2017年07月21日

get in the way

「ラジオ英会話」

なぜか今日も長め。

7/12放送分
シャーリーのフラダンスレッスンに誘われたハーヴィー。
I’d just get in the way.
− 皆さんの邪魔になるだけです。
get in the way … 邪魔になる
たぶん、↓ が反対の意味
As an incurable precrastinator, I always try to get things out of the way ASAP.
(救いがたいプリクラスティネーターとして、私はいつも、
できるだけ早く物事を片づけようとするのです。)
get things out of the way … 〜を片づける
(16/11/17「実践ビジネス英語」)

邪魔にならないから、どうぞと誘われて
Alright if you twist my arm.
− 分かりました……どうしてもということなら
定番は
If you insist.
だと思う。
7/10(月)の「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」では
お好み焼きをヘラで食べるように勧められた人が
OKIf you say so, Nakayama-san.
と返事をしていました。

Follow my lead.
− 私のリードに従って。
バリエーション
I’m sure our American cousins will see the light soon enough and follow the lead of other countries.
(きっと、私たちのいとこのようなアメリカ人はそのことをすぐに
理解して、ほかの国々にならうようになると思いますよ。)
follow the lead of … 〜の例にならう
(16/11/10「実践ビジネス英語」)

7/13放送分
観光ショーのボランティアでダンス披露したハーヴィー。
Give this gentleman a big hand!
− こちらの男性に大きな拍手を
↓ も両手でなく a hand
I also like that being an ecotourist means you can lend a helping hand to boost the local economy.
(私はまた、エコツーリストであれば地元の経済を押し上げる力になれる
という点が気に入っています。)
(15/07/08「実践ビジネス英語」)

いつからサーファーになったのかとMCに質問されて
Yesas of this morning.
− はい、今朝から
as of 〜 … 〜(という日時)から
since のような意味。
最近はこの「〜以降」でよく聞く気がする。

↓ は「〜(という日時)の時点で」
India’s literacy rate was 74 percent as of last year ...
(昨年度現在、インドの識字率は74%で、...)
  ↑ 改めて読むと、「昨年度現在」って言葉がなんかヘンな気がする
(11/09/20「ラジオ英会話」)
As of now, what’s our current status?
(現時点での我々の状況は?)
(09/09/28「入門ビジネス英語」)


初めて ↓ この表現を習ったときの「?」感が忘れられない。
She’s just as good as a male trainer, if not better.
(男性のトレーナーに全くひけを取らないし、ひょっとすると男性以上かもしれないね。)
(1999年「ラジオ英会話」)
和訳が「ひょっとすると男性以上」なのに not better って、
何か整合性がとれていない感じ…。

でも、いくつか用例に出会ったり、コメント欄で
教えていただいたりしているうちに、なんとなく入ってきました。
I imagine that will be true of most, if not all, of the other guests, too.
(想像するに、ほかの招待客も、全員ではないにしても
大半の人が初めてでしょうね。)
(16/03/03「実践ビジネス英語」)
if not 〜は、可能性の中の最大値のイメージ。

で、英語本を読んでいた時に if not のいい例があったのでメモ。

きまぐれロボット―The capricious robot 【講談社英語文庫】 -
きまぐれロボット―The capricious robot 【講談社英語文庫】 -

While he was out, there was a strong earthquake. If he had stayed in the house he would have been buried under falling rubble, and, if not killed, then seriously injured.
英語の本なので和訳は載っていないのですが
以下のような和訳になる可能性あり。

「出かけている間に大きな地震があった。
もし家にいたら瓦礫の下敷きになって」
A死ぬことはなかったとしても、重傷を負っていたかもしれない。
B:重傷を負っていたかもしれないし、ひょっとすると死んでいたかも
最初に習った時の和訳が B パターンだったのでわかりにくかったのですな。
最初に A パターンの和訳に出会っていたら、
すんなり理解できていたのかも...。

念のため、翻訳前の原文を確認したところ、
死なないまでも、大けがをしたにちがいない」
でした。


去年の今頃、7/14「実践ビジネス英語」
We use online reviews to bridge the gap between online and offline.
(オンラインオフラインとの間のギャップを埋めるために、
わが社がオンラインレビューを活用しているからです。)
bridgefill the gap の2種類使えるようにしておきたい。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: