2021年02月24日

stick to one’s guns

「ラジオ英会話」

最近、副詞が気になって、地道に復習したりしています。
そして、そんなオタクっぽい自分がいいなって思ってます。

2/15放送分
仲直りする
Can we let bygones be bygones?
済んだことは水に流せませんか?
人間関係のトラブルを水に流す時。
↓ シンプル
Let’s put it behind us.
(そのことは忘れましょう。)
(09/02/16「ラジオ英会話」)

How about we wipe the slate clean?
なかったことにしてはどうだろう?
start with a clean slate というチャンクで覚えたので、
slate clean の語順にまだ慣れない…。

2/16放送分
真意をただす
Will you stop beating about the bush and just say what you want to say?
遠回しに言うのはやめて、言いたいことをただ言っていただけますか?
about バージョンを初めて聞いた。
I won't beat around the bush.
(単刀直入に言います。)
(09/03/31「入門ビジネス英語」)

We haven’t got all day, so will you please come to the point?
− 私たちには丸一日あるわけではないのですから、
  要点を言っていただけますか?
the point まで早くおいで、という感じ。
I’ll get right to the point.
(ずばり要点を言うよ。)
(08/09/29「入門ビジネス英語」)
Let me get straight to the bottom line.
(結論を単刀直入に言わせてください。)
the bottom line the point にするもよし。
(20/07/20「ラジオ英会話」)

2/17放送分
見直しを求める
Have you forgotten you have your health check tomorrow?
− 明日、あなたは健康診断を受けることになっているのを忘れたのですか
「お忘れではないですか?」という穏やかな表現とのこと。
forgotten で見つけた過去文
As the saying goes, some things are best forgotten.
(俗に言うように、忘れた方がいいこともありますからね。)
(14/07/10「実践ビジネス英語」)

I know you like to stick to your guns, but in this case, you really should reconsider your decision.
− 君が自分の意見を通すのが好きというのは知っているけれど、
  この場合には、本当に君の決定は見直すべきだと思いますよ。
stick to one’s guns → 議論などで一歩も譲らない、退かない
(ジーニアス)
↑ 初メモ!

↓ 「変更を求める」で学習
In light of this new information, could you reconsider your decision?
(この新しい情報を考慮して、そちらの決定を考え直していただけないでしょうか?)
(20/12/23「ラジオ英会話」)

No, don’t change the design. If it isn’t broken, don’t fix it, remember?
− いや、デザイン変えないように。
  壊れていないモノは直すな、でしょ?
1999年度「ラジオ英会話」で知った表現。
I guess they figure, “If it isn’t broken, don’t fix it.”
(学校関係者は、「壊れてないのなら、直すな」って考えるんだろうな。
アメリカの公立小学校に制服を導入する問題にて。

2/18放送分
決断をうながす
If not now, when? Seize the day!
− 今やらなくていつやるのですか?
  先延ばしにしないで機会をつかみなさい
moment をつかまえた
…, they would seize the moment by offering $1 margaritas to commemorate their first one-star review.
(初めて得た星1つの評価を記念して、マルガリータを1ドルで提供することにしたのです。)
seize the moment … その機会をとらえる
(16/07/13「実践ビジネス英語」)

If not now, when? You've got to strike while the iron is hot.
− 今やらなくていつやるんだい?鉄は熱いうちに打て、だよ。
有名なことわざだけど、初メモ。

早いうちに対処しておけ系
I’m going to nip this in the bud.
(これが大事に至る前に策を講じることにするよ。)
(17/05/24「ラジオ英会話」)
You can put out fires while they’re still small.
(火がまだ小さいうちに消せるというわけですよ。)
(16/11/18「実践ビジネス英語」)


【モダンファミリー】
頻度表現。
There are dreamers and there are realists in this world. You’d think the dreamers would find the dreamers, and the realists find the realists, but more often than not, the opposite is true.
(この世には夢追い人と現実主義者がいる 両者は相いれないと思われがちだけど 実際は互いを必要としてる)
字幕には反映されていないけど
more often than not → たいてい、しばしば

..., I think of two cities people want to visit, and more often than not, it's Paris and then Rome, in that order.
(人が行きたい町が2つ浮かびまして、それがたいていの場合
パリ、それからローマ、とその順番なんです。)
(06/07/21・22「英会話上級」)
You know, more often than not, all I want for dinner is a simple egg on toast.”
(そうね、普通、私が夕食に食べたいのは、素朴な卵のせトーストだけなの。)
(2014年11月号「実践ビジネス英語」Our Magical World)

英辞郎で改めて調べたら「51%以上の確率で」だそうで、
確率的にはあんまり高くないのね…。

頻度の感覚も人によって違うから、難しいところです( ̄▽ ̄;)


去年の今頃、「ボキャブライダー
Unplug the appliances that are not in use.
(使っていない家電のコンセントを抜いてね)
資源は大切に!
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする