2017年03月23日

the better part of

3/15「実践ビジネス英語」

ATMAutomatic Teller Machine
acronym であることを知ったのは
2000年の「ラジオ英会話」。

ライオンズのお父さんが1か月分の給料全額を全部1ドル紙幣で
引き出した際に
It took the tellers at his bank the better part of 24 hours to organize that many ones.
− それだけ多くの1ドル紙幣をそろえるために、
  父の銀行の金銭出納係の人たちは1日の大半を費やしました。
the better part of … 〜の半分以上
(ジーニアス)
この bettergood(十分な)の比較級とのことで
Discretion is the better part of valor.
(用心は勇気の大半、君子危うきに近寄らず)
the better part of がこの意味だったのか、と
今、理解しました…。

そんなことをするライオンズのお父さんは
Obsessive? Yes, …
こだわりが強い、ですか。ええ、…
obsessive … こだわりが強い、執ような、執念がある
Some people have the opposite problem: obsessive decluttering.
(中には、正反対の問題を抱える人がいます。つまり、極端なまでに整理整頓することですね。)
(16/10/13「実践ビジネス英語」)

同意語は compulsive
A is a compulsive talker, and B can barely get a word in edgewise.
(Aはおしゃべりの止まらない人で、Bはほとんど言葉を差しはさめないほどである)
(09/08/17「ラジオ英会話」Try It in a New Situation より)
さらに強さが増すと neurotic なのでしょうか?

church tithe … 教会の維持のための収入の10分の1の献金
初見の単語。
tithe でブログ検索して引っかかった単語
Naomi is smart, athletic, fashionable, gorgeous, popular ― the antithesis of me.
(ナオミは勉強ができて、運動神経がよくて、おしゃれで、華やかで、人気者―私とは正反対です。)
(2014年7月号Our Magical World)
これも難しい単語…。

マクミラン家では
My mother and father kept my siblings and me blissfully ignorant of our family’s finances.
− 母も父も、私たちきょうだいが、家計のことについては
  何も知らずにのほほんとしていられるようにしていましたから。
blissfully ignorant of 〜 … 〜を何もしらずにのほほんとして
blissful ignorance → 知らぬが仏状態 (ジーニアス)
Ignorance is bliss. → 知らぬが仏
どうやら、bliss 系単語と ignorant 系単語の組み合わせは相性がいいらしい。


【キャッスル】
obsessive の類似語。
被害者の事件当時の様子を話す参考人。
CASTLE paranoid.PNG
I mean, she was acting paranoid, man, said somebody had followed her to the party.

思い込みの激しい様子を paranoid で表しています。
obsessive / neurotic / paranoid は意味が似ているけど、
使う場面とか、思い込みの強度によって変わってくるんだろうな...。
そもそも、強い意味を持つ単語だと思うので、
他人には使わない方がよさそう。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Our CEO will ink the deal this morning, …
(わが社のCEOがきょうの午前中に契約に署名して、…)
「ラジオ英会話」で clinch / seal the deal を学習したばかりですが、
こっちの方が契約書がらみの正式な感じがする。
posted by ラジ子 at 00:24| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: