ意見が違っていても、たとえ好きでなくても
他人にはまず敬意 (respect) を払うことって、
本当に大事だな、って思って。(下線部は「ラジオ英会話」からの受け売り)
いつも心のどこかに respect は置いておきたい。


去年の今頃、「ラジオ英会話
Red wine improves with age.
(赤ワインは年とともによくなるんだ。)
時間的なつながりの with はもっと使っていきたい。
posted by ラジ子 at 12:59| Comment(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

all the same

「ラジオ英会話」

アプリで5/18「英会話楽習」を聞いたら
nonetheless がダイアログに使われてた!

5/18放送分
休日出勤できない理由
But we’re having an important family reunion tomorrow that I can’t possibly miss.
− しかし明日はどうしても抜けられない
  大事な家族の集まりがあるんです。
可能性を示す副詞の中では確度の低い possibly だけど
否定文で使われると
「到底〜できない」という確度の高い否定になるそうです。
↓ 「もしかすると」の possibly
My parents could possibly decide to sell their shares to a competitor.
(私の両親はもしかすると競合相手に彼らが所有する株式を売ることにするかもしれない。)
(2007年2月号「ビジネス英会話」「あんな時、こんな時」)

The marathon was very tough, but I enjoyed it all the same.
− そのマラソンはとても大変だったけど、
  それでも私は楽しみました。
all the same → 「まったく同じ、変わることなく」
マラソンは大変だったけど、楽しかったことは変わらない。
以前は覚えにくいと思っていた表現だけど、
今回の説明で無理なく理解できた気がする!

neverthelessnonetheless は「ちょっとカタクフォーマル」
It’s a joyful kind of chaos, but chaos nonetheless.
(混乱状態といっても楽しいんだろうけど、それでも混乱状態に変わりないから。)
(10/04/16「英語5分間トレーニング」)

5/19送分
「〜にもかかわらず」の in spite of / despite
後ろは名詞、名詞節でもよい
She never puts on weight despite the fact that she eats like a horse!
− 彼女は大食いにもかかわらず決して太らない。
大食いで太らないなんて、うらやましすぎる…。
despite the fact that はネイティブスピーカーにしたら
長くない、苦にならないそうです。(テキスト)

5/20放送分
指を切ってしまった男性。
I had a little accident in the kitchen.
− キッチンでちょっとした失敗をしてね。
mistake を使わず accident を使うところが気になりメモ。

accident の経緯
I was trying to open a new jar of strawberry jam, but however hard I tried, I couldn’t open it.
− イチゴジャムの新しい瓶を開けようとしていたんだけど、
  どんなに頑張ってみても開けられなかったんだ。
個人的には however より no matter how を選びがち。
No matter how hard I tried, I couldn’t open it.
この日no matter how の英文をまとめてメモしてあります。

No matter when you go, there are always long lines.
いつ行こうが、いつでも行列になっているよ。
逆に what / when / where / who ever を選びがち。(自分)
Whenever I’m stuck with anything, I always go back to the beginning.
(わたしは何かに行き詰まったときはいつも最初にもどるの。)
(18/02/12「基礎英語3」)

5/21放送分
生意気なことを言う息子に母が
Don’t be smart with me, young man.
母親に向かって生意気な口を利くんじゃありません、そこのあなた。
先月「ボキャブライダー」で習った!
The captain told his lieutenant, “Don’t get smart with me.”
(警部は警部補に“生意気な口をきくな”と言った)

Whether you like it or not, you have to do it.
したいかどうかは関係なく、しなければならないのよ。
二択を表すフレーズ。
I don’t know whether you do it consciously or not, but I like your self-deprecating wit.
(あなたが意識的にしているのかどうかわかりませんが、私は、あなたの自嘲的なウィットが好きです。)
(13/12/11「実践ビジネス英語」)

I’m not taking him back, even if he begs me on bended knee!
− 彼がひざまずいて頼んだとしても私は彼とはよりを戻さないわ!
「絶対そうする(よりを戻さない)」といった強さを持つ進行形です。(テキスト)
ムズー ( ̄▽ ̄;)

おまけ
The elf knelt in prayer.
(妖精はひざまずいて祈りました。)
(2019年3月「ボキャブライダー」)


【フルハウス】
わがままを言って妹ばかりが得をする状況に嫌気がさした姉ステファニー。
I’m sick of her always getting her own way.
(ミシェルにはウンザリ)
自分のやり方を get / have する → わがまま

She had everything her own way in her childhood.
(子どものころ、彼女はわがままのし放題だった。)
(2010年12月「英語5分間トレーニング」Word of the Day)
↓ の本にも載っていました。
CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ) - スティーブ・ソレイシィ, ロビン・ソレイシィ
CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ) - スティーブ・ソレイシィ, ロビン・ソレイシィ
Ugh! You always have to get your own way.
(もう!わがままなんだから。)

もちろん、ドラマの中では、姉妹で仲直りをしています。
Eテレで放送していたドラマだから、本当に安心して見られるのよね〜。


去年の今頃、「ボキャブライダー
The class was popular because Jenny’s instructions were sprinkled with humor.
(ジェニーの指示にはユーモアが散りばめられていたので、そのクラスは人気だった。)
真面目な話だけだと眠くなっちゃうよね…。
今後、オンラインレッスンになって、先生側のスクリーンに生徒の顔が映っちゃうと、
居眠りしにくいよね…。
posted by ラジ子 at 17:01| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

two sides of the same coin

「ボキャブライダー」

もともと好きでしたが、
この騒動の間、一番「聴きたい」と思ったのが
クラシック音楽だったことに自分でも驚いています。

I stood on the cliff and admired the scenery.
− 崖の上に立って風景をめでた
admire の目的語に風景もアリだった。

This plateau covers 2.5 million square kilometers.
− この台地は250万平方キロメートルの広さがある。
↓ 応用問題で出るんじゃないかと期待していたのに出なかった表現
You’ve just come to a plateau, that’s all.
(進歩が横ばいになったというだけよ。)
(14/01/09「ラジオ英会話」)

The Andes are the longest mountain range on Earth.
アンデス山脈が地球上で最も長い山脈だ。
アンデスの発音が「アンディーズ」だったとは。

Can I see your license and registration?
− 免許証と車両登録証を見せてくれますか?
↑ 警察に車を停められた時に言われるらしい
vehicle registration → 車検証
(06/10/9・10「英会話上級」)

Strengths and weaknesses are two sides of the same coin.
− 長所と短所は表裏一体
love hatred なんかも two sides of the same coin

Excuse me. Do you have change for 1,000 yen?
− すみません。1000円を崩せますか
↑ は「小銭」
状況によっては意味がちょっと変わる
Do you have change for a fifty?
(50ドルでおつりはありますか。)
(2010年「Business Vocabuilding 1月号」)

Many people in rural areas make their living in agriculture?
− 農村部では多くの人が農業で生計を立てている
何で生計を立てるかは in とか off of の後ろ。
I wish I could make a living off of my hobby.
(好きなことをして食べていけたらいいのに)
(10/06/28「英語5分間トレーニング」 One-Pointers)

-ee で「〜される人」
The payee needs to sign this form.
受取人はこちらの用紙に署名する必要があります。
こんな -ee もありました。
A mentee also needs to bring something to the table.
(メンティー側も、自ら何か提供する必要があります。)
(2012年5月「実践ビジネス英語」)

Our company offers good employee benefits.
− うちの会社は福利厚生がいいよ
別の言い方
I’m all ears about the new benefits package.
(新しい福利厚生の内容にはおおいに興味があります。)
(09/04/21「入門ビジネス英語」)


【フルハウス】
ジェシーがスピーチをすることになり、
双子の息子たちに向かって練習をする前に一言。
And I’ll, I’ll bounce it off you if you will. You guys give me a little feedback, okay?
(変なところがあれば言ってくれ)
まだ赤ちゃんなので、息子たちは何もわからないのですが…。

↓ 初めて知った時の英文
I want to bounce them off you.
(君がどう思うか知りたいんだ。)
(2006年4月号「徹底トレーニング」巻末「More Reading Out Loud」)
意見を投げて戻ってくるのを待つ、というイメージかな。

初めて聞いたときに、
どうにもすんなり理解できなかった表現のひとつですが
ドラマなどで何度も聞くことで理解できた気がします。
場合によっては、
頭で理解するより、数をこなして脳に定着させる
という1000本ノック方式の方が効果的?


去年の今頃、「ラジオ英会話
With all due respect, this is an issue of great importance.
(それはごもっともですが、これは非常に重要な問題です。)
気にし始めると、よく聞くようになった表現のひとつ。
posted by ラジ子 at 16:47| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする