2017年06月05日

a hole in

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」から少し。

Monday 「私の街」
安倍晴明についての逸話。
One legend says that Abe no Seimei brought back his father to life on that bridge after he was killed.
You brought her precious baby back to life!
(彼女の大切な赤ちゃんを生き返らせたんだよ!)
bring (back) to life … 〈人を〉生き返らせる、〜を元気にさせる
(07/11/20「徹底トレーニング英会話」)

come (back) to life は自動詞で「生き返る、活気づく」
And then the engine starts quietly turning over, instead of coming to life with the kind of reassuring roar I’m used to.
(すると、おなじみのうなるような頼もしい音とともにエンジンが
かかるのではなく、エンジンが静かに回転し始めるのですから。)
(15/04/22「実践ビジネス英語」)

一条戻橋についての説明。
People say the bridge connects the land of the living to the land of the dead.
この世とあの世をつなぐ橋だそうですよ。
Welcome back to the land of the living.
(生きている人間の世界へお帰りなさい。)
(10/01/06「実践ビジネス英語」)
living dead だと「ゾンビ」。
oxymoron の一種かな。

登場人物の一人、Ryo が祈り始めた。
・…, Ryo starts to pray in front of a wooden door with a square hole in it.

基本的に穴の開いている場所は in 〜 で表す。
You have a hole in your shirt.
(シャツに穴が開いている)
(10/02/19「ラジオ英会話」)

The economic slump has blown a big hole in their retirement plans.
(不況のために、彼らの退職計画がめちゃめちゃになってしまったのです。)
blow a big hole in … 〜に損害を与える、〜を弱める
(11/03/04「実践ビジネス英語」)

It’s just a hole in the wall, ...
(ただの狭苦しいところですが、...)
hole in the wall … 狭苦しい・薄汚いところ
(12/06/13「ラジオ英会話」)

I give you an allowance and it burns a hole in your pocket.
(あなたにお小遣いを渡すと、すぐなくなっちゃうんだから。)
(08/03/07「徹底トレーニング英会話」)


火曜日の「親指姫(Thumbelina)」で聞き間違えた...。
In one of the rooms, she founds a シックス ワロウ who could not fly.
シックス ワロウ? six ワロウ?

wallow って単語があったはずだけど…と調べたら ↓ でした。
And I always tell people to learn from their mistakes, instead of wallowing in guilt.
(それと私は、自責の念に駆られてくよくよするのではなく、自分の失敗から学びなさい、と常に人に言っています。)
(16/02/25「実践ビジネス英語」)

動詞だし、a はついてるし...。
テキスト買ってあってよかった!
正解は

a sick swallow でしたー。

トホ


去年の今頃、5/27「実践ビジネス英語」「実ビジ」 5月号 Our Magical World より。
I think most people would rather err on the side of caution and wear a helmet.
(たいていの人たちは、慎重を期してヘルメットをかぶるほうがいいと考えているのだと思います。)
ロボコーパス君に err on the side of
の次に来る単語のランキングを調べてもらいたい。
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: