2018年11月28日

distinctive

「ラジオ英会話」

個人的には、主節が that で始まる文章に、
なんとなく違和感…。

11/19放送分
ジェリコという街について。
It’s mentioned in the Bible.
− 聖書の中にも出てきますね。
mention は「手短に話題に触れる」。(テキスト)
なるほど。
She mentioned she wanted to spruce up the family plot.
(お墓をきれいに掃除したいと、ちらっと言っていたけど。)
↑ 和訳に反映されている
(13/04/18「ラジオ英会話」)

The history of the place goes back at least 11,000 years.
− その場所の歴史は少なくとも1万1,000年前にまでさかのぼるんですよ。
go back … 戻る、(時を)さかのぼる
Ed and I go back a long way together.
(エドと僕とは古いつきあいだ)
  ↓ の本より
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編

「時をさかのぼる」だと date back もある
I think Americans have an idealized vision of the middle class that dates back to the 1950s and the postwar generation.
(アメリカ人には、1950年代という時代と戦後世代の人たちにさかのぼる理想化された中流階級のイメージがあるのでしょう。)
(14/02/06「実践ビジネス英語」)

本物のピカソ(の絵) … a genuine Picasso
authentic でもよい (クリスさん)
real は意味は正しく伝わるが first choice ではないとのこと。
辞書を読むと genuine authentic は偽物の可能性がある物の中の「本物」
みたいなニュアンスらしく
real は人工的とか想像上の、に対する「本物」のイメージが強い。

11/20放送分
自分の発音が気になるモモ。
It’s nowhere near good enough!
全然満足できるレベルじゃないんです!
18/09/17「ラジオ英会話」で ↓ の英文と nowhere near は同意という説明があった。
(とブログに書いてあった…)
His latest book isn’t half as good as his others.
(彼の最新の本は、彼のほかの本の半分もよくない。)

・… and the native speakers of each country have their own distinctive accent.
− それぞれの国で生まれ育った話し手は、
  その国特有のアクセントがあるんですよ。
distinctive … 特有の、独特の
「このアクセントはスコットランド!」
みたいに、聞いてすぐにわかるのが distinctive accent
私はそこまではわからないですが( ̄▽ ̄;)
ロングマンの例の
a rock band with a distinctive sound
って、まさに今アツイ、クィーンにも当てはまるわ!

Mosquitoes are found around stagnant water.
− 蚊はよどんだ水の周りで見つかる。
経済の停滞、みたいなニュースでよく聞いていた気がするのですが、
ブログにメモしていなかったので記念に残しておきます。

11/21放送分
・… that he is hiding something is plain to see.
− 彼が何かを隠していることは明らかに見てとれます
「明らかな」の plain
It’s as plain as day that his plan won’t work.
(彼の計画がうまく行かないのは火を見るより明らかだ。)
(12/02/06「英語5分間トレーニング」One-Pointers)
as plain as the nose on your face も同じ意味で
こちらはユーモラスな表現だそうです。

easy to see (簡単にわかる)もしっかり覚えてくださいね、と
テキストに書いてありました。

That Hirotaka won the speech contest came as a pleasant surprise to everyone.
− ヒロタカがスピーチコンテストに優勝したことは
  みんなにとってうれしい驚きだった
come as a surprise to はよく使われるフレーズ。
come as a great shock (大きな衝撃となる)など自由に使えます。
(テキスト)
come には「結果として起こる」という意味がある、
と自分のブログに書いてありまして、改めてなるほど。

11/22放送分
The coach let me know in no uncertain terms that this was my last chance.
− コーチははっきりと
  これが僕の最後のチャンスだと教えてくれた。
↓ 習ってた!(ビックリ〜)
I bristle when somebody comes over all superior and tells me in no uncertain terms that I should do something.
(私がムッとするのは、だれかが偉そうにして、あなたはこうすべきだとずけずけ言う時です。)
in no uncertain terms … ずけずけと、はっきりと、単刀直入に
(14/11/13「実践ビジネス英語」)


【ギルモア・ガールズ】
このドラマ、英会話講座で習ったけど、あまり聞かないな〜
と思っていた表現がよく使われている気がする。

Plus he’s outdoorsy.
(しかもアウトドア派なの)
He’s more outdoorsy than not.
(彼はどちらかと言うとアウトドア派ね。)
(11/02/6「英語5分間トレーニング」)

He bought it, hook, line and sinker.
(完璧に信じた)
I should have seen this one coming, but I fell for your prank hook, line and sinker.
(こういうのが送られてくることを予想できていればよかったのですが、
あなたのいたずらに、私は完全に引っ掛かりましたよ。)
(11/03/31「実践ビジネス英語」)
↑ の coming も「結果として起こる」の come では?

She’s very touchy-feely.
(ベタベタ触るのが好きみたい)
Sorry to sound all mushy and touchy-feely.
(すっかり感傷的で甘ったるい話になってしまって、ごめんなさいね。)
(11/01/21「実践ビジネス英語」)

まだまだ「聞いたことある!」に出会えそうな予感


去年の今頃、「基礎英語3
there is a time and place to write your material.
(ネタを書く時間と場所はわきまえないと。)
お笑い志望のアミール君が注意された時のセリフ。

今年のM-1、どの duo が優勝するか、楽しみ!
posted by ラジ子 at 10:53| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: