2020年06月27日

agonize over

以前、ばっちもんがらさんがブログで紹介していた
How I Met Your Mother の配信がネットフリックスで始まって、
ますます Netflix で忙しい毎日 を送っております!

そんななか、「フルハウス」から復習。

(1) ダニーがギターを弾くとは知らずに驚いたベッキー。
All these years working with you, who knew you actually had talent! I mean, on the guitar?
(何の才能もないと思ってたのに ギターについてはよ)
↓「ギターの機能の上で」という on に驚いた日
I know how to play ”Happy Birthday” on the guitar.
(「ハッピーバースデー」をギターで弾く方法を知っている。)
(19/04/15「ラジオ英会話」)

(2) 前日、先生に叱られたミシェルとクラスメイトが
今日は怒られないように気を付けようと話をしています。
Don’t provoke him. Let’s just straighten up and fly right.
(怒らせないように気をつけないとね)
「怒らせる」の provoke は初メモ。
小学生が使うくらいだから、日常会話でも使う単語なんだろうと推測。

「〜を引き起こす」の provoke なら学習済み。
That's what provoked Product Development to put on their thinking caps.
(そのおかげで製品開発部が真剣に考えるようになったのです。)
(06/09/4・5「ビジネス英会話」)

ちなみに
straighten up and fly right → まじめになる、改心する (ジーニアス)
だそうです。
ちょっと ↓ に似ている
Jack has turned over a new leaf and is on the straight and narrow.
(ジャックは心を入れ替えて、品行方正な生活を送っているのです。)
(10/10/01「実践ビジネス英語」)

(3) (2) の続き、昨日先生に叱られたことに対して「発言をしない仕返し」を提案。
Even better, let’s give him the silent treatment.
(だんまり作戦でいこう)
この日にも silent treatment を復習。

(4) 高校生のイケメンボーイズの気を引きたくて、
ステファニーの友だちのジアが、色気スイッチを入れようと提案。
Let’s just turn on the charm.
(色気を振りまけばいいの)
↓ は愛想スイッチ
I hate it when waiters turn on the charm when it’s tip time.
(チップを渡す時になると、急にウェイターの愛想がよくなるのは嫌ですね。)
(11/02/24「実践ビジネス英語」)

(5) 2人の男の子に同時に愛を告白されて悩むD.J.
I’ve been agonizing over this, okay?
(私だってつらいのよ)
↓ の本に
岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) - 岩村 圭南
岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) - 岩村 圭南
Don’t agonize over it.
(それで苦しむことはないわ。)
が載っているんですけど、どんな時に使われるのかは
初めて知りました。 
難しい判断選択決定に苦悩する agonize だそうです。
状況込みで英単語が学べるのがドラマのメリット。

(6) ウソをついたとステファニーたちに責められているジョーイに、
弁解のチャンスを与えようと提案するジェシー。
Kids, now we said we’d give him the benefit of the doubt.
(待てよ その前に話だけは聞いてやろう)
久々に聞いた。
Let’s give him the benefit of the doubt.
(疑わしきは罰せずにおこうじゃないか。)
(07/02/12・13「英会話入門」)


まだまだ Netflix 生活は続くぞー!


去年の今頃、「ラジオ英会話
Luckily, the rain stopped, and we were able to have our picnic.
(幸運なことに雨がやみ、ピクニックをすることができた。)
could → やろうと思えばできた
なので、実際にできた場合は be able to (テキスト)
こういうの、中学時代に教えてほしかったな。
posted by ラジ子 at 12:26| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

euphemism

「ラジオ英会話」

日本(人)の「普通」ってどこから来るんだろう?と改めて考えたネット記事。
黒人差別問題から省みる日本人の「普通」地獄

6/15放送分
例示のフローC
illustrate / like
To illustrate your points, you often used examples from your personal experience.
− 先生が論点を説明されるのに、何度も個人的な体験をに出していましたね。
昨年度の「ラジオ英会話」、「説明する」の放送で
illustrate → 図表を使うなどビジュアルに訴える説明
と説明あり。
You should give much clearer examples to illustrate each point.
(それぞれのポイントを説明するためには、はるかにより明快なを出さなければなりません。)
(19/09/18「ラジオ英会話」)

6/16送分
説明のフロー@
説明ルール:説明は後ろに置く
大西先生から何度も聞いているので、このルールは定着、
使えているかどうかは( ̄▽ ̄;)ジシンナイ

6/17放送分
説明のフローA 単純な言いかえ : or
Denali, or formerly Mt. McKinley, is a famous mountain in Alaska.
− デナリ、以前の名前はマッキンリー山ですが、
  アラスカにある有名な山です。
デナリという名称、初めて知った!
formerly の後ろに called とかつけたい気がする。
Did you know he was formerly known as an annoying joker?
(彼は以前、いらっとするひょうきん者として知られていたの、知ってた?)
(2018年4月「ボキャブライダー」)

Magda, my yoga teacher, complimented me on my flexibility.
− マグダは私のヨガの先生ですが、
  私の柔軟性を褒めてくれました
compliment on がいい組み合わせ。(テキスト)
But people are still complimenting me on my wedding ring.
(でも、みんなは今でも私の結婚指輪を褒めてくれるわ。)
(19/10/23「ラジオ英会話」)

I have a sense that we’re going to become best friends.
− 私たちは親友になる気がします
やっぱり sense feel(ing) は似てるなぁ。
But I have a feeling that they're still seeing each other.
− でも私は彼らがまだつきあっているような気がするのです
↑ は、6/19(金)の「SAY IT IN ENGLISH」

6/18放送分
・… there’s no way I can be home by 7:00.
− 7時までにはとても家に帰れそうもないんだ。
可能性の強い否定」として、何度かメモ。
There’s no way I’d ever try bungee jumping!
(僕は絶対バンジージャンプをやってみることはないだろうけど。)
(20/03/16「ラジオ英会話」)

説明のフローB
in other words / that is / namely
I’ll get some tickets for the show, that is, if there are any left.
− 私がそのショーのチケットを取りますよ、
  もし残っていたらの話ですが
that is, if 〜 → 〜していればの話なんだけど
メモしてあった!スゴイ
That is, if the weather cooperates.
(天候が許せば、という話だけれど。)
↑ 皆既日食が見られる場合の条件
(13/06/12「ラジオ英会話」)

We have two outlets in Tokyo, namely in Shibuya and Ikebukuro.
− 東京には2つ、つまり渋谷と池袋に、アウトレットがあります。
フォーマルな雰囲気を持つ (テキスト) そうですが、
↓ は「キソ3」ゲストのフリートークから。
In winter, America has plenty of other sports, namely ice hockey, football, and basketball.
(冬場は、アメリカでは別のスポーツがたくさんありますからね、例えば、アイスホッケー、アメリカンフットボール、そしてバスケットボールなど。)
(18/02/19「基礎英語3」)

6/19放送分
「『難しい』と言って遠回しに断る」という日本文化の説明
This is a typical Japanese euphemism.
− これは典型的な日本の婉曲表現だね。
↓ 副詞
... as you get closer to what are euphemistically known as the “autumn years.”
(「人生の秋」とえん曲的に呼ばれる時期に近づいていくこと...)
(14/05/09「実践ビジネス英語」)
↓ は「太っている」の euphemism と説明がありました。
She’s not exactly slim.
(彼女は必ずしもスリムではない。) → 太っている
(18/09/06「ラジオ英会話」)


【フルハウス】
いつもはおバカキャラのキミーが、
たまたまいいことを言ったので、ダニーが一言。
Kimmy’s brain cells might have inadvertently connected here.
(キミーの脳細胞がまぐれで働いたぞ)

最初「うっかり」という意味で覚えた単語。
I inadvertently took your umbrella the other day.
(このあいだ、あなたの傘をうっかり持っていってしまったの。)
(11/04/26「ラジオ英会話」)

英英辞書で調べてみたら
without realizing what you are doing (ロングマン)
とのことで、「意図せずに」という感じ。
I heard about a bar in Manhattan that inadvertently rubbed one patron the wrong way.
(マンハッタンにあるバーが図らずも1人のお客様を怒らせた話を、私は聞きましたよ。)
(16/07/13「実践ビジネス英語」)

もしかすると、日本語に訳しにくい単語なのかも。


去年の今頃、「ボキャブライダー
He tried to present himself as a powerful businessman.
(彼は自分自身を、力のある実業家として見せようとした)
自分をプレゼンする、みたいな英文。
posted by ラジ子 at 11:19| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

get on with

「ボキャブライダー」

劇場でのお笑いライブもそろそろ始まりそう、県境を越える移動もOK、
生活が元に戻りつつあってウレシイなぁ〜。(もちろん油断は禁物ですが...)

I like to ride in the front car of the train.
− わたしは電車のいちばん前の車両に乗るのが好きだ。
front は「最前の」という意味ではあまり使ったことのない単語。
先頭車両 → first car っていう言い方もあるようです。

I wanted to work on the railways.
鉄道の仕事をしたいと思ってた。
railway → 鉄道
なんと初メモ。
JR Japan Railways

I work for a trading company.
− わたしは商社で働いています。
↓ クセのある用法の trade
Consumers need to beware of gimmickry trading on their fears.
(消費者は、不安につけ込む巧妙な商法に用心しなければなりませんね。)
trade on → つけ込む
(10/07/02「実践ビジネス英語」)

I’m in charge of publicity.
− わたしは広報を担当しています。
In fact, Jim was debating whether he should choose advertising or public relations ...
(事実、ジムは、広告か広報を選ぶべきか、(中略)、思案していました。)
(14/11/06「実践ビジネス英語」)

This is our division manager, Jenny Smith.
− こちらは部長のジェニー・スミスです。
department との違いは?と思ったものの、
自分にはあまり関係ないのでスルー。
↓ こんな意味もあった division
I guess that reflects how the division between work and home has broken down thanks to texting and email.
(それは、携帯メールやパソコンメールのおかげで、仕事と家庭の境界がなくなったことを反映しているのでしょうね。)
(12/02/22「実践ビジネス英語」)

打合せの日程を質問されて
Monday works for me.
− 月曜なら大丈夫です
「都合がいい、予定が合う」の work for

Chemistry is a branch of science.
− 化学は科学の一分野です
科学の枝分かれ先のひとつ。
動詞
His interests branched out into other areas.
(彼の趣味は他の分野に広がっていった。)
branch … 枝を広げる、分岐する
(2010年「英語5分間トレーニング」Word of the Day 2月号)

Ken’s father works from home and often says, “ I can’t get on with my work when there’s a cat on my lawn.”
− ケンの父親は在宅で仕事をしていて、
『芝生にネコがいると仕事がはかどらない』とよく言う
get on → 仕事や勉強について「進める、続ける」(アプリ)
on の続いていくニュアンスがポイントかな?
Also, many workers are self-motivated enough to be let alone to get on with the task at hand, no matter where they’re working.
(それに、多くの社員は意欲的なので、どこで働いていようと、放っておかれても目の前の仕事をこなしています。)
(13/10/10「実践ビジネス英語」)


【フルハウス】
D.J. がクラスメイトとデートしてみたものの相性イマイチのため
I don’t feel any chemistry between us. And if I don’t end it now, I’m just gonna leading him on.
(ときめかない相手とズルズル続けられないよ)

There’s chemistry between Doug and Grace.
(ダグとグレースは相性がいい)
(2020年5月「ボキャブライダー」)
好きとほのめかしてその気にさせる lead (人) on
Do you think she's just leading him on?
(彼女、彼をもてあそんでいるだけだと思う?)
(06/02/13・14「英会話中級」)

lead (人) on はNHK的にはあまりオススメしない表現かもしれないけど、
ドラマではけっこう使われてます。


去年の今頃、「ラジオ英会話
This road runs along the river.
(この道は川沿いを走っている。)
run の一方向に進むニュアンスをゲットせねば!
posted by ラジ子 at 11:31| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする