2017年01月21日

come from money

【キャッスル】
例によって、ドラマで使われているのを聞いて
「あ、実際に使われてた!」と安心した表現。
(本当に失礼な学習者)

ある水泳選手が殺され、彼の面倒をみていたという
メダリストが事情聴取で言ったセリフ。
CASTLE take under one's wing.PNG
Most kids in this sport, they come from money.
Zack and me, we both grew up hard.
So I took him under my wing
.
「他の選手と違って俺らは貧しい家庭で育った
だから世話を」

殺されてしまった選手側からだと ↓ の英文になるわけですね。
He took me under his wing.
(彼には大変お世話になりました。)
(15/07/29「ラジオ英会話」)

で、このセリフの後、キャッスルが
Sounds like you were kind of a mentor to him.
師匠みたいだ」
と言うので、take someone under one’s wing する人には
精神的な指導者というニュアンスもあるんでしょうね。
I’m looking forward to finding a mentor who will take me under his or her wing.
(私の面倒をみてくれるメンターに出会うのが楽しみです。)
(12/05/17「実践ビジネス英語」)

あと、come from money で「金持ちの生まれである」
という意味があるそうですが、ダイレクト過ぎるので
casual 表現かな〜?

money つながり
Do they think I’m made of money?
(僕がお金でできていると思ってるのかね?)
(07/12/04「徹底トレーニング英会話」)
be made of money は「大金持ちである」


次は「おぉ、そういえば!」と思った表現。
監視カメラで撮影したビデオを見ていたところ、
被害者がATMカードを入れた後、そのカードが出てこなかった。
その理由について。
CASTLE ate it.PNG
He popped in his ATM card, but then after about a minute of inactivity it ate his card.
「1分間操作しなかったから 取引が中断されたんだ」

機械が「食べてしまう」という言い方。
以前、ジュースの自動販売機にお金を入れたのに、
商品もでてこなくてお金も戻ってこないような場合
It ate my coins.
のように言う、というビデオをコメント欄で紹介していただいて
「へー」と思ったことがありまして、そのおかげで聞き取れました。
今、どなたが教えてくださったのかわからないのですが、
その節はありがとうございました。


去年の今頃、1/13「実践ビジネス英語」
Z世代の人たちがオンラインで費やす時間が週に平均10時間。
That seems like a pretty conservative figure.
(それはかなり控えめな数字のように思えますね)
それっぽっちなわけないよー!
オンラインゲームあり、SNSあり、動画サイトありの世の中で、
私だって10時間じゃすまないですよ(汗)
ただし、オンラインゲームは一切やりません!
て、なんの自慢にもならないね
posted by ラジ子 at 13:12| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: