2020年10月17日

centennial

「ボキャブライダー」

centipede (100 + 足)と日本語の「百足(ムカデ)」がまったく同じ発想とは、
実に面白い...。(「今さら?」の「ガリレオ」風)

Our voices echoed off the walls of the cave.
− 洞窟の中で、私たちの声が響いてた
何かがどこかに当たって戻ってくる時は off らしい。
The next week, when I played with a ball, it bounced off the wall and hit a passerby.
(翌週、私がボールで遊んでいると、ボールが壁に当たって跳ね返り、通りがかりの人にあたりました。)
(2018年5月「ボキャブライダー」)

His voice echoed through the tunnel.
− 彼の声がトンネル内に響き渡った
こっちは、当たって戻るというより、トンネル中に響いている感じ?

ひと口もらえる?と言われて
He wiped the mouth of the bottle and then gave it to her.
− 彼はボトルの口をぬぐってから彼女に渡した
↓ は牛乳瓶の口
Now I cover the top with my hand.
(さあ、瓶の口を手で塞ぐわね。)
(19/04/24「ラジオ英会話」)

I feel tired and sluggish on rainy days.
− 雨の日は疲れとだるさを感じる
疲れ系表現
…, I’ve been feeling rather fatigued and listless.
(かなりの疲労とだるさを、このところ感じています。)
(16/08/31「実践ビジネス英語」)
いろんな表現があるけど、たいてい tired 頼みになってしまう…。

She reached the dizzy heights of CEO when she was 43.
− 彼女は43歳のとき、CEO という重要な地位に就いた
dizzy に、こういう使い方もあるのですね。

My cat's fur is stiff.
− うちのネコのゴワゴワしてる
人間の毛もゴワゴワする
My hair is always stiff after I take a shower.
(シャワーをあびたあと、いつも髪がゴワゴワします。)
(2019年9月「ボキャブライダー」)

What is the second element in the periodic table?
周期表の2番目の元素は何?
table なのに in なのか、となんとなく思った。

Jenny was in her element, decorating the room and preparing dinner for 15 guests.
− ジェニーは本領発揮で、部屋を飾り付けて、
  15人の招待客のために夕食の準備をしたんだ
初めて知った時の英文
You really looked like you were in your element.
(君は本当に水を得た魚のようだったね)
↓ の本より
NHKラジオ英会話レッツスピークベストセレクション (NHK CD BOOK) - 岩村 圭南
NHKラジオ英会話レッツスピークベストセレクション (NHK CD BOOK) - 岩村 圭南
そのせいか、in one's element を聞くと、今でも「水を得た魚」を思い出します。
本領発揮できない場合は out of one’s element、「水を得た魚」に対抗して
陸に上がった河童」ってとこかな?( ̄▽ ̄;)

Our high school celebrated its centennial last year.
− 去年、私たちの高校は創立100周年のお祝いをしました。
centennial → 100周年、100年祭
↓ たしかに100周年だ!
It looks like you’re on track to make your centennial.
(100歳に向かって、順調に歩んでいらっしゃるようですね。)
(11/09/22「実践ビジネス英語」)


【モダンファミリー】
状況説明は省きますが、急用ができたことを伝えるとき。
Um, actually, Claire, something’s come up.
(実は急用ができたんだ)

Actually, something just came up.
(実はね、たった今、急用が入ったの。)
(20/08/25「ラジオ英会話」)
現在完了形と過去形の違いはあるけど同じ。
actually との相性の良さも間違いない!


去年の今頃、「ラジオ英会話
Van Gogh was not recognized as a genius during his time.
(ヴァン・ゴッホは彼が生きている間は天才として認められなかった
芸術の価値というか、基準というか、そういうのって難しい。
Beauty is in the eye of the beholder.
  ↑ 遠山先生の講座で習ったと思う。
posted by ラジ子 at 15:50| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする