2017年05月17日

garden-fresh

「ラジオ英会話」

眞子様、ご婚約おめでとうございます。(時事ネタ)

5/8放送分
裏庭に菜園を作る計画を立てるジョン。
I’ve been reading up on organic gardening.
− 僕はこのところ有機農法について調べているんだよ。

過去の read up on
I’m reading up on some classes that are offered here.
(ここで受けられるコースについて、すこし読んで調べているの。)
(09/09/15「ラジオ英会話」)
I’ve been reading up on cat behavior.
(私、このところ猫の行動について調べているの。)
(14/11/18「ラジオ英会話」)

「有機農法」を直訳すると organic farming だと思うのですが、
この場合は farming だと規模が大きくなりすぎるんでしょうね。

garden-fresh lettuce取れたてのレタス
1998年度「ラジオ英会話」で
Well, you must be eating jet-lagged vegetables in the city.
(あなたがたはきっと都会で時差ボケの野菜を食べているんでしょうね。)
jet-lagged … 時差ボケの(空輸されて鮮度の落ちた)
という単語をゲットしたけど、野菜といっしょに今でも使うんだろうか?
(なにしろ約20年前のダイアローグ...)

準備を進めている様子を知ったメアリー。
You’ve put some thought into this.
− もう考えていたのね。

動詞と thought の組み合わせ
I’m having second thoughts about this.
(私、これをすることに二の足を踏んでいるんです。)
(16/05/17放送分「ラジオ英会話」)
I hadn’t given it that much thought.
(そこまで考えていなかったわ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

5/9放送分
縦横30フィートの菜園を計画中のジョンにメアリーが
I hope you’re not biting off more than you can chew.
欲張り過ぎて無理をしていないといいけれど。
自分自身にも使える。
I guess I bit off more than I could chew.
(すこし無理をしすぎたようだ。)
(10/05/20「ラジオ英会話」)
↑ もジョン・ドウのセリフ、過去形なので bit か、ふむふむ。

やる気満々のジョン。
I figure it’ll be worth the effort.
努力に見合う価値があると思うんだ。
This was worth all the effort!
(これはがんばったかいがありました。)
(12/07/05「ラジオ英会話」)
ハワイに行って何かをがんばったときのセリフ。

worth 関連のおまけ
For what it’s worth, it’s easier to train a dog on a leash.
(役に立つかどうかわかりませんが、犬はひもをつけると訓練が楽ですよ。)
(09/10/21「ラジオ英会話」)


仕分けの結果、ほとんど削除したポッドキャストでしたが、
今、1つだけ登録しているポッドキャストで聞いた話。
アメリカ人がよく使う rain を含むイディオムとして
When it rains, it pours.
Can I take a rain check?
rain or shine
get rained out (rain out)
rainy day
などが紹介されていましたが
It’s raining cats and dogs.
は普段言わないとのことでした。
使うとしたらユーモラスに、とのこと。

そんな気がしてたー


去年の今頃、「実践ビジネス英語
This may be over-generalizing but they tend to have very solid, traditional values.
(こう言うと一般化しすぎているのかもしれませんが、彼らは、非常に強固で伝統的な価値観を持っている傾向があります。)
世代の違いのビニェット。
ベビーブーマーのことかな?
posted by ラジ子 at 10:21| Comment(4) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嫌なニュースが少なくない中で本当におめでたい話です。
元気で愛らしかった幼少期の映像がテレビで流れて、もうそんなお年頃なのかと感慨深いです。職場や自宅に押しかけられ会見をせざるを得なかったのだろうお相手が気の毒です。ご近所や職場へ神経も使うでしょうし、内親王をもらうのですものちょっとしたしぐさや失言が大きく取り上げられ問題にされかねないでしょうから。25歳の青年ということや今押しかけて何が言えるのかということをいい大人が配慮できないものなのかと思います。

oven-freshというのは聞いたことがありましたが、garden-freshも便えそうですよね。ハイフンつきの単語は日常会話では何かと便利。英辞郎をみたらfactory-fresh, ocean-freshなどがあり、これは使えそう!と嬉しくなりました。

rain cats and dogsはもうノンネイティブですが「こんなに古い表現も知っているのよ」とネタにするしかない感じが(^^;;) 大雨、どしゃぶりは名詞・動詞いろいろ他にいいようがありますもんね。昨日ちょうど雨の話になったのですがtorrential rainを使いました。come down in sheetsも好きなのですが思い出せませんでした(T△T) 
Posted by Lily at 2017年05月17日 13:53
【Lilyさん】
眞子様の婚約のニュース、いろいろ驚きました。
皇室の方の結婚相手が学生時代に茶髪の「海の王子」だったこと。黒田清子様のお相手と比べると、さすが平成のカップル!と思いました。あと、小室さんの25歳とは思えぬ、しっかりした対応ぶり。「海の王子」になった時にマナーのレッスンを受けたとのことですけど、なかなか立派でしたね。
ただ、Lilyさんがおっしゃるように、ゴシップを扱うみたいなスタンスでマスコミが彼を追い回すのはどうかな、と思いました。でも、しばらくは止められないでしょうね...。
電車で撮られていたデート写真は「リアルノッティングヒル!」って感じで、素敵でした。やっぱり幸せなニュースはいいですね!
Posted by ラジ子 at 2017年05月19日 12:34
いまテレビを見ていたらNHK講座でおなじみの投野先生が女優の手塚理美の初恋の人として登場していてビックリしました。

眞子さまのお相手は女性の友人が取材されて色々喋っていたので大丈夫かしらと前に結婚された内親王の時と違ってヒヤヒヤします。パラリーガルをしながら次のステップを目指して勉強中なんですね。いろいろ驚きです。離脱されることだしお幸せになって欲しいですね。

農作業に使う用具や耕耘機など忘れてしまいそうな単語がいろいろ出てきた遠山先生の講座ですが、コンパニオンプラントというのが和製英語に違いないと思っていたので放送を聞いて良かったと思います。放送自体聞き忘れてもテキストだけで何とかなる、けれど日常会話に役に立つ講座ですね。エンジョイシンプルイングリッシュは結局ストリーミングでさらっと聞いてたまにシャドーイングをして終わってしまいます。金の斧、銀の斧は色々なバージョンがあるんですね。私が子どもの頃に読んだのは女神ではなかったです。
Posted by Lily at 2017年05月24日 19:19
【Lilyさん】
なんですってーーー!投野先生が手塚理美の初恋のヒトーーーッ!?

ビックリしました。ふえー、すごいな、投野先生。鼻高々ですよね。ネットでニュースにもなってましたね(ググりました)。ちょっと投野先生の株が上がった感じ!

今年はとにかく、しゃべる、シャドーイングでも、ただテキストを読むだけでもいいから、とにかく英語を声に出すことを第一に練習しています。エンジョイ〜はストレスなく聞けてしゃべれて本当に気分のいい番組で、私に合っていました。過去の放送をまとめた本も試しに買ってみました。早く届かないかな〜?
とにかく2017年度はこの目標で続けてみて、たいした変化が起こらなかったらまた考えてみます。

金の斧、銀の斧って、そもそもタイトルが全然違うんだなーというのもある種の発見でした^^
Posted by ラジ子 at 2017年05月25日 14:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: