2019年11月02日

for a reason

「おもてなしの基礎英語」

番外編、NHKテレビの復習編。
9月号テキストから、使えそうなフレーズをメモメモ。

無理なお願いをしている人を制する時。
We shouldn’t impose.
無理を言っちゃいけないよ。
Oh, I wouldn't want to impose on you.
(あら、何だかご迷惑になるのでは。)→ 迷惑をかけたくない
(06/05/1・2 「英会話上級」)

We’ll just have to play it by ear.
場当たり的に動いてみるしかなさそうね。
臨機応変表現。

One of every ten Japanese people lives in Tokyo.
日本人の10人に1人が東京に住んでいる。
every (〜ごとに)の後ろがひとつのかたまり
対比を表す時は for every
The school has one computer for every three students.
(その学校には3人の生徒に対して1台コンピューターがある。)
(07/06/25・26「英会話上級」)

〜ごとに起こる
The Olympic and Paralympic Games are held every fourth year / four years.
− オリンピックとパラリンピックは4年に1度開かれます。
↓ こちらも4年に1度
I can be spontaneous every four years.
(私だって大胆になれる)
「うるう年」に思いつきで楽しいことをするダンフィー家。
(「モダンファミリー」)

今夜、泊めてほしいと言われても、あまりに突然で
・… nobody can put you up on such short notice.
急には泊められないって…
日常会話でもこんな時に使えるのですね。
↓ ビジネス的な英文に多かった
Thank you for making this trip on such short notice.
(こんなに急なお知らせでこの出張をしていただいてありがとうございます。)
(2006年6月の「英会話入門」)

reason という単語の便利さ
The three of us are sharing a table for a reason.
− 相席になったのも何かの縁
会話で使えそう!
some reason だと理由は曖昧になる
I was about to sneeze, but then the urge went away for some reason.
(くしゃみをしそうになったが、それからどういうわけかしたくなくなった。)
(07/12/24「徹底トレーニング英会話」)

There’s nothing going on between Emi and me.
− 僕えみは誓って何の関係もありません。(ただの友達)
ちょっとカッコいいかな〜と思ってメモ。

相手の言ったことに「どうでもいい」と言うぶっきらぼうな対応。
I couldn’t care less about that.
− そんなことはどうだっていいよ。
I couldn’t care less.
(それが何だと言うんです。)
(16/06/22「ラジオ英会話」)

Money makes the would go round!
この世は金が全てだ
ある程度、否定できない事実。

↑ のように「お金が全て」と言い切る人に
You and your money.
− もう、いっつもお金のことばかり
「またいつもの〜の話!」というあきれた感じのニュアンス。
You and your coffee!
(また君のコーヒーの話か)(ジーニアス)

失った記憶を思い出すために歩き回ったけど、
Nothing rang the bell.
− ヒントは何もなかった。(ピンとくるものがない)
最近、ラジオ講座であまり聞かない気がする。
That name doesn’t ring a bell.
(その名には思い当たる節がない。)
(14/01/13「ラジオ英会話」)

腹をくくる、あるいはあきらめる表現。
There’s nothing we can do about it.
しかたないよ。
My coach is upset, but there’s nothing I can do.
(僕のコーチは慌てているよ。でも僕にできることはないから。)
(19/05/15「ラジオ英会話」)


「もて基礎」では毎回、キーフレーズを使った実践コーナーで
中川翔子さんがハリー杉山さんを相手に大奮闘。
こういう状況で使ったりできるのか!が
目で見てわかるのがラジオとの違い(当たり前)
10分という短さもなかなかいいんだな〜、これが。


去年の今頃、「基礎英語3
You sewed Sho’s name on the towel by yourself?
(翔の名前を手ぬぐいに自分で縫いつけたのかい?)
sew sewedsewn
って、けっこうレアな変化形では?
posted by ラジ子 at 22:30| Comment(10) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介されている表現、どれも基本的な単語だけなんですよね。
でも絶対さっと出て来ない(←きっぱり!)

今週は前に図書館から借りた岩村軍曹のCDを使って日本語→英語の特訓中。CD2枚分、今度の木曜までに一周する予定(あくまでも予定)。
Posted by ばっちもんがら at 2019年11月03日 16:46
この番組は時々チャンネルが合っているときにながら見したことがありますが、中川翔子さんが出るようになってからは1度ちらっと見ただけです。良さそうですね!こちらに取り上げてくださったフレーズ、ああ〜本当に基本的な単語でこういうことが言いたいんだよなあ〜というものばかり。
自信を持って使ったことがあると言えるのはring a bellあたりかもしれません。知っていて何度も使ったことがあっても最近出てこないんです(-_-;)先日会話の流れでそれまで何度も相手が言ったり自分も口にしたcandidateが急に思い出せなくて頭が真っ白に。なんとかごまかしましたが、それなのに初めてまともに使ったけれどもう2度と使わないであろうGreat minds think alikeが口から出てきたりして、自分の脳はどうなってしまっているんだろうと落ち込んでいます。さっきもドラマを見ていてモデルの冨永愛さんの名前が出てこなくて、ネット検索を必死にしました。

ラグビーのワールドカップで試合後の英語のインタビューや選手たちの英語での投稿をニュースを通して読んだりして「英語がわかるのはやっぱり楽しいな」と思うので、この老化現象を何とか遅らせられないかと考える日々です。
手持ちの会話本の音読が手っ取り早いかなあ(涙)
Posted by Lily at 2019年11月03日 22:29
【ばっちもんがらさん】
おもてなしの「基礎英語」だけあって、本当に基本単語ばかりです。impose はちょっと難易度アップだけど、きっと控えめな日本人にとっては、便利な単語でしょうし、知っておいて損はない!ですよね。
岩村軍曹の愛あるスパルタ講座、なつかしいですね。ブートキャンプ(的トレーニング)の効果、教えてくださいね〜。


【Lilyさん】
「もて基礎」が気に入っているところのひとつが、どうやら「やらせ」が一切ないっぽい感じです。しょこたんが自分の実力で(たぶん)本気で答えているのが好感がもてます。
昨日、同年代の友人たちと食事をした時に、みごとに「あれ」「あの人」「あのテレビ番組」のオンパレードでみんなで大笑いしましたが、私の英語も然りでございます...。やっぱりダイレクトに聞き取れた方がすんなりなじむことが多いです。逆に、日本語にはピタッとハマらない英語表現がなんと多いことか!と、最近気づいて(今さら...)、それにも驚いています。だから、やっぱり英語は英語で理解できるにこしたことはないですよね。
なんとか、お互い、キープできるようにがんばりましょ!
そのための方法は、私も模索中...。きっと音読はなんらかの効果はあるはず。いいのが見つかったら報告しますね。
Posted by ラジ子 at 2019年11月04日 11:13
励ましのお言葉ありがとうございます!ラジ子さんにライブを楽しむアクティブさがあるといいのですが、OL時代に飲み会やっていたのがウソみたいにこもっています(^^;)
でも最新の記事に書かれているように、何でもいいから楽しい!と思えるものがあるのって「つまらない」って毎日愚痴をこぼすよりいいですよね。

ところで「サバサバした人」って何と言えばいいでしょう。初めてお話した女の先生がそういう人で、そのあとにいつもの先生に「どうだった?」と聞かれて日本語で「サバサバした人だった。いい意味でmanly、not too feminine」それで伝わらなくて苦し紛れにアグレッシブ烈子の鷲美もそうかもしれないと言ってみました。先生がウィキで検索したら、鷲美の性格はStrong-willed and confident, she's very level-headed だそうで。私はcoolかな〜と最終的に思ったのですがfrank,open-heartedというのも調べるとありました。今私の頭に浮かぶサバサバした人って天海祐希さんなのですが、彼女みたいな話し方や小さいことにこだわらなかったり、ネチネチしていないさっぱりした人はどう表現すれば伝わるでしょうね。先生も日本語がわかるだけに気になったみたいで「mackerel,mackarelではないからね」とは言っておきましたけど(失礼しました!)岩村先生の講座で取り上げたことありましたっけ?
Posted by Lily at 2019年11月06日 15:02
【Lilyさん】
私、体力があるというか、睡眠からの回復力?がすごいんです。疲れたらとにかく寝る、疲れていなくてももちろん寝る、そうすると体調が悪くても治る、イヤなことがあっても直る。自分でもびっくりするぐらい、深く眠れてしまう(お薬なし)。ここぞという時には、まだダッシュもできます(たぶん第三者から見たら早歩きぐらい...)そういう元気さはありがたいなーって思っています。

「サバサバした人」の英訳は「サバサバ」をどう日本語で定義するかがポイントなのでしょうね。「サバサバした人」を別の日本語に言い換えて、考えてみたいと思います。(のちほど)

mackerel,mackarel は日本語がわかる外国人との「いいネタ」になると思います!魚だけに...。
Posted by ラジ子 at 2019年11月07日 09:41
【Lilyさん】
私のなかで「サバサバした人」の主な定義は「重要でないことにはこだわらない、起こったことをいつまでも悩まない」というイメージなので、
She doesn't care about small stuff.
She doesn't dwell on the past.
とか、かな?
「さばさば」でヒットしなかったので、「くよくよ」でブログ検索したら
It’s important not to sweat the small stuff.
(小さなことでくよくよしないことが大切ですね。)
Don’t sweat the small stuff.
(小さなことでくよくよしないで)
こんなのがヒットしたので、sweat も使えるかも?
Lilyさんが書いてくださったように、天海祐希さんのイメージがピッタリですけど、考えてみると「サバサバ」って男性には使わない単語ですね。「男性に媚びない」なんていうのも「サバサバポイント」のひとつなのかなぁ?
She's always nice to anyone(both men and women).
とか...、考え出すとなかなか難しいものですね。でも、いい練習になりました、ありがとうございます。
Posted by ラジ子 at 2019年11月09日 15:17
色々考えてくださった上でのお返事ありがとうございました。ちょっと疲れ目なのか左目が充血しましてPCなどから離れていました。お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
ラジ子さんは深く眠ることができて疲れもそれで大体取れるのですね(^^♪私は運動部じゃなかったことに加えて、親や祖母の体質を受け継いだみたいです。ラジ子さんとは年齢が同じくらいだとは思いますが、人それぞれなんですねやっぱり。目が覚めてどっと疲労感を感じながら起きるので睡眠の質も悪いのでしょう。

ところで、サバサバした人は短い言葉で済ませようとすると無理があるのかもしれませんね!She doesn't care about small stuff.いいですね。日本でも翻訳本がよく売れたDon't Sweat the Small Stuffというのもありましたっけ。物の捉え方と共に話し方もシャキシャキしたイメージがあるのですが、crispにそういう意味があるみたいで、これやlevel-headとラジ子さんが考えてくださったフレーズを組み合わせて丁寧に言うのがベターかもしれないと思いました。日本語がそのまま英語になりにくいという経験はしているはずなのに、ついつい1語で終わらせようと考えてしまった自分はまだまだです。どうもありがとうございました<m(__)m>

Queer Eye in Japanはまだ1話しか見ていませんが、泣ける作品だとは想像していませんでした。Yokoさんのお姉さんに対する想いや家の運営の大変さ、それでもあんな風にユーモアもあって前向きな方で。5人の寄り添う感じもとても良かったです。ちなみに私は今のところ料理担当のアントニー(?)の顔が好みです( *´艸`)
Posted by Lily at 2019年11月11日 16:20
【Lilyさん】
私は眠りに関しては「天才」かもしれません。とにかくどこでも眠れます。ただ、寝てはいけない場面でも眠くなりがちという欠点もあり、学生時代は本当に辛かった...。

サバサバに限らず、ひとつの言語を他の言語に変換するのは、単語を入れ替えればいいってわけにはいかないですね。日→英の難しさは日々感じていますが、英→日も奥が深いなぁ...と思うことが最近頻繁にありまして、プロの翻訳家、通訳者の方々のお仕事はさぞ大変だろうとお察しします。正解はひとつではないですし。

Queer Eye は、なかなかの感動ドラマがありますよ。キリスト教文化のなかで、自分がゲイであることに気づいたときの心の葛藤とか、幸せとは言えない家庭環境で育ったメンバーもいますし、折に触れ、自分の過去と照らし合わせて候補者に共感し、彼ら自身が涙を流すこともあります。つらい経験を経て、今の彼らがあるのだなと思います。

私もパッと見た時にアントニがハンサムだな〜と思いましたが、インテリア担当のボビーが好みかも。ただ、女性に興味がないのよねー、ザンネン( ̄▽ ̄;)
Posted by ラジ子 at 2019年11月12日 00:05
第2話も楽しめました。自分に言い聞かせたり誰かを励ましたりするのに使えそうなセリフをFab5が言ってくれるし。どこかで拾って忘れていたverklemptやtake to...like a duck to waterに思いがけず再会できました。また最後の方でスパークリングのお酒を注文したKan君を見てeffervescentと言っていて、それが「発泡性」のという意味なのを知りました。
直前にYahooでレネーゼルウィガーのインタビューをざっと読んでunbeknownst toというのを初めて知ったのですが(NHKで取り上げていたりして)たとえエンタメニュースのゴシップ記事でも日本人の私には教科書に載っていない単語の宝庫だったりします。
Posted by Lily at 2019年11月13日 13:19
【Lilyさん】
第2話のKanさん、Netflixで自分自身を語るのって、勇気があるなーって思いながら見ました。アメリカ人のカミングアウトは、心のどこかで「外国の話」と思って見ているせいか、なんの驚きも感じずに見られるんですけどね。
Lilyさんは英語もしっかり学習されていますね。verklempt も effervescent も全然チェックもせずに見終わってしまいました( ̄▽ ̄;)
ゴシップ、ファッション、スポーツなど、好きな分野をなんでも日常的に英語を読むようにしたら、語彙が増えるでしょうね。相変わらず、読む方はサッパリなんですよ、わたし...。これも課題のひとつです。
Posted by ラジ子 at 2019年11月13日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: