2017年04月10日

whistle for

「ラジオ英会話」

新年度なので、心機一転、turn over a new leaf 的に
背景を変えようと試みましたが、なぜか変わらず…。

4/3放送分
仕事の忙しさに悩むアンナが to-do list を作れば?とボブに提案された後、
さらにくわしくアドバイスされます。
Cross out the things that aren’t urgent.
− すぐやらなくてもいいものを消して
cross out … (線を引いて)消す・削除する
08/03/26・27「英会話入門」でも何かを cross out をしていたようです。
cross off も同意、
outoff も「無くなる感」ある。

Then start with the most difficult task.
− いちばん難しい仕事から始めてみればいい。

飲み会定番表現:「とりあえずビール」も
We’ll start with beer.
↓ この本より
3段階の発想で英語が伝わる! 100のツボ -
3段階の発想で英語が伝わる! 100のツボ -

そうすると午前中いっぱいかかると言うアンナに
It’ll be worth it, Anna.
やってみて損はないよ、アンナ。
やる価値があるという自信。

結果は保証しないけど、やってみれば?だと
It doesn’t hurt to ask.
(聞くだけ聞いてみたら?)
もありました。
It can’t hurt to 〜.
でもいいみたいですが、ニュアンスに違いがあるのかも。

4/4放送分
野鳥撮影のため、口笛で
Can you call an owl for me?
− フクロウを呼んでくれる?
口笛で〜を呼び寄せる → whistle for
(テキスト)

It’s a wrap!
お疲れさま
wrap up から来ているんだろうな。


【キャッスル】
娘とおもちゃの銃で戦って、1000点達成して買ったキャッスル。
↓ は負けた娘のアレクシス。
CASTLE the icing on the cake.PNG
And that is the icing on the cake that has been my day.

That was the icing on the cake!
(それがなんといっても最高でした。)
(11/10/21「ラジオ英会話」)

画像検索結果を見るのも楽しい the icing on the cake


去年の今頃、「ラジオ英会話
It was an honest mistake.
(うっかりしていたんだ!)
うっかりミス、ブログ上で私も何度もやっちゃってます。
それなのに、文句も言わずに読んでくださる方がいるって、
なんだかうれしくて、ありがたい(涙)
posted by ラジ子 at 23:13| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: