2016年03月27日

take up a position

3/23「実践ビジネス英語」

聖四も立派に任期(stint)を終え、日本に戻るのですね。
帰ったら日本の食事のおいしさに感動して、また太っちゃったりして。

聖四の今後。
*Now he is going back to Japan to take up an important position as director of marketing.
− 今度は日本に戻って、マーケティング・ディレクターとしての
  重要なポストに就くことになっています。
take up … 〈任務・地位〉につく
take up は、このほかにも「時間や場所をとる(占める)」、「(趣味を)始める」という意味あり。

I know I speak for all of us when I say we’ll miss you, Seiji.
みんなを代表して言うのですが
  あなたがいなくなると寂しくなりますよ、聖四。
I know I speak for all of us when I say は定型?
という発見を3年前にしていました

その中のひとつ、前任の日本人への別れのあいさつ。
... but I know I speak for all of us when I say that your presence will be greatly missed.
(でも、みんなを代表して言うのですが
あなたがいなくなると、とても寂しく思うでしょう。)
(12/04/06「実践ビジネス英語」)
前任者は後藤洋子だったかな?

speak for oneself … 雄弁に物語っている、明確に主張する、説明を必要としない
前回のエントリーにて学習。

*・…, I’ve been on a steep learning curve here at H&B.
− ここH&Bでは短い間に多くを学びました
I guess we have to be on a steep learning curve.
(私たちは、短期間に多くのことを学ばなければならないようですね。)
(12/04/26「実践ビジネス英語」)

*One lesson I’ve taken to heart is the saying that there’s no such thing as a silly question ― only silly answers.
− 私が肝に銘じた1つの教訓は、愚かな質問というものはない、
  愚かな答えがあるだけだ、という格言です。
take something to heart … 〜を肝に銘じる[深く心に刻む]
別の語順もOKらしい。
Wow, it looks like everybody’s taken to heart the old adage ...
(おっと、(中略)古いことわざを、皆さん、肝に銘じているようですね。)
(10/09/29「実践ビジネス英語」)

keepin mind / bearin mind と似ている。

似ているイディオム
Each time she faltered, she took heart and tried again.
(つまづくたびに、彼女は元気を取り戻してまた挑戦しました。)
(2010年4月号 Phrasal Verb Diversion)

本日の重点項目:3


【セサミ・ストリート】
何かを 2 4 6 8 … のように2ずつ数える場合
count by 2s
のように言うそうです。
番組中では、タマゴとひよこを2ずつ10まで数えていました。
言えそうで言えないシリーズ。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I have a new lease on life.
(私、心機一転したの。)
通常はケガや病気から回復した人が使うイディオムのようです。4

*pillitoさん、ありがとうございます。
posted by ラジ子 at 14:40| Comment(2) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイポ(typo)と思いますが、

「I say I'll miss you」ではなくて、

「I say we'll miss you」です。
Posted by pillito at 2016年04月01日 12:38
【pillitoさん】
I'll miss you だったら、全然みんなの代表でなく、個人的な気持ちの発表になってしまいますよね(汗)

ご指摘、ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2016年04月01日 15:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: