2017年09月06日

support life

8/28「ラジオ英会話」

Old News Is New Again

地球に似た7惑星 40光年先で発見
The team found that seven planets orbiting a star named TRAPPIST-1 are similar to Earth in size and mass.
− この研究チームは、トラピスト1と呼ばれる星の周りを、大きさと
  質量において地球と似た惑星が7つ周っていることを発見しました。
以前、「死亡記事」の obituary の短縮形 obit
orbit と聞き間違えて混乱した経験あり。
ニュース後半にでてくる revolve も同意語。

mass … 質量
形容詞
Immigrant families are leaving in droves because of mass evictions and skyrocketing rents.
(移民としてやって来た家族は、大規模な強制立ち退きと急騰する家賃が原因で、
大挙してチャイナタウンを後にしているのです。)
(14/08/28「実践ビジネス英語」)

「質量」という意味ではあまりなじみがない単語だなーと思ったのですが、
BMI(body mass index)もコレでした。
  ↑ BMI が計算できるサイト

地球に似た星に関して水や大気の存在を調べて
・… to determine whether they can support life.
− それらが生命を育むことができるのかどうかを見極める…
プログレッシブだと support life で「生命を維持する」。
↓ の support は資金的な支援でしょうか?
Major reasons include crushing debt burdens, lack of family support, and difficulties in maintaining a balance between academic life and work.
(主な理由はたとえば、多額の債務負担、家族の支援の欠如、
学業と仕事を両立し続けるうえでのさまざまな困難です。)
大学を途中でやめる人の理由。
(15/06/05「実践ビジネス英語」)

support oneself だと「自活する」

日本の外国人労働者 100万人を超える
A survey by the labor ministry shows that as of October, 2016, …
− (厚生)労働省の調査によると、2016年10月現在、…
もうひとつの as of
Yesas of this morning.
(はい、今朝から。)
as of… 〜(という日時)から
(17/07/13「ラジオ英会話」)

・…, the number of foreigners working for Japanese companies within Japan topped one million for the first time.
− 日本国内の日本の企業で働く外国人の数が、初めて100万人を
  超えたことが分かりました。
top … 〜を超える
1位を「超える」という意味もあったのですね。
excel とか surpass と同意。

↓ は1位のポジションにいること。
雑談といえば
The weather probably tops the list.
(天気が、おそらくその代表でしょう。)
(13/04/10「実践ビジネス英語」)
日本人の平均寿命は
..., and also topped world life span rates by gender.
(また男女別でも、いずれも世界一でした。)
(06/08/14・15「英会話上級」)


【メンタリスト】
相互リンクさせていただいているばっちもんがらさんとは、
映画や海外ドラマ好きという共通点もあり、彼女のブログからも
たくさん学ばせていただいております。
先日も、ばっちもんがらさんのブログ
Don't mind if I do.
を復習したあと、同じセリフを「メンタリスト」に発見!

市場でピーナッツバターを勧められたパトリック。
Would you care to try some freshly ground peanut butter?
(作りたてのピーナツバターを)
Don’t mind if I do.
(じゃ、遠慮なく)
何かをすすめられて、その申し出を受ける時に使われているようです。

学習仲間って、ありがたいな〜。
いつも、ありがとうございます!


去年の今頃、9/1「実践ビジネス英語」
Emailing back and forth can eat up big chunks of your day.
(メールのやり取りが、1日の勤務時間のかなり多くの部分を
奪ってしまう
可能性があるからです。)
個人的には、メールで何かをやりとりすることが減ってきて、
SNS のメッセージ機能を多用しています。

去年のブログを読んで、Inaさんちにおじゃまさせていただいたことも思い出しました。

あー、ブログやってて、よかったー
posted by ラジ子 at 12:22| Comment(12) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジェーンが仲間に欲しかったものを贈るエピソードですよね。特に最後にキムがもらったものがびっくり!でしたよね。
この話面白くて2、3回見てるんですが、Don't mind if I do、言ってたんですね。

今また見直しちゃいました。言ってる!
Posted by ばっちもんがら at 2017年09月07日 20:37
印象に残っている話なのにフレーズの記憶が(いつものことながら)ついでにこのシーズンからメモしていたはずの単語帳代わりのドラマ用のルーズリーフバインダーが見当たらず。英語以前の問題にちょこちょこ悩まされます。私もまたこのエピソード見てみます。ジェーンたちに会えなくなって寂しいです
Posted by Lily at 2017年09月08日 00:06
【ばっちもんがらさん】
ばっちもんがらさんのブログを読んだすぐ後だったので、びっくりしちゃいました。つながってる〜。そして、すぐに確認できるのもHuluのいいところですね、イェーイ!
ヒントはほんの少しだったのに、どのエピソードかわかってしまうばっちもんがらさん、そこもスゴイ!と思います。キムの意外なかわいらしい一面が見えましたよね。


【Lilyさん】
Lilyさんもけっこう熱心に見ているんですね、「メンタリスト」。いろんな既習表現が聞こえてきて、勉強にもなるなーって思います。
やっと最終シーズンに入りました。大事に見ようと思います。最終回、どんな気持ちになるのか楽しみです。
Posted by ラジ子 at 2017年09月09日 11:46
キャッスル同様、事件そのものは目をそらしたくなるシーンもあって私は苦手なのですが、ジェーンをはじめとしたキャラクターがチャーミングなので好きです。ひいきのチョウが最終シーズンではいい味出しています。

ラジ子さんは最新記事でとりあげているテキスト巻末もそうですが、遠山先生のスペシャルウィークもきちんと聞いていますよね。私はやっぱり聞かないで終わることが多くて。苦手分野が多すぎるのかな(-"-;A 宇宙科学みたいなのもダメで。話題の太陽フレアとか用語だけは覚えようとは思っています。10月からのラジオ3か月英会話は洋楽の英文法らしいので、遠山先生の番組より新しめの曲が取り上げられることを期待しつつ聞こうと思います。
Posted by Lily at 2017年09月09日 13:30
【Lilyさん】
クライムシーン、気持ち悪いものもあるし、暗くてなんだかよく見えないものもあるけど、そういう気持ちのあまりよくないシーンもジェーンの軽さで相殺される感じがしますよね。私もチョウのファンです、あの二の腕、たまりません(筋肉好き)

スペシャルウィーク、あんまりちゃんと聞いてません。(ハッキリ言っちゃった!)ただ、実ビジを聞かないので単語拾いのために Old News なんかは聞くようにしています。
好みで言うと、「レッツ・エンジョイ〜」の金曜日、明智小五郎シリーズはなぜかあまりキチンと聞いたり読もうという気になりません。英語学習の時までハラハラしたくないからなのかな?
3か月英会話、変わった切り口ですね。聞き流してみようかな〜。情報、ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2017年09月10日 00:45
英語を使うということが日常生活でほとんどないので、覚えても忘れるものの方が圧倒的に多く、最近はゆるくやっているので「いつか再会して分かればいいかな」と気持ちが強くなっていました。

この記事に登場し、ばっちもんがらさんのブログにも登場したDon't mind if I doなどネイティブとの個人的な付き合いもなくなり使うことなどないと思っていましたが、レッスンがらみで使うこととなりました。予約していたのに先生が急に大事な用でその時間はダメになり、代わりに提案された日が日曜だったので無理だとキャンセルしたら、クーポンをくれたんです。事情が事情だったし「別に良かったのに」と一言メッセージで伝えた上ででDon't mind if I doと添えてみました。でも自信がなくて「こんな時に使っていいのかな?」と聞いたら
yes that's exactly how we use the expression - it made me smile. と返ってきたので大丈夫だったようです。

どこで使うかわからないので、詰め込んでもこぼれる確率が高いながらも覚えておいて損はないんだなと感じました。こちらのブログのおかげです!来年になったらこれも忘れているかもしれないけれど(^^;;)
Posted by Lily at 2017年09月16日 01:25
【Lilyさん】
うわー、Lilyさんのお話うれしいです。英語仲間のささやかなやりとりがお役に立てるなんて、励みになります。ありがとうございます。

やっぱり定期的にネイティブにレッスンを受けるのって、刺激になっていいですね。オンラインの英会話レッスンのサイトを見ては「いいかも」と考えながら、結局「やっぱりやめよ」の連続です。

私の場合も、落ちては拾って入れるの繰り返し人生です。最近はざるの目もどんどん大きくなって困ります...。
Posted by ラジ子 at 2017年09月17日 13:09
ラジ子さんは職場でALTと話す機会があるでしょうから(^^)/私は体調が悪かったり普段から家にこもりがちなので、毎週は金銭的に無理でも月に1、2回でもレッスンを取ることで脳の活性化につながるし、気持ちをアップさせることにもなります。ただ色んな意味であと数年かなと思いますけれど。むかし英会話スクールに行ったときも感じましたがビギナーは別かもしれませんが、行くことで劇的に英語力がアップすると言うよりも自分の勉強したことを試す時間をお金が買っていた気がします。今は高くてともて行けませんし、日中だとネイティブと(願わくばカッコいい男の先生と)知り合いになって楽しくお喋りして、という目的のマダムが少なくないので、私の場合は合わない気がします。

10月からの洋楽で学ぶ英文法のテキストを買いました。
遠山先生のと違って10月に限っていえば、いきなりブルーノ・マーズから始まり、アデル、ジャスティンビーバー、アリアナ・グランデ、ケイティ・ペリー、カーリーレイ・ジェプセン、フーファイターズ、ニッケルバック、ミスタービッグ、チャックベリー、イーグルス、ジョージマイケルと私が知っている人ばかり。それも最近チャートをにぎわせた(ている)人たちも含まれていて、ビックリです。やればできるのねNHK語学講座!って感じです。
講師が畠山雄二さんという東京農工大大学院准教授。見た目がミュージシャンっぽいです(^^)レギュラーゲストがタケカワヒデユキさんというのも驚きました。楽しそうです。
Posted by Lily at 2017年09月19日 12:54
【Lilyさん】
当たり前といえば当たり前なんですけど、日本でALTをしている外国人がみんな人当たりがいいかといえば、そうではなくて、会話がはずむALTとそうでもないALTがおりまして...。日本人どうしでも、話していて楽しい人と、なんとなくピンとこない人がいるように、外国人でもそうなんだな、ってよくわかりました。
Lilyさんが言うように、英会話のレッスンを受ければそれだけで英語がうまくなるってことはないですよね...。モチベーションアップには役立つかな、というのと、ちょっと何か聞きたいことができた時に質問できたらいいな、と思っているんですけどね、なかなか前進しません(汗)

私も「洋楽で学ぶ」のテキストを本屋さんで立ち読みしました(買わないんかい!)なかなかのラインナップでしたね。英語の勉強というより、音楽を聴くために受講しようと思っています。楽しみ〜♪
Posted by ラジ子 at 2017年09月21日 22:09
なるほど。勝手にALTは異国の子どもに英語を教えにわざわざ来るのだから好奇心旺盛で人当たりもよく、なんてイメージを持ってしまいますが、色んな人がいて当たり前ですね。そういえばむかしコメントしたかもしれませんが、ここにいたALTの女性が言葉もわからない、それも東京みたいな刺激的じゃない地方に来てストレスがたまっていたのか、広報誌への投稿に日本人(主に職場の日本人ですが)への不満とも言えることを書いていたんです。確かにストレスは溜まるのだろうなと思いつつ、そこは国民性の違いで不思議かもしれないけれど悪気はないんですよと彼女にも読めるようにつたない英語でメールしたことがあります。日本は楽しい!日本食美味しい♬って滞在を満喫しているALTもいればカルチャーショックでイライラしている人もいるということですね。それをラジ子さんのお返事を読んで思い出しました。

「洋楽で学ぶ」の講座ですが、取り上げている曲はちゃんと流してくれますよね〜まさか文法の説明だけってことは。なんかそこが心配になってきました(^^;;) 1曲まるごとは時間的にも無理でしょうけれど、ヒット曲も多いから聞きたいです。
Posted by Lily at 2017年09月21日 23:46
レッスンといえば、私は試したことはないのですがlanguage exchangeをしている語学学習者もいますよね。日本語を教える代わりに英語を教えてもらう。そういうサイトもいくつかありますし、そうなると料金は発生しないかも。私も学ぶというより自学してあれこれ湧く疑問に答えてもらう人がいればいいかなって感じなんです。
ただこれもきちんと丁寧に説明してくれる人もいれば「わからない」「そういうものだと覚えてもらうしかない」という答えも(^^;;) 世の中には色々な人がいるから友達や語学学習のパートナーを探すにも用心しないといけませんけれどね。むかしpaltalkというチャットルームを利用していたときにそう思いました。ALTで気が合う人柄のいい人がいたら、その人と帰国後もメールなどでつながれるといいですよね。
Posted by Lily at 2017年09月22日 00:03
【Lilyさん】
正直、今まで出会ったALTさんはみんな人当たりのいい外国人ばかりだったのですが、ちょっと今年のALTさんは一人が好きなシニカルタイプで、そもそも職場で会話を求めていない人。私だけでなく、ほかの学校でかかわっている英語教師の皆さんも戸惑っていらっしゃるようです。でも、この件で「外国人も日本人といっしょ、いろんな人がいる」っていう普遍的なことが改めてよくわかりました。

自分と同じ熱量で日本語を学習している外国人が見つかればいいのですが、ちょっとギャップがあるとうまくいかないだろうな、という気がしています。短期間なら別ですが。
そんなら「お金で解決」する方が気楽だなと思っています。質問すれば答えてくれる友人も何人かいるんですが、なんとなく気が引けて...。

「洋楽で学ぶ」講座、早く1回目の放送を聞いてみたいですね!
Posted by ラジ子 at 2017年09月24日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: