2020年08月29日

in-flight meal

「ボキャブライダー」

「モダンファミリー」、シーズン10に突入 (binge-watching が止まらない)。

This amusement park just opened a brand-new ride.
− この遊園地に新しい乗り物がお目見えした
日 → 英 にした時に、乗り物 + open は思いつかない。
open → if a place such as an office, shop, restaurant etc opens or is opened, it starts operating or providing a service
(ロングマン)
 
I heard the owner of the house had a roller-coaster career.
− この家の持ち主は波乱万丈のキャリアを歩んだと聞いたよ
↓ 以前も感じた、共通性のある表現
We’ve had quite a few ups and downs.
(浮き沈みがかなりあったけど。)
(10/12/28「英語5分間トレーニング」)

Liz was on an emotional roller coaster that day.
− リズはその日、感情の浮き沈みが激しかった
↓ は「モダンファミリー」から
I have been on an emotional roller coaster all day today.
(どうしていいか分からなかった)
フィルにいろんなことが起きた日のセリフ。

When you apologize to someone, you should look them in the eye.
− 人に謝るときは、相手の目を見たほうがいいよ
John never looks me in the eye.
(ジョンは決して私の目を見ないのよ。)
(09/10/28「英語5分間トレーニング」)

Smoking in the lavatory will activate the smoke detector.
− 洗面所で喫煙すると、煙探知機が作動します
人間にも使える activate
Some foods activate pleasure centers in our brain just like a drug.
(食べ物によっては、薬物のように脳の快楽中枢を活性化させるものがあるのです。)
activate … 活性化させる、作動させる
(14/12/27「実践ビジネス英語」)

I’m looking forward to the in-flight meal.
機内食が楽しみです。
わかるー
on-board meal っていう言い方もあるようです。

Grind some black pepper over the meat.
− 肉の上に黒こしょうをひいてください。
over に「まんべんなく」の感じ。

I thought I bought a hunk of meat, but it was ground pork.
ブロック肉を買ったと思ったけど、豚のひき肉だった
hunk といえば「このイメージ
かたまり関連
What’s this huge lump in the envelope?
(封筒の中に入ってるこの大きなは何?)
(11/12/23「英語5分間トレーニング」)

My grandma met my grandpa after she broke off her engagement to someone.
− わたしのおばあちゃんは誰かとの婚約を破棄したあと、
  おじいちゃんと出会ったの
on だった状態が突然 off になる感じ。
I broke off my engagement with Ernest.
(私、アーネストとの婚約を破棄したんです。)
(14/04/09「ラジオ英会話」)

A piece of my tooth broke off.
− 歯が欠けた
いつも ↓ を使っていた
Look how it's chipped here.
(ほら(花瓶の)ここが欠けている。)
(06/9/13・14「英会話上級」)


お友達の皆さんには「本を読まない」でおなじみの私ですが、
試しに読んでみようと思った児童書に
先週学習した
It takes about 15 minutes to draw a bath at our house.
(うちではお風呂にお湯を張るのに大体15分かかる。)
の別の言い方を発見。
run one's bath.jpg

水が流れるイメージなんでしょうね。
キンドルに、まだ読み終わっていない本がけっこうあるので( ̄▽ ̄;)
せめて、ダウンロードしたものは読もうと思いました…。
いつも思いますが、ばっちもんがらさんの読書量は本当にスゴイ!


去年の今頃、「ラジオ英会話
My mom often used to play us songs on the piano when we were kids.
(私たちが子供のころ、私の母はしばしば私たちにピアノで歌を弾いてくれたものでした。)
この on 、今なら自然に感じられる。
posted by ラジ子 at 22:09| Comment(6) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

immediate attention

「ラジオ英会話」

会話の流れ練習なので、特に難しい内容ではないものの、
こういうのをすらっと言えるようになるまでは大変。

8/17放送分
医療分野の実験室の会話。
The last test results on mice was successful.
− マウスを使った前回の実験が成功したの。
on → 注目が向かっている on
concentrate on / focus on on と同じ。(大西先生)
説明を聞くとなんとなく「なるほど」と思う。

CREATE THE FLOW!
This relationship is just not working out.
− この関係はまったくうまくいっていません
励ます時には肯定文で。
I hope things work out for you in the end.
(最後にはうまくいくといいわね。)
(17/12/05「基礎英語3」)

8/18放送分
秘密を誰にも言わないでと言われて、冗談で
OK, but I have loose lips.
− でも、僕は口が軽いからね。
類似表現
He’s got a loose tongue.
(彼は口が軽い。)
(11/10/15「英語5分間トレーニング」)
How does someone who’s naturally talkative like you stop yourself from being a blabbermouth?
(あなたのようにもともと話すのが好きな人は、どうやってしゃべりすぎないようにしているのですか。)
blabbermouth … (他人の秘密まで話す)口が軽い人
(14/10/16「実践ビジネス英語」)

・… But please keep it under your hat.
− だけど秘密にしておいてくださいね。
↓ こんなのもあった
They can seriously cloud your judgment, and make you spill the beans about things that would best be kept under wraps.
(感情によって判断がひどく曇り、話さないでいるのがいちばんいいであろうことを、うっかり漏らしてしまう事態になりかねなません。)
keep something under wraps … 〜を秘密にしておく[隠しておく]
(14/10/23「実践ビジネス英語」)
↓ はファミリーレシピを門外不出にしている人
I’ve had to keep it under lock and key.
(このレシピはしっかり封印しておかなければいけなかったのよ。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

CREATE THE FLOW!
I want to let you know that I’m getting a divorce.
− 私が離婚することをお知らせしたいと思って。
ざっと調べたところでは get a marriage という表現はなかったです。

8/19放送分
長く勤めていた同僚がやめると聞いて
He’s been here forever.
− 彼はずいぶん長い間この会社にいたのに。
話し手が「長い」と感じれば、何年でも、何分でも forever
It took forever to find a parking spot.
(駐車スペースを探すのにえらく時間がかかってしまって。)
(19/03/19「基礎英語3」)

CREATE THE FLOW!
新しいスケジュールについて
Let’s have a coffee and I’ll fill you in.
− コーヒーを飲みに行きましょう、教えてあげますよ。
fill in → 〜(人) に (詳細を) 教える
類似表現
I’ll bring you up to speed on that.
(それについての情報は教えますよ。)
bring up to speed → (人) に必要な情報を与える
(12/10/03「ラジオ英会話」)

8/20放送分
忙しくしている人への声かけ。
I hate to interrupt, but something’s come up that requires your immediate attention.
− 邪魔をしたくはないのですが、
  すぐに手当てをしていただきたいことが起こりまして。
immediate attention → 「すぐに注目する」だけでなく「手当をする」までを含む (テキスト)
英辞郎の和訳は「応急手当

CREATE THE FLOW!
I know you’re busy, but I’m afraid this can’t wait.
− お忙しいのは存じているのですが、急用なのです
↓ 待てる場合
It can wait.
(それ、あとでもいいよ。)
(14/05/12「ラジオ英会話」)


【モダンファミリー】
探していたものが見つからずガッカリしたフィルのセリフ。
Well, then we’re back to square one, aren’t we?
(振り出しに戻った)
見つかりそうなところまでいったけど、最初からになった。

「最初からやり直し」系表現けっこうあって
go back to the drawing board → 最初からやり直す、計画段階に立ち戻る
start with a clean slate → 白紙の状態から始める
start from scratch → ゼロから始める
などがメモしてあるんですけど、どれかひとつ決めておくと
いざ言いたいときには迷うことなくて便利。
start over が単語2つで一番カンタンかも。


去年の今頃、「ボキャブライダー
What price did you buy them at?
(いくら買ったのですか?)
株の話なんですけど、いくらの時に買ったのか?の at 、こういうの気になる!
posted by ラジ子 at 10:50| Comment(5) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

embers

「ボキャブライダー」

個人的に、興味深い表現が多かった週。

The embers glowed red, still giving off a lot of heat.
燃えさしは赤く光り、まだ強い熱を持っていた。
ember → 通常は複数形で使われるという説明あり。
glow give out light / heat
(Oxford Collocations Dictionary)
ember glow も初メモ。

Dying embers can cause a fire.
消えかけの燃えさしは火事の原因になりえるよ
battery も切れそうになっている時は dying 、切れてしまうと
Do you think the battery is dead?
(バッテリーが上がってるとか?)
↓ の本より
思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック) - 遠山 顕
思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック) - 遠山 顕

The embers of an old love were still smoldering in his heart.
− 終わった恋の残り火がまだ彼の心の中にくすぶっていた
この英文、なんとなく恥ずかしい…
smolder → くすぶる
初メモ、embers smolder はペアで覚えたい。

Harry used a flint to start a fire.
− ハリーは火をつけるために火打ち石を使った
flint でブログ検索してヒットするのが ↓
If I say no way, they sulk and call me skinflint, miser, tightwad, penny pincher and so on.
(私がだめと言おうものなら、子供たちはふくれっ面をして、私のことを守銭奴だの、どけちだの、しみったれだの、せこいだのと言うんですよ。)
(06/10/17・18「ビジネス英会話」)

It takes about 15 minutes to draw a bath at our house.
− うちではお風呂にお湯を張るのに大体15分かかる。
以前、岩村先生の講座で
draw water (for a bath) みたいに習ったのですが、
ダイレクトに draw a bath でもよいということで。

The nurse was not good at drawing blood.
− 看護師さん、採血が下手だったわ
↓ 再び、この本からの状況説明文
思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック) - 遠山 顕
思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック) - 遠山 顕
B is here as a blood donor and A is going to draw blood.
(献血者として来たB 。A が採血するところです。)

Drain the bath when you get out, OK?
− お風呂から出たら水を抜いてね。
おまけ
This field doesn’t drain well.
(このグラウンドは水はけがよくない)
(11/12/23「英語5分間トレーニング」)

子どもと鬼ごっこをして
It drained me, but it was fun.
疲れたけど楽しかった。
形容詞
I feel drained.
(消耗しきった感じです。)
(11/03//11「ラジオ英会話」)

Can you let the dishes soak?
お皿をつけておいてくれる?
洗濯物のつけ置き洗いにも使えそうな表現。

ブレーキ2連発 
I don’t know how to apply the parking brake in this new car.
− この新しい車のサイドブレーキのかけ方がわからない。
Make sure that the parking brake is engaged, …
パーキングブレーキを確実にかけてね、…

Adjust your rearview mirror before you start driving.
− 運転前にバックミラーを調整しましょう。
↓ 意外と応用範囲の広い adjust
Taste it and adjust the seasoning.
(味見をして味を整えてください。)
(2018年6月「ボキャブライダー」)

The windshield was fogged up, so I couldn’t see in front of me.
− フロントガラスが曇っていたので前が見えなかった
My glasses have fogged up.
(メガネが曇っちゃった。)
(11/02/06「英語5分間トレーニング」)
ガラスが曇ったら fog up


【モダン・ファミリー】

マニーの火おこしの手際の悪さにイライラしたアレックス。
Go faster! It’s not a violin. You’re trying to start a fire.
(もっと早くよ バイオリンじゃない)

「ボキャブライダー」で start a fire を聞いた後のコレなので、
心の中で小さくガッツポーズ。

シーズン9でこんなのもキャッチ。
話を聞かないヘイリーに文句を言うルーク。
It’s like what I say to you goes in one ear…, out the other.
(右耳から入って左耳から抜ける)

It seems to go in one ear and out the other!
(聞いてもすぐ忘れてしまうんだ!)
(19/05/30「ラジオ英会話」)

「モダンファミリー」が英語学習にも効果があるのは間違いなし!


去年の今頃、「ズンボのジャストデザート」から復習していました。
この Netflix オリジナル番組も、何度見たかわからないほど好き。
posted by ラジ子 at 13:53| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする