2019年08月21日

lenient

【ズンボのジャストデザート】

素人参加のデザートコンテストだけど、
なぜか気持ちが入ってしまう番組からランダムにメモ。

(1) 制限時間の関係であせってしまい、ミスを繰り返す参加者を見て
レイチェル・クーが一言。
I do wonder whether she’s going to pulling herself together.
(彼女は軌道修正できるかしら)

あわてている人への声かけにはこれがベストかも。
↓ 自動車教習所で教習中にあわてている生徒への声かけ。
Pull yourself together!
(しっかり落ち着いて!)
(17/06/15「ラジオ英会話」)
Ok, well, you need to pull yourself together.
(ボスの前で取り乱すな)
(モダン・ファミリー)
Just pull yourself together, OK?
(落ち着いて)
(「フレンズ」)

(2) 自分の作ったスイーツを酷評された参加者。
I’m feeling a little disheartened. I have that sinking feeling I’m going to be in the bottom two.
(ガッカリだわ 落ち込んで立ち直れないかも)

... I was quite disheartened.
(私はすっかり意気消沈してしまいました。)
disheartened は久々に聞きました。
(11/06/08「実践ビジネス英語」)
I’m getting this sinking feeling that nobody’s home.
(誰も家にいないっていう悪い予感がしてきた。)
どんどん沈んでいく感じなんでしょうね。
(11/12/10「英語5分間トレーニング」)

(3) 週ごとのスイーツのテーマ発表の時に。
Sweets and nostalgia go hand in hand and for many of us the first sweet treat we remember eating is this, the biscuit.
(多くの人が子供の頃、最初に口にするお菓子はビスケットよ)
和訳がちょっと簡略化されているけど、
A と B は手をつないでいっしょに行く → 関係が深い
って感じ。

I understand the members of this new generation think being well-dressed and being successful go hand-in-hand.
(身なりのよさと成功していることには密接な関係があると、この新世代の人たちは考えるそうですね。)
(16/01/14「実践ビジネス英語」)
Looking polished goes hand in hand with looking professional.
(洗練されて見えるということは、すなわちプロらしく見えるということです。)
(07/12/7・8「ビジネス英会話」)

↑ は、お菓子と懐かしさが go hand in hand
↓ は、it (感謝祭の特別な匂い)が過去の記憶を呼び起こす英文
It evokes feelings of family, celebration and nostalgia.
(それで家族、お祝い、懐かしさ、そういった気持ちが込み上げてくるんだ。)
evoke …〈記憶・強い感情など〉を呼び起こす
(06/05/25「徹底トレーニング英会話」、More Reading Out Loud)

(4) 作業中、使い終わったボウルなどが散乱して
調理場がメチャクチャだったことは減点材料だけど、
にもかかわらず高得点を与えたズンボの一言。
I might be a bit lenient, so you know, amazing job.
(でも、おいしかったから大目にみよう)
この lenient を初めて習った時は
「(犯罪者に対して)寛容な、甘い」という意味だったのですが、
こんな場合にも使えるのですね。

ブログには似たような単語で permissive がメモしてありました。
We tried to find a middle ground between being overly strict and overly permissive...
(... 私たちは厳しすぎずすぎず、その中間をいくように努めました。)
(10/01/21「実践ビジネス英語」)

例のごとく、忘れていたのですが( ̄▽ ̄;)
こういう復習(のように見えるアソビ)をしていて
また思い出せるのもいいところ。

しかし、また忘れて…(無限ループ)




去年の今頃、私は韓国旅行に行っていた。
もう1年か、ホントにあっという間!
posted by ラジ子 at 13:06| Comment(4) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
permissiveなんて単語を実ビジで学んでたんですね〜全く記憶になく意味も??lenientでさえ「ああ〜そういえば」状態です。"Give(Cut)me some slack!"とお願いすることが時々あるので、それで私の場合は済んでしまっています。気になるトピックがあって6,7月号の実ビジテキストは買ったのですが開いてなくて(;^ω^)permissiveのような単語を思い出すには実ビジを聞いたり、ばっちもんがらさんのように日課としてニュースで英語術のようなサイトを活用しないと私は定着しなさそう。

ジャストデザートはNetflixなんですね。最近は日本語のブラッシュアップのために日本のアニメやドラマを英語字幕で見ている先生のお勧め&ネタのために京都アニメーションの聲の形とか普段は見ないアニメを見ることに。芳根京子ちゃん主演の「チャンネルはそのまま!」も英語字幕を出しつつ全5話見ちゃいました。英語耳になるために利用しはじめたのに(;^ω^)そろそろ英語のドラマ探します。
これは英語を学んでいる外国人向けのドラマなのですが、フレンズを意識した作りです。私は他の言語で見ているので英語版はよくわからないのですが、セットは同じでキャストはほとんど入れ替えています。先生曰くsimpleでcornyでも教材の1つにはなります。
https://www.youtube.com/watch?v=a339H_aqXx0&t=1233s
Posted by Lily at 2019年08月21日 16:50
【Lilyさん】
ブログ検索していると自分で書いておきながら「このイディオムはいったい何!?」みたいな情報がいっぱいあって、笑うしかない状況( ̄▽ ̄;) でも、習っているのに忘れている単語や熟語は、必要がないから忘れているわけで、また必要になったら思い出せばいいやと思うようにしています。(どんどんユルくなっています...)
Netflixに「チャンネルはそのまま!」がありますが、英語字幕がなかったので、Lilyさんは別のプラットフォームでご覧になったのでしょうか?日本のドラマも「脳内英訳」モードで見るといい勉強になりますが、ドラマが佳境に入ると、すっかりそんなことを忘れて見入ってしまうというのがいつものパターンな私...。
ビデオのご紹介ありがとうございます。ちょっと気になってググりました。語学学習も、これなら楽しくできそうですね。Lilyさんは英語以外のバージョンで学習中なんだ、スゴイ!日本語を日本のドラマで学んでぺらぺらになった外国人がたくさんいるみたいなので、私たちもがんばればできるかも!(^ε^)
Posted by ラジ子 at 2019年08月22日 11:32
スピーキングとライティングは密接に連動しているみたいなことを書こうとして、これは"hand in hand"だなっと思ったんですが、動詞は何を使えばいいんだっけ?
あっ、ちょうどラジ子さん書いてたと思い出しました。
go ですね。
ブログの「有効利用」。いつもありがとうございます。


しばらく「読書」モードでしたが、今は「英作文」です。
Posted by ばっちもんがら at 2019年08月23日 08:39
【ばっちもんがらさん】
私もばっちもんがらさんのブログで勉強させてもらっています!あと、読書量、いつもながら”あっぱれ!”(サンデーモーニングの張本さんっぽい感じで)ですね。
私は go とか come とか、もっと使いこなせたら、話す時にラクだろうな〜と思い、コアイメージの筋トレ中です。
「英作文」モード、がんばって〜 (^з^)-☆
Posted by ラジ子 at 2019年08月23日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: