2017年06月11日

chase rainbow

「ラジオ英会話」

Rainbow についての話。

5/30放送分 English Conversation Literacy

There’s a pot of gold at the end of a rainbow.
− 虹の根元には黄金の壺がある。
という迷信がある。
ジーニアスによれば、「求めても得られない夢のたとえ」とのこと。

ゆえに
He’s always chasing rainbows.
− あの人はいつも夢のようなことばかり考えている

虹の七色の覚え方も紹介されていました。
Richard of York gave battle in vain.
は長いので
Roy G. Biv
の方が好み。
かなり昔の「基礎英語3」、手島良(てしままこと)先生の講座で
この覚え方は習った記憶があります。
手島先生の講座、好きでした。

語呂合わせは mnemonic という。
Do you know the Japanese mnemonic Ika no Osushi?
(日本語の語呂合わせ「イカのおすし」を知っていますか?)
(「実践ビジネス英語」 16年5月号 Our Magical World)
↑ の「イカのおすし」は防犯の mnemonic


【フレンズ】
日常会話を学習するならやっぱフレンズでしょう〜、
ということで、時々見ています。
そしたら、聞こえてきました、伝説のダジャレのあれ!

知ったら最後、何も秘密にしておけないモニカが
フィービーにあることをほのめかすシーンにて。
ハッキリは言えないけど、
感動的なことよ。」
It's a humdinger.

キターーーーーー!

humdinger … すばらしいもの
(08/02/4・5「ビジネス英会話」)

1回しかブログにも書いていないんですけど、
ハムでんがな 
というダジャレのインパクトのおかげで覚えられた単語です

去年、フレンズのディレクターのお祝いで、再集結したんですね。
知らなかったー。


映画もあるらしい?


ちょっとビミョーかも…。


去年の今頃、6/2「実践ビジネス英語」
It gives all cyclists a bad name.
(そのせいで、自転車に乗る人みんなのイメージが悪くなります。)
givea bad name … 〜を悪者にする、〜の評判を落とす
一部のマナー違反者のせいで、ひとくくりで悪者にされてしまう場合。
ロックフェスなんかで暴れる人が少数いると、
ロックファン全員がマナーの悪い人と思われてしまう、
みたいな場合にも使えそう。
posted by ラジ子 at 11:10| Comment(6) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Roy G. Bivのほうが私も好きです。番組で紹介されたのは長すぎて覚える気になれません。昔だったら嬉々として覚えたんだろうな〜と自分の意欲低下を実感しています。

humdinger まったく記憶になく(^^;;)
ハムでんがなという素晴らしいダジャレの力を借りて覚えられればいいな〜。

フレンズの動画ですが、おそらく映画化はされていないと思います。動画を見てみましたが、中にジミーキンメルという人気トークショーのホストが映っていました。あれは彼がフレンズのキャストを読んで彼が企画・脚本などを書いて番組内で披露したものと思われます。チャンドラーとレイチェルがドアの前で話をしていてモニカが中から出てくるシーンがありますが、あれは同じくトーク番組MCのエレン・デジェネレスが企画して作ったものだと思います
https://www.youtube.com/watch?v=YWJ1QByo5OQ
エレンとジェニファーアニストン(レイチェル)が仲良しらしく、彼女の番組にもよくゲストで出ている縁もあるのかな?そういうものをミックスして動画にして誰かがあげたのかなと私は憶測しています。
ただ私は関係者じゃないので(笑)もしも映画の企画が進行しているんだとしたらごめんなさい!!毎年映画化というニュースは読むので誰かがGOサインを出せば実現するのかもしれません(あるいはしつつあるのかも)
インタビューされるたびにフレンズのことを聞かれて大変だなと思います。それだけ人気だったのとドラマほどの活躍を彼らがしていないせいもあるのでしょう。
ラジ子さんがおっしゃるとおり、ちょっとビミョー(^^;;) いろんな意味で。ジェニファーアニストンが「いまドラマをやるとしたら時代が変わっているから「あのカフェでみんなスマホの多面を見ているんでしょうね」とジョークを飛ばしていました。確かに。
Posted by Lily at 2017年06月11日 15:04
フレンズの同窓会、それぞれ年をとったのは当然なんですが、ジョーイの声が全然違うのでびっくりしました。声も年を取るってことでしょうか。私は自分の声が変わってほしいけど、、、
Posted by ばっちもんがら at 2017年06月12日 14:34
多面→画面ですね
Posted by Lily at 2017年06月12日 22:51
【Lilyさん】
humdinger って、そんなに使用頻度の高い単語じゃないかもしれないので、覚えなくても問題なさそうですよ!

あと、フレンズのトレーラー、きちんと調べずにアップしてしまい、すみませんでした。途中で、フィービー役のリサ・クドローの「ウェブ・セラピー」らしき画面が写っていたりして、あれ?と思ったもののきちんと調べずにアップしてしまいました。これ、有名人のブログだったら一斉攻撃されてますよね...。
(ブルゾンちえみ風に)あー、無名のブログでよかった!
今後、気をつけますね。ありがとうございます。


【ばっちもんがらさん】
フレンズ同窓会、ロス役のデヴィッド・シュワイマーはあまり変化がなかったかな〜。たしかにジョーイの声がずいぶん低くなって、体系も含めておじさん化がしっかり進行していますね。女性陣では、コートニー・コックスのお直しっぷりに、ちょっと残念な気がしました。リサ・クドローが自然に年齢を重ねている雰囲気で、好感がもてました。
私はもともと声が低い方なんですけど、やっぱり年とともにさらに低くなっている気がします。声が若いって得ですよ!いいな〜。
Posted by ラジ子 at 2017年06月14日 11:21
いえいえ、こちらこそ動画見てもちゃんと聞き取れるほどの力もなく100%確証がないのにコメントしてごめんなさいね。ウェブセラピーも入ってましたね。日本ではウケない類の番組なのかほとんど話題にもならず。DVDになることもないのでしょうね。改めて動画を見てみんな50歳前後でしょうから、今さらスペシャルや映画をやってあのカフェに集まる中年をやるのもどうかと思いました。コートニーの顔は当時一番好きだったのに。もうやらないって言ったと聞いたのに変化しつづけていて残念です。
それに比べて先日来日したダイアン・レインは潔くて改めて凄いなと思いました。

最新の記事のborneの発音とboneの発音が同じく「ボーン」と伸ばすものだと思い込んでいた私。この年になって後者が二重母音だと知りました(^^;;)
ジェイソンの苗字もあの綴りだと知ったのは最近です。
日本人の苗字もかなり面白いものがたくさんありますが、英語圏だといろんな国が入ってくるから別な面白さがありますよね。予告を見たらジェイソンは「ボォ〜ァン」という感じで私の低下してきた聴力でもかすかにRの音が聞こえました。
Posted by Lily at 2017年06月14日 12:53
【Lilyさん】
ウェブ・セラピーって以前はHuluで視聴できていたんですが、今はリストからはずれてしまいました。もしかしたら、視聴者が少なかったのかな...。私も、個人的にはあまり好きになれませんでした。Huluも入れ替えがあるので、気に入ったシリーズは早めに見ておかないと。とはいえ、最近はもっぱら繰り返し「フレンズ」ばっかり見てますけどね。
前にも書きましたが、若いころに美しかった人は、特に美貌が衰えていくことに耐えられないんだろうな、と思います。美しくなくても、老いを受け入れるのは楽しいことではないですけど。
年を取ってからは、シワよりシミより、ヒザが痛くないことが「勝ち」だと思うので、もう顔はどうでもいいや(笑)

二重母音とか、意識しないとうまく発音できないし、聞こえませんよねー。私もがんばろっと。

コメント、ありがとうございま〜す。
Posted by ラジ子 at 2017年06月16日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: