2017年05月31日

seedling

「ラジオ英会話」

種をまいたら、今度は害虫駆除。

5/22放送分
We can enjoy homegrown lettuce this summer.
− 今年の夏はうちで作ったレタスを楽しむことができるぞ。
5/8放送の
garden-fresh lettuce取れたてのレタス
とニュアンス的に近い。

なんとか-grown つながり
Generally speaking, full-grown African elephants are larger.
(大人のアフリカ象は通常もっと大きいんです。)
full-grown … 大人の
(07/03/28・29「英会話入門」)
full-grown には「成熟した」という意味もある、とメモしてありました。

ジーニアスには
a weed-grown garden (雑草の生い茂った庭)
という例が載っていました。
雑草の季節、いやだな…。

John, your seedlings don’t look healthy.
− ジョン、あなたの植えた、元気がなさそう。
seedling … 苗、苗木
↑ 初メモ。

I found the culprits. We have slugs!
犯人を見つけたぞ。ナメクジがいる!
犯人のいる英文 ↓
The culprit offered to wipe it off, trying to ingratiate himself.
(当の犯人が私の注意を引こうとして、それをふき取ってくれるのです。)
(06/01/30・31 「ビジネス英会話」)
アイスクリームでよごしておいてスリをするみたいな
海外での犯罪の手口を説明していたらしいです。
ingratiate … 取り入る、ご機嫌をとる(negativeに使われる)
という単語、これ以来、どこの語学講座でも聞いていないと思う。

slug で思い出すのはやっぱりコレ。
Sales have been sluggish overall, though they seem to be picking up somewhat in China.
(全体的に売り上げは不振ですが、いくぶん中国では好転しています。)
(08/11/28「実践ビジネス英語」)

5/23放送分
There’s a rabbit nibbling the broccoli!
− うさぎがブロッコリーをかじっている
「実ビジ」だと ↑ みたいな nibble は出てこない。
He had a few nibbles at first, but the recession has really put a damper on companies’ hiring activities.
(当初はいくつかがあったのですが、不況で企業が採用をすっかり手控えてしまったのです。)
nibble … (多少の)興味、(気のありそうな)反応、申し出
(10/05/26「実践ビジネス英語」)

I’ll have to put up a wire fence.
− ワイヤーフェンスを作らないと。
もっと大きなものにも使える。
In big cities there’s a budding trend to put up retirement housing where it can help renew rundown areas downtown.
(大都市では、高齢者住宅を中心街の荒廃した地区の再興に役立つような場所に建てる動きも出始めていますね。)
(06/10/30・31「ビジネス英会話」)

野うさぎ(jackrabbit)を飼いたいというリオに
He belongs in the wild.
− あれは野生であるべきなんだ。
belong in 〜 … (本来)〜であるべきである、〜に属するものである
↓ は belong to belong in との違いを知った時の英文。
But he doesn't belong in an action movie.
(でも、アクション映画にはふさわしくないわね。)
(09/05/20「英語5分間トレーニング」)
アクション映画に向いていないということ。


culprit の覚え方
私が食べようと思ってとっておいた
カールプリッツを食べた犯人(culprit)だれー?

相変わらず、雑な仕事ですが...(汗)

↑ のカールとプリッツをクリックすると、オフィシャルサイトにとびます。
なかなか創意工夫に富んでいて、面白いですね〜。

私が住んでいる地域ではカールの販売が中止になるようで、
ちょっと残念な気もするのですが、
最近は食べていなかったのでまあいいでしょう。
実は ↓ がものすごく好きで、家に常備してます。
越後製菓 かちわりの種 110g×6袋 -
越後製菓 かちわりの種 110g×6袋 -
なくなったら困るー。
あと、スーパーで買うより、アマゾンの方が高い...。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I’m prone to motion sickness.
(僕は乗り物に酔うたちなんだ。)
私もー。
posted by ラジ子 at 10:40| Comment(5) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
homegrownは最近では terroristとセットで耳にすることが多かったのですが、主婦の私にも身近なことで使えるのだと再確認しました。

ingratiate なんて実ビジに出てきましたっけ?(^^;;)
スペルが似た単語もいくつかあり、同じ意味ならネガティブかポジティブかは別としてbutter upとかドラマに時々出てくるcurry favor withなどでビジネス英語がいらない私には十分なので忘れそうです。
でもこの単語を使ったら教養があるように聞こえるかも。
そういえば英辞郎によるとapple-polishは古いみたいですね。日本で発売されるボキャビル本などには当たり前のように載っていた記憶があるので古いとは思いませんでした。いかにもこびへつらう感じで分かりやすいのに。

朝にテキストもろくに見ずに聞き流しているのでbelong to, belong inの違いをここで確認できてよかったです。ありがとうございます。put upについても普段はクリスマスツリーを飾ったよ〜って話す時に使っているのですが、大きな建物にも使えるわけですね。これは東京オリンピックの会場などでもOKでしょうか?

カールが買えなくなるのはこちらも同じです。
ダイエットに効果ありの食品もそうですが、こうなると買いだめに走る人がいるのですね。近所のスーパーでは棚から消えていました。歯の裏につくし喉が渇くのであまりたべてこなかったので個人的には影響がないですね。
湿度が高くなってきたので塩気の多いさっぱりした物食べたくなります。スナック菓子に走らずビタミンE摂取のためにナッツ類がいいだろうとアーモンド飲料を買ったりもしたのですが、表示を見ると余計なものが色々入っているのでシンプルに袋入りで食塩無添加のナッツミックスを食べるのが一番という結論に至りました。砂糖や甘味料など避けるのは難しいなと思いますし、本当に痩せない(T△T) 
Posted by Lily at 2017年05月31日 18:28
そういえばbrownnoseは綺麗な表現とは言えないと聞いたので他にないかとオンライン辞書で検索したらflatter, blandish, truckleなどの同義語に加えてkowtowという不思議な音の単語が入っていました。英辞郎で確認したら中国語から来ているらしく名詞もありました。かつて中国で行われていた膝をついて額を地面につけるおじぎの仕方だそうです。ご存知だったらごめんなさい。káutáuと発音するらしく、なんだかお笑いのcowcowみたいだわと思いました。
Posted by Lily at 2017年05月31日 18:44
belong in と言えば、涙なしでは聴くことができないEric Claptonの"Tears In Heaven"を思い出します。(ウルウル)
I must be strong
And carry on
'Cause I know I don't belong
Here in heaven

かちわりの種って、名前も見た目もすごくインパクトがありますね〜。ガリガリ言わせながら食べているのかな、なんて想像してしまいました。^^今度スーパーで見つけたら買ってみようかな。
Posted by 莉杏 at 2017年06月01日 21:08
すみませんkowtowのカウタウみたいな発音記号をタイプしようとしたら文字化けしちゃいました。

莉杏のコメントを読んで、そうだあの歌に出てきた!と思い出しました。意味を考えると納得です(T△T)莉杏 さん、ありがとうございました。
Posted by Lily at 2017年06月01日 21:27
【Lilyさん】
ingratiate の「ひとり使役」みたいな特徴が面白いと思って覚えたんですけど、その後どの講座にも全然出てこなくて、そのうちに自然に忘れてしまいました...。curry favor with はネイティブに「知らない」と言われた表現のひとつで、それ以降自分の(脳内)辞書から削除してしまいました。そういう単語多すぎですよね。イギリス英語だからかな?
put up の幅広さはすごいと思いますけど、大きな建物なら本来は build なんでしょうね(たぶん)。

カールはたしかに口の中に残るタイプのお菓子でしたね。似たようなお菓子がセブンイレブンにあるので(チーズリング)、食べたくなったらあれ買います( ̄▽ ̄;)

Lilyさんは健康に気をつけていらっしゃいますね。私って、なぜか体が丈夫で、今のところ食べるものにほとんど気を使っていないんです。野菜を意識的にとっているぐらいでしょうか。でも、今後のことを考えると、もうちょっと気をつけた方がいいだろうと自分でも思います。
健康でないと英語どころではなくなりますからね。
kowtow の件、お気づかいいただきありがとうございます^ ^


【莉杏さん】
何度も聞いていた曲なのに、まったく意味に気づいていませんでした。改めて聞いてみようかな。ありがとうございます。
で、Tears in Heaven を聞くと、Change the World もなんとなく聞きたくなります。
「かちわりの種」はおせんべいもおいしいんですけど(濃い味が好き)ピーナツもおいしくて、いっしょに食べると最高です。今までピーナツってあまり好きじゃなかったんですけど、これに入っているピーナツはおいしいな〜って思います。友人はお酒にも合うと言ってました。小袋に入っているのが食べ過ぎを防いでくれていいんですよ〜。
「かちわりの種」の話になると、つい力が入ってしまいます(笑)
Posted by ラジ子 at 2017年06月02日 11:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: