2017年05月28日

like a chess board

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」のうち、
日常会話に一番近いので、毎週月曜日の「私の街」がお気に入り。

今月も「京都」の話。
京都の街は、よく「碁盤の目」に例えられるのですが、ここでは
The streets in Kyoto are like a shogi board.
のように将棋盤に例えられていました。
外国人に説明するなら like a chess board でもいいのかも。

実際に将棋盤のような通りを説明する英文 ↓
The ones that run from east to west are usually called Ichijo, Nijo, Sanjo … and so on.
ここの run になるほど。

The road runs along the coast.
(道路は海岸に沿って延びている)
(ジーニアス)

一条が北の端、と言う場合、northernmost(最北端の)
っていう単語あったなーということで使いたくなりそうだけど
(もちろん使ってもいいけど)
番組内では
Ichijo is at the end of the city.
というシンプルな言い方で表現していました。

ちょっと難しい単語を「中途半端に(←タチが悪い)」知っていたりすると、
そこに引きずられて会話が止まる可能性もあるかもしれない…。


「ボキャブライダー」の4択クイズは、スマホでちょいちょいっと
挑戦できるので、スキマ時間にぴったり。
意外と、こういう前置詞問題が難しかったりする…。
ボキャブライダークイズ.jpg
明日、アプリからも聞けるようになる3週目の放送分が楽しみです。


去年の今頃、5/19「実践ビジネス英語」
The members of different generations have to cut each other some slack, ...
(異なる世代の人たちはお互いに理解を示す必要があるのです。)
ドラマなんかだと
cut someone some slack … (人に)息抜きさせてやる、(人に)手加減する
という意味で聞く方が多いかも。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: