2018年04月22日

deceptive

「英会話楽習」

抜群の安定感、聞いていてホッとする番組。

4/9放送分
パーティーでフランス語が出てこなかった男性。
I was tongue-tied!
言葉が出てこなかったんですよ!
I got tongue-tied and couldn’t bring myself to speak a word of French.
(口ごもってしまって、フランス語のフの字も話すことができなかったんだ。)
(08/09/30「ラジオ英会話」)
「モダンファミリー」では大ファンのボズ・スキャッグスに会って
I met Boz Scaggs once, got all tongue-tied.
(緊張してうまく話せん)
というセリフもありました。

失敗をふまえてもう一度フランス語の勉強を始めた人に
Well, once you get started, it’ll all come back.
− そうね、一度始めれば、すべて戻ってきますよ。
英語って、けっこう他力本願というか
むこうからこちらに来る表現が多い。
It just came to me.
((犬の名前は)思いついただけさ。)
(11/02/02「英語5分間トレーニング」)
Wait a minute! It’s coming to me.
(ちょっと待って!思い出しそうなの。)
(2001年度「ラジオ英会話」)
More and more ideas are coming in.
(どんどんアイデアがわいてきているの。)
(18/02/20「基礎英語3」)

この日のタイトル
Use it or lose it!
− 使わないと使えない!
はモットーにしてもいいぐらいの名言。

lose one’s touch も「練習などをさぼって下手になる」
の意味がある。
I’m losing my touch.
(いつもの調子が出てこない。)
(09/04/13「ラジオ英会話」)

4/10放送分
読書レポートの締め切りについて。
That’s not due until next month.
− 締め切りはまだ先の来月よ。
来月まで締め切りじゃない、という not until の英文。

締め切り関連
It’s due this weekend.
((締め切りは)今週末までなんだ。)
(16/01/13「ラジオ英会話」)
Pookie is overdue for his shots.
(プーキーの注射の期日が過ぎている…)
(16/10/03「ラジオ英会話」)
…, stressing out about getting work done way ahead of time is just as bad as worrying about not being able to meet a deadline.
(かなり早めに仕事を済ませようとストレスをためるのは、期限を守れないのではないかと心配するのとちょうど同じくらいよくないことです。)
(16/11/23「実践ビジネス英語」)
↑ の way ahead of time はダイアログ最後のセリフ
You're way ahead of the game!
− あなたは大変な差をつけていますね!
の類似表現。

おまけ
When is the baby due?
(赤ちゃんの予定日は?)
(06/03/13・14 「英会話中級」)

What page are you on?
− 何ページまで読んでいるの?
自分だったら同じ質問を、
何ページ読み終わったか?で聞いていたと思う。

on the same page の復習
I jump to the conclusion that we're on the same page,...
(私たちは同じことを考えているってすぐに勘違いしてしまうの。)
(06/02/1・2 「英会話上級」)

4/11放送分
There is nothing 〜 を使った最上級。
There is nothing more deceptive than an obvious fact.
− 明白な事実ほど人を惑わすものはない
deceptive … 誤解させるような、だますような
deceive の形容詞ってことでしょうか。
↓ 副詞
Bear in mind, the special effects make snowboarding look deceptively easy.
(特殊効果がスノーボードをいかにも簡単そうに見せているのを、覚えておいてくださいね。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

過去の英文
There’s nothing better than a home-cooked meal!
(家庭料理に勝るものはないな!)
(13/04/15「ラジオ英会話」)
There’s nothing my father would like better than to see me get an MBA.
(父は僕がMBAを取ることを何よりも望んでいます。)
(06/03/1・2 「英会話上級」)
おまけ
When it comes to movies, nothing beats the big-screen experience of a movie theater, as far as I’m concerned.
(映画ということなら、私にとっては、映画館の大きなスクリーンで見るのが一番です。)
(12/10/11「実践ビジネス英語」)


好きな時にあれこれ聞けて、語学アプリって最高!
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」も聞いています。
一度聞いて、記憶を頼りに自分の言葉で話してみる、
という練習をしているんですが、意外とこれが難しい。
聞いていると「簡単!」だけど、言おうとすると「簡単じゃない!」
のが本当に不思議。
( ̄▽ ̄;)フシギジャナクテ、ソレガジツリョク…


去年の今頃、「ラジオ英会話
My hard-boiled eggs turned out a little runny!
(僕が作った固ゆで卵が少しドロッとしてしまった!)
外国の料理番組で、スポンジケーキが生焼けな時や
ゼラチンを使うお菓子がうまく固まらない時に
runny と言ってました。
posted by ラジ子 at 23:34| Comment(0) | 英会話楽習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: