2020年11月04日

brain fart

【ズンボのジャストデザート】

↑ はNetflix オリジナルの大好きなスイーツコンテスト、
ですが、シーズン1の配信が終わってしまったのです...。
いつまでも、あると思うな、好きな番組 (涙)
急に焦って、シーズン2をもう一度見ることにして復習。
↓ に出てくるレイチェルは審査員です。

(1) 第1回のトライアルで苦戦する挑戦者達へのレイチェルの感想。
They’re definitely, like, testing the waters, aren’t they?
(試行錯誤してるわね?)
「調べる」とか「試す」という意味。
No, I’m just testing the waters.
(どんなものか様子を見ているだけです。)
(15/10/07「実践ビジネス英語」)
これは「キャッスル」でも使われていました

(2) 難しい課題に挑戦する人を励ますレイチェル。
Think you’re gonna have to jump through some hoops.
(試練を乗り越えるのよ)
So we need to jump through one more hoop.
(では、もう1つ難題と取り組まなければならないわけですね。)
(10/02/02「入門ビジネス英語」)
 ↑ のテキストの説明がいいんです
人や動物が火のついた輪などをくぐるサーカスの芸に由来します

(3) 途中で焦ってしまった自分を振り返る挑戦者。
I’ve had a brain fart somewhere and I’ve just totally stuffed things up.
(度忘れしたせいでめちゃめちゃよ)
brain fart → 一時的に頭が真っ白になること(英辞郎)
「脳 (brain) のオナラ (fart)」です。
あー使ってみたい!
↓ はマイ定番
My mind went blank as I was giving my speech.
(スピーチをしているときに頭が真っ白になった。)
(20/04/21「ラジオ英会話」)

(4) ゴチャゴチャした感じの仕上がりのケーキに対して
Really nice flavor combinations. With the decoration, less is more.
(味の組み合わせが秀逸ね 飾りつけはシンプルに)
Sometimes less is more.
(少ないほうがいい場合もあるのです。)
(10/03/18「実践ビジネス英会話」)
これって意味的には、絶対 Less is better. の方が正しい!
って思っていたんですけど、調べたら
「減らすことで、より多くを得る」という意味らしいです。

(5) 課題のケーキ作りについてのアドバイス
This might look pretty straightforward, but the devil’s in the detail.
(一見簡単に見えるが細部が難しい)
The devil’s in the details, as they say.
(悪魔は細部に宿るって言うでしょう。)
(10/01/22「英語5分間トレーニング」)
detail は単数でも複数でもいいらしい。
この「細かい部分もおそろかにしてはいけない」という教えは
もしかしたら英語学習にも通じる?

スイーツ作りを見るのって、シンプルに楽しい。
制限時間内で全力を尽くす姿は感動的。
さらに英語も勉強できるなんて、
「ズンボのジャストデザート」、最高だな。


去年の今頃、「おもてなしの基礎英語
から復習してました。
8月号の内容は ↓ に入っています。
NHKテレビDVD BOOK おもてなしの基礎英語 ニッポン追いかけっこ 旅の始まり編 - 井上 逸兵
NHKテレビDVD BOOK おもてなしの基礎英語 ニッポン追いかけっこ 旅の始まり編 - 井上 逸兵
The three of us are sharing a table for a reason.
(相席になったのも何かの縁。)
この for a reason って、なんとなくよくないですか?
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする