2016年12月05日

gush over

「実践ビジネス英会話」 11月号 Our Magical World より。

HOW DO I LOVE THEE? 
↑ は詩のタイトルなので THEE のままでいいそうです。

リサさんは木と話ができるとのこと。
You can take it or leave it, but trees can talk back to me telepathically, too.
信じるか信じないかは、あなた次第ですね
  でも、木も私にテレパシーで返事をしてくれます。
最初のセリフは都市伝説のあの人を思い出す…。

telepathically tele が「遠距離」を表していて、
telepathypathy はラテン語の pathos(感じ) なので
非常に理にかなった成り立ち。

オーストラリアでは、木に ID とメールアドレスが与えられて、
市民は気づいたことなら何でも報告するようにと奨励されたため、
People gushed over a tree’s beauty, thanked them for providing shade and shelter, asked philosophical questions, etc.
− 市民たちは、木の美しさを次々に語ったり、木陰や雨を避けられる場所を
  与えてくれることに感謝したり、哲学的な質問を投げかけてきたりしたのです。
gush over … (感情的に・大げさに) しゃべりたてる、ほめちぎる
(プログレッシブ)
gush には水がザーザー流れるイメージあり。
All that water gushing through the streets started me thinking about how to save this precious resource.
(道路をザーザー流れていく大量の水が、この大切な資源をどう守るかを
ぼくに考えさせるきっかけになったんだ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

It’s news like this that makes my day.
1日がいい気持になるようなニュースですよね。
You just made my day!
(おかげでいい日になった!)
(10/10/14「ラジオ英会話」)
↓ の本でも学習できます。
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 -
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 -


WATER UNDER THE BRIDGE(過ぎ去ったこと)

メールチェック中に見覚えがあるけど、思い出せない名前を見つけて
I felt a subtle fight-or-fright sensation in my stomach, then BAM! It hit me.
− 胃のあたりに微妙な闘争・逃避感覚がわいて、そして、
  ガツン!思い出したのです。
fight-or-flight
ストレスのかかる事態に対する交感神経の反応(プログレッシブ)

英辞郎の訳では「闘争逃走反応」と、うまくかぶせてました。
一種の coping mechanism ということかな。
(この日の【モダン・ファミリー】にちらっと書いてあります。)

hit を使うことで、いかに衝撃的に思い出したか、が想像できる。

小学生時代のいじめっこ?からのメールだったらしく、
意を決して彼女と再会したリサさん。
An apology would have been nice, but more than anything else, learning that I wasn’t alone melted the knots in my stomach and I was released from her spell.
− 謝ってくれてもいいのに。でも、それより何より、
  (いじめられていたのが)私1人ではなかったと知ったことが、
  胃を締めつけていたものを溶かし、私は彼女の呪縛から解き放たれたのです。
would have been だから、結局謝罪は無かったのですね…。

胸の中のわだかまり(痛み)は knots か。

My stomach is in knots.
(胃がキリキリしてる。)
(10/01/18「ラジオ英会話」)


【SATC】
前回学習 despite the odds との再会。
ゲイだと思っていた友人が結婚すると聞いて、
裏があると思い込んでいたキャリーとその友達でしたが
SATC despite the odds.PNG
Perhaps somehow despite the odds, Bobby and bitsy had found something real.
皆の予想を裏切って、2人は本気だったのだ」
字幕は、前回エントリーの
despite all the odds … 大困難にもかかわらず
ではなく「予想を裏切って」になっていたけど、
もしかしたら、ダブルミーニングかもしれません。

やはり、習った表現が聞こえてくるとウレシイ


去年の今頃、「11月号 Our Magical World
People had their cheeks and foreheads pressed up against the windows peering up.
(みんな、ほおと額を窓にギュッと押し付けて、上の方を見ようとしていました。)
日食を見たさに、飛行機から雲の上がなんとか見えないか?と
四苦八苦している乗客の様子でした。
posted by ラジ子 at 10:55| Comment(0) | Our Magical World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: