2017年08月19日

up and

「ラジオ英会話」

tension / attention / intention という
3兄弟のような単語が使われていた2日間。

8/9放送分
ヘンリーとジョージは常に competitive であった。
That’s typical sibling rivalry.
− それは典型的な兄弟間のライバル意識ですね。
兄弟姉妹間のライバル意識なので、どの組み合わせでも可なんですね。
positiverivalry
It’s a friendly sort of rivalry.
(お互いに励ましあって競争してるってことなんだよね。)
(11/10/18「英語5分間トレーニング」)

Tensions ran high between us.
− 私たちの間には緊張が高まっていました

いろんな tension
…, there can be a lot of tension among family members as a result.
(家族の関係がかなりぎくしゃくする場合があるそうです。)
(15/09/04「実践ビジネス英語」)
Two of the guilty parties just got promoted, which has led to tension and bad vibes in the office.
(ネットサーフィンをしているその社員たちのうちの2人が昇進した
ばかりだったので、職場はぎくしゃくして、雰囲気が悪くなったとのこと。)
(16/08/03「実践ビジネス英語」)
Jaws dropped all around the room, and you could have cut the tension with a knife.
(会場中の人があっけにとられ、重苦しいムードでしたよ。)
                 ↑ ナイフで切れるほどの tension
(12/11/22「実践ビジネス英語」)

tension をやわらげたい場合は reduce / ease / defuse / relieve など。

You were both vying for your parents’ attention.
− 二人とも、両親の注意引こうと競い合っていたのね。
... as an ever-growing number of students vied for spots in a limited number of prestigious institutions.
(数が限られた一流大学への入学を競う学生が増え続けたため...)
(08/02/18・19「英会話上級」)
ジーニアスによると compete の方が普通だそうです。

8/10放送分
最初にヘンリーとつきあっていた女性、恋におちて結婚したジョージ。
We fell for each other the moment our eyes met.
− 二人は目が合ったとたんにお互いを好きになってしまったんだ。
meeteye を含むイディオム
There’s a lot more tothan just meets the eye.
(はたで見るよりももっとには意味がある)
「〜 には見た目以上のものがある」という意味。
(09/01/05「入門ビジネス英語」)

すぐに好きになる表現
They took to each other instantly.
(彼らはすぐにお互いを好きになった。)
(12/01/29「英語5分間トレーニング」)
They instantly click.
(2人はすぐに意気投合する。)
(12/04/05「ラジオ英会話」)
初めて習った講座を思い出せないのですが
They hit it off.
も「すぐに仲良くなる、意気投合する」
fall for each other が恋愛感、一番強めなんだろうと思います。(たぶん)

で、ヘンリーはと言えば
He up and left for the East Coast.
突然イーストコーストへ行ってしまったんだ。
up and 〜 → 突然〜する のパターン。(テキスト)
up は自動詞、過去形だと upped and の場合もある。(ジーニアス)
She upped and married him.
(彼女は彼と電撃結婚をした)(ジーニアス)

それでどうなったのー?とものすごく気になるけど、
アプリ的には、1週間お休み期間にぶつかるため、しばしのおあずけ…。


先日、語学アプリでボキャブライダーのクイズに挑戦していたところ
これってこういう意味だったのね、と思った問題に遭遇。
total recall.jpg
total recall 「細部まですべて記憶し思い出せる、完全記憶能力」

同名の映画があったのに、意味なんかまったく気にせずスルーしていた。

もう27年前の映画なのか…。
ふー。


去年の今頃、8/11「実践ビジネス英語」
Technology enables businesses to market their wares from Toronto to Timbuktu.
(テクノロジーのおかげで、企業は世界の隅々まで商品を
売り込むことができます。)
この地名の入った表現、カナダ人なら使うんですかね…、
I’m pretty skeptical.
posted by ラジ子 at 11:49| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: