2017年03月10日

start off on the right foot

「実践ビジネス英会話」 2月号 Our Magical World より。

ANTHROPOMORPHIZING
↑ 擬人化、って意味なんだそうです。

リサさんは車で、
Every year we hauled a big live Christmas tree to the apartment, …
− 毎年、私たちは大きな生木のクリスマスツリーをマンションに
  運びました
haul には「強く引っ張る」以外に
重いものを運ぶ、という意味があるのですね。

この後、新車を買った話に移ります。


ONE OF A KIND
I’m the kind of person who cringes at the thought of stopping at a red light and seeing next to me a car that’s the exact same year, make, color and all, as mine.
− 赤信号で止まったときに、自分の車と同じ製造年で同じ型で同じ色で、
  そのほかすべてが同じ車が隣に並んでいるのを目にすると考えると、
  私は気まずくなるタイプの人間です。
いいタイミングで cringe の復習。
I cringe when I see people wearing hoodies, sweatpants and track shoes to work.
(私は、パーカーにスウェットパンツ、それにトラックシューズを
着用して出勤する人たちを見ると、うんざりします。)
cringe … うんさりする、嫌になる
(17/02/22「実践ビジネス英語」)

ディーラーの販売員は白か黒を買うようにリサさんにアドバイス。
・… because “for this car, resale value wise, any other color would be idiotic and your hard-earned money down the drain,”
− 「下取り価格の点では、この車の場合、
  ほかの色にするとばかばかしいですよ。一生懸命お仕事をして稼いだお金が
  無駄になってしまいますからね」という理由です。
お金の無駄は down the drain
That works out to about $2,000 a year down the drain for a family of four, …
(それは、4人家族の一家が年に約2,000ドルをどぶに捨てている計算になる…)
(15/10/21「実践ビジネス英語」)

届いた新車が自分にウィンクをしたように感じたリサさん。
We’re starting off on the right foot.
− 私たちは最初から気が合うのね。
get off on the right foot … うまく始める
(ジーニアス)
get のほか、start / set もOKだそうです。
正しい足で踏みだす、的な表現だったような…。
We want everyone to start the day off on the right foot.
(私たちは、皆さんにいい1日のスタートを切ってほしいのです。)
(13/12/27「実践ビジネス英語」)


【キャッスル】
聞きながら思わず「おっ!」と思った単語。
ベケット以前にも、小説のモデルにするために行動を共にしていた女性がいた。
CASTLE lend.PNG
I just hung out with her for a while to lend some authenticity to Clara Strike.
この lend って貸し借りとは関係ない意味でしたっけね〜。

Oddly enough, Brian and I find that our separation lends a certain, well, excitement to our lives.
(妙な話ですが、離れて暮らすようになってから、私たちの生活がある種、何といいますか、刺激的なものになったことに、ブライアンも私も気づいたのです。)
lend … 〈助力・特徴などを〉(〜に)与える、加える、添える
(10/05/21「実践ビジネス英語」)

実践ビジネスのおかげで、
「聞けばわかる」ようになった単語のひとつ。
ありがたや〜。


去年の今頃、「実践ビジネス英語」、「実践ビジネス英語
I imagine that will be true of most, if not all, of the other guests, too.
(想像するに、ほかの招待客も、全員ではないにしても、大半の人が初めてでしょうね。)
↑ 同性婚の結婚式に招待された梅村のセリフ。
posted by ラジ子 at 00:31| Comment(0) | Our Magical World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: