2019年05月05日

リラックマとカオルさん

以前もブログに書きましたが、リラックマのアニメは
字幕とセリフの英語がちょっと違うので、
日本語を英語に直す言い方はいくつもあるんだね、
と思えます。

ボキャブライダーが再放送だったので、
一部書き取りをしてみました。


新入社員を迎えるにあたり、気合の入ったカオルさん。
(日本語) 先輩ですからね、しっかりお手本となるように身だしなみはきちんとしなくちゃだわ
(字幕) Now I’m a senior, I must set a good example by taking care of my appearance.
(セリフ) I’m supposed to show them the ropes. It’s important that I get this right.
show someone the ropes … (人)にこつを教える
たしか、the ropes は船員が航海に必要なロープの結び方。
(08/04/09「実践ビジネス英語」)
set a good exampleshow them the ropes
で、それぞれ先輩の気合を表現。


夏祭りにかき氷を食べて頭が痛くなった「キイロイトリ」に
(日本語) キーンてしたでしょ?
(字幕) Cold, isn’t it?
(セリフ) Did you get a brain freeze?
↓ アイスクリームで頭がキーン
I’ve got brain freeze.
(頭がキーンとする。)
(12/11/12「ラジオ英会話」)
cold というシンプルな表現でもいいという気づき。


悩めるカオルさんのひとり言
(日本語) どうせ私なんて、優柔不断で何も決断できなくて人に流されてばかり
(字幕) I’m always indecisive, can never make up my mind and easily influenced by other people.
(セリフ) The gentlest breeze can sway me one way or another, I’ll follow everyone else’s lead.
「優柔不断」をこんなに美しく表現できるセリフ ↑ に感心。


カオルさんの家に女子高生の幽霊(オバケちゃん)が出現。
身の上をかわいそうに思ったカオルさんが彼女に共感して一言。
(日本語) 八つ当たりくらいしないと気が済まないこともあるのよ
(字幕)Sometimes we won’t feel satisfied until we take our anger out on someone.
(セリフ) Sometimes what you need more than anything is to take your anger out on someone.
一般論を語る場合、主語を we にするか you なのか、
添削指導を受けていた時に、ネイティブによって意見が異なり、
混乱したまま、今日に至っています。


オバケちゃんが自分の過去を肯定したセリフ。
(日本語)ああ、ドキドキしておいてよかった
もしドキドキすら感じずに死んでいたらきっとずいぶん冴えない人生だったかも
(字幕) I’m glad I got to experience that sense of excitement. Life would have been boring if I had died without experiencing it.
(セリフ) But I’m lucky I had such moments. And if I had missed out on that kind of excitement, my life would have felt incredibly incomplete.
個人的には字幕の方がしっくり。
字幕もセリフも、しっかり仮定法過去を使って昔を振り返っております。

とにかく、特に難しい単語なしで聞けるのが本当にいい。


Netflix で「Big Bang Theory」の第9シーズンも始まったし、
シリアス刑事ドラマと思っていた「BROOKLYN NINE-NINE」が
コメディテイストと知って、これも気になる!


まだまだ Netflix 生活は続くなぁ〜。


去年の今頃、「基礎英語3
I think the sakura will be in full bloom tomorrow.
(サクラはあすには満開になるでしょうね。)
infull bloom の世界に入るイメージ?
posted by ラジ子 at 23:08| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: