2017年08月11日

Have it your way!

「ラジオ英会話」

海外在住(U.S.)の友人が早く遊びに来るようにと誘ってくれているのですが、
諸事情により、なかなか願いかなわず...。(いつも、こればっかり)
いつか渡米するその日のために細々と英語学習を続けるぜぃ。

8/2放送分
謎の父親そっくりさんを見つけたペニーがネットで家系調査中、
夫のアルが質問。
Did you find any skeletons in the closet?
忌まわしい秘密でもあったかな?
↓ 単数形
Is it about a skeleton in the closet?
(一家の忌まわしい秘密という話かい?)
(13/04/02「ラジオ英会話」)

come out of the closet だと
「秘密を公にする、同性愛者であることを公言する」

He’s Dad’s long-lost brother, who suddenly moved away in his 20s.
− 彼は長らく音信普通のパパの兄弟で、20代で突然家を出て行ったの。
SNS の「あるある」
It’s amazing how many long-lost pals seem to come out of the cyber-woodwork when you join an SNS.
(SNSに加入すると、ずっと音信不通だった友人が何人も何人も
インターネットから思いがけず現れてくる、というのは驚きですね。)
(10/06/24「実践ビジネス英語」)

戻ってきた兄弟の話をパパにした場合どうなるか?
That might be opening a can of worms.
− そうすると面倒なことになるかもしれないよ。
辞書にも主語が人間以外の英文が多めでした。

人間が主語の英文も、もちろんある。
Looks like I’ve opened up a real can of worms here.
(ここで私はやっかいな問題を持ち出してしまったようですね。)
(15/04/30「実践ビジネス英語」)
↑ ミレニアム世代のビニェットだったようです。

類似表現
You’re asking for trouble.
(面倒なことになるぞ。)
(10/04/18「英語5分間トレーニング」)

8/3放送分
そろそろ帰ろうというジョージ(パパ)。
I don’t want to overstay my welcome.
好意に甘えて長居をしたくない。
I hope I didn’t overstay my welcome.
(すっかり長居をしてしまった。)
(15/02/19「ラジオ英会話」)

大杉正明の Cross-Cultural Seminar」(Olympus提供)
で学習した同意表現が
wear out one’s welcome … 長居していやがられる
番組内で紹介した例文
Things were fine the first few days, but he is beginning to wear out his welcome.
(最初の2,3日はよかったのですが、彼はだんだん嫌がられ始めている)

ヘンリーおじさんを招待したいと提案したけれど、大反対されて
怒ったペニーはこう言って部屋を飛び出した(storm out)
Fine! Have it your way!
− いいですとも!好きにすればいいわ
「好きにしなさい、勝手にしなさい」表現で思い出すのが
Suit yourself!


wear out one’s welcome を検索した時に
大杉正明の Cross-Cultural Seminar」のサイトにとんでビックリ!
番組が終了したことは知っていたのですが、
音声データはまだ聞けるんです、しかも全部!
まだ Podcast 登録ができることも判明いたしました。
このクオリティで無料とはすごいなー。
大杉先生のダンディな語り口、やっぱりステキ!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
One post especially caught my eye the other day.
(先日、ある投稿が特に目を引きました。)
人と人だと「視線が合う」
I caught his eye and started gesticulating as if I were conducting the symphony.
(彼と視線を合わせて、その交響曲を指揮をしているような身振りを始めたのです。)
(11/08/25「実践ビジネス英語」)
posted by ラジ子 at 00:14| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外に訪ねておいでと言ってくれる友人がいるだけで英語学習を続けるモチベーションになっていいですね。
落ち着いてからと思っていた様々なことがこの年になるとまた別の理由で出来ない状況なので、責任やしがみの少なかった独身時代にハチャメチャやっておけば良かったなと
今になって思います。持った性格というのもあるのかな。
近い将来そのお友達に会いに行ってリアルイングリッシュを駆使することが出来ますように!

大杉先生の番組、ポッドキャストを探していると毎回ヒットするんです。日本語に限らずポッドキャストも長く続けるのは大変なのでしょうね、いいなと思って日付を見るとかなり前のもので更新が止まっているものも多くて。
私はスーザンさんのお顔と優しい声が好きだったので、今はどうしておられるのか気になっています。日本にいらっしゃるのかしら。このポッドキャストは聞いたものも多いはずですが、とっくに忘れているので再び聞くのも悪くないですね。取り上げてくださってありがとうございます。English Aya Podというのもネイティブが日本の文化を含めておしゃべりしているのでいいですよ(ご存じかもしれませんね)
Posted by Lily at 2017年08月11日 21:17
【Lilyさん】
早くおいでと言ってくれている友人の家に、私たちの共通の友人が2人で来月訪ねて行って、ステイさせてもらううえに観光案内をしてもらうんです。うらやましい!
その2人は英語はまったく興味がないので、純粋に観光なんですけど、私が行ったら街に1人で出て、現地の人となるべく話すようなプランにすると言ってくれています。(比較的治安のいい街なので) なんか、サイコ―な旅になりそうじゃありませんか?そんなわけで、まだまだ修行を続けなくてはいけません(笑)
最近はNHK語学講座がガッチリとメインになっているので、やっぱりポッドキャストまで手がまわらない状況です。今回、懐かしくなって大杉先生の番組を少し聞いてみたら、やっぱりいいですね〜。大杉先生もスーザンさんも、声がいい!なんとなくシャレてる!スマートな感じがとってもいいなと思いました。
English Aya Pod、知りませんでした。聞いてみますね、ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2017年08月12日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: