2021年02月03日

lift one's spirits

「ラジオ英会話」

カルツォーネ(calzone)、美味しそう
発音が思いっきり「英語流」になってしまう(キャルゾウン)ので、
最初何のことだかわからなかった。

1/25放送分
申し出に対して応答する
Thanks. I’ll try it. I’ll let you know how it goes.
− ありがとう。やってみますよ。
  どうなったか連絡しますね

ちょ、ちょ、ちょっと待ってくださいよー!
how it went じゃなくていいの?
Anyway, make sure you tell me how everything went tomorrow.
(とにかく、明日どうなったか必ず教えてね。)
(20/01/30「ラジオ英会話」)
ただ ↑ の日のテキストに
「明日に自分がいると考えれば、すべては終わってしまったあと → 過去形」
という説明があったので、時制は話し手の気持ち次第ってこと、
でしょうか。

1/26放送分
隠された勧誘
Would you be interested in 〜 ?
Would you like to 〜 ?

Would you like to make a donation?
寄付をしてみませんか?
なつかしの donation
The contagious donation movement is called the “Tiger Mask Phenomenon.”
(この流行の寄付運動は「タイガーマスク現象」と呼ばれています。)
(11/07/19「ラジオ英会話」)
もう10年前か...。

1/27放送分
同窓会にて。
I enjoy seeing what they have done with their lives.
− みんながこれまで、
  自分の人生をどう過ごしてきたのかがわかって楽しいわ。
in のような気がしたけど with なんですね。
英辞郎には
do with one’s life → (ある目的のために)人生を費やす
と書かれていました。

心に浮かべる
I’m trying to think of a good topic for the speech contest, but nothing springs to mind.
− スピーチコンテストのいいトピックを考えているんだけど、
  何も思いつきません
バネ(spring)のように跳ねてやってくる感じなのか?
One example that springs to mind is falling for buy-one-get-one-free deals.
(すぐに思いつく例は、1つ買えば1つただでもらえる商法に引っ掛かることです。)
(11/11/10「実践ビジネス英語」)
↓ は「はじける」感じ?
Ideas for the next book keep popping into my head, like the current of a river.
(次の本のアイデアが、頭の中に次々と浮かんできます。まるで川の流れのように)
(2020年9月「ボキャブライダー」)

1/28放送分
将棋クラブに戻ってほしいという説得。
We need you to lift everyone’s spirits.
みんなの士気を高めるのに、君が必要なんだ。
↓ 他に有効なもの
Wisecracks can lift your spirits as well as tickle your funny bone.
(気の利いた冗談は、人を笑わせるだけでなく、やる気を高めてもくれますね。)
(08/07/30「実践ビジネス英語」)

慰める
I know he’s going through a rough patch, but everything is going to turn out all right.
− 彼がつらい気持ちでいることはわかっているけれど、
  そのうちすべてうまくいくわ
a rough patchgo through と相性よし
Sure, you went through a rough patch there at the start.
(もちろん、初めはそこで大変な思いをしたでしょう。)
(10/08/14「英語5分間トレーニング」)

根拠のない「うまくいくよ」という慰め、
聞いてありがたい時と、テキトーに言うなと思う時と、
精神状態で受け取り方が違うと思うので、気軽に言わないようにしています。


【ママと恋に落ちるまで】
ここのところ、
I had one too many and utterly humiliated myself.
(酒を飲みすぎてヘマをやらかした)
の復習をしています。
今回は「飲みすぎ」でなく「飲ませすぎ」表現。
We gave them one drink too many.
(たくさん飲ませた)

な〜るほど、シンプル!


去年の今頃、「ボキャブライダー
The coat is worn, but I keep it for sentimental reasons.
(コートは着古されているが、心情的な理由で取っておいてある)
「こんまりメソッド」では、手に取って「キュン」とすれば
着古されているものでも取っておくことになっています。
posted by ラジ子 at 12:34| Comment(8) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする