2020年08月01日

apprentice

「ボキャブライダー」

これを見て、彼女がいかに人々を魅了する人物かが、わかりました。

本も読めばいいのでしょうが、読書は苦手...。
Becoming - Michelle Obama
Becoming - Michelle Obama
読み切る自信がない。

I’m going to work as an apprentice chef.
見習いのシェフとして働くことになった。
↓ 以前習った、宗教関係の見習い
acolyte → 見習い(僧)、弟子
(07/11/26・27「英会話入門」)
↓ は「後輩」的な意味?
Meet Ken Bell, my protégé, who’s slated to take over for me in Shanghai.
(こちらは私の弟分のケン・ベル。上海で私のあとを引き継ぐことになっています。)
(06/10/2・3「ビジネス英会話」)

The newspaper reporter made a request for an interview.
− 新聞記者はインタビューの依頼をした
フォーマルな単語。
動詞
I requested a day off for Ayumu’s birthday.
(アユムの誕生日のために一日休暇を申請したよ。)
(11/01/10「ラジオ英会話」)

I learned to ride a bicycle when I was four.
− 4歳のときに自転車に乗れるようになった
そして
You can’t unlearn how to ride a bicycle.
(自転車の乗り方を覚えたら忘れることはない。)
(10/02/28「英語5分間トレーニング」)

自転車のサドルbicycle seat
saddle は基本的に動物に乗るための鞍 (マックスさん)
最近聞いたことないけど、の saddle 表現
But he’s too old to get back in the saddle now.
(でも、そうした活動をするには年を取りすぎています。)
get back in the saddle … (しばらく中断していた)活動[仕事]に戻る
(14/04/03「実践ビジネス英語」)
College grads are saddled with an average debt load of nearly $20,000.
(大学卒業時に、平均して2万ドル近い借金を背負い込むことになりますね。)
(09/02/25・26「ビジネス英会話」)

I forgot to put my kickstand down.
スタンドを下ろすのを忘れた。
   ↑ 自転車のスタンド

She pedaled standing up because the bicycle seat was wet.
− サドルがぬれていたので、彼女は立ちこぎした
ペダルをこぐ + 立ちながら → 立ちこぎする

I bought a smartphone case with a built-in kickstand.
自立式のスマホケースを買った
こういう商品

It took hours to get to the villa because the roads were clogged.
道が渋滞していたので、別荘に行くのに何時間もかかった
clog がこんなふうにも使えるとは。
渋滞系だと traffic が主語の英文も多い
Traffic is backed up for ten miles.
(交通は10マイルにわたって渋滞しています。)
(13/12/02「ラジオ英会話」)
... if the traffic becomes congested.
(交通が渋滞してくると、...)
(16/06/02「実践ビジネス英語」)

I kept myself occupied with work so that I wouldn’t think about it.
− そのことを考えないよう、仕事に専念した
自分で自分を忙しくした。
Because my father is so occupied with his work, it’s an annual tradition that we at least spend New Year’s together as a family.
(父は仕事ですごく忙しいので、少なくとも新年の時期は家族でいっしょに過ごすのが毎年恒例のしきたりなんだ。)
occupied with… 〜で忙しい
(18/12/16「基礎英語3」)

Keep learning, and your vocabulary will increase.
− 学び続けてください、そうすれば語彙が増えていきます
語彙関連表現
My grandma has a large vocabulary.
(わたしの祖母は、語彙が多い。)
(2019年8月「ボキャブライダー」)
large なんですね〜。


【モダン・ファミリー】
前回エントリーに 、大西先生の推し表現?ということで
There’s no way we can let that happen.
(そんなことには絶対にさせません。)
There’s no way → 〜はありえない・するわけがない
をメモした後でさっそく遭遇したセリフ。

ヘイリーのフェイスブックステータスが
Got Married」になったのを知った父親のフィル。
There’s no way Haley’s married.
(結婚したわけがない)
意識せずに見ていたら聞き逃していたかも…。
「意識するとよ〜く聞こえる」セオリーは存在する。


去年の今頃、「ラジオ英会話
Our leader likes to take all the credit for our team’s achievements.
(私たちのリーダーは、私たちチームの手柄を独り占めするのが好き。)
そんなリーダーについて行きたくない...。
posted by ラジ子 at 11:35| Comment(6) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Michelle ObamaさんのPodcastの宣伝が私が聞いているPodcastでありました。興味のある方は、以下の記事を参照してください。https://www.goodhousekeeping.com/life/entertainment/a33447735/how-to-listen-to-michelle-obamas-podcast-spotify/
Posted by daddy at 2020年08月02日 11:34
【daddyさん】
ミシェルさんの Podcast 情報、ありがとうございます。Spotify は使ったことがなかったのですが、ダウンロードして Podcast を登録してみました。彼女の英語はとても聞きやすいので英語の勉強にもよさそうですね。恥ずかしながら、Netflix の番組で、にわかファンになりました。
Posted by ラジ子 at 2020年08月02日 20:31
昨日のゴガクル英作文復習でちょうど"There's no way"が出てきました。

There's no way I can ask him that.
いくらなんでもそんなこと聞けないよ。
(英語が伝わる!100のツボ)

「いくらなんでも」からこの表現は出て来なかった!

Posted by ばっちもんがら at 2020年08月03日 08:00
【ばっちもんがらさん】
いろんなところで見たり聞いたりしたものが交錯していきながら、英語の力がついていくのですね。なんとなく中島みゆきの「糸」の歌詞を思い出しました(どういう発想?)
「英語が伝わる100のツボ」はCD付きの本を持っているので、改めて復習に使おうと思いました、コメントありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2020年08月03日 10:29
Netflixのミシェル・オバマさんの番組はちょっとだけ見ました。しばらく見れるだろうと油断していると終了になっちゃうかもしれませんね。前にもコメントしたかもしれませんが、とってもフレンドリーでチャーミングなファーストレディだったなとバラク氏と共に気になって動画など見ていました。バラクさんが忙しくて大変だったらしいですし、普通の夫婦並みに問題もあったのかもしれませんが、就任後のファーストダンスとか2人の仲のよさやバラクさんが抱っこすると赤ちゃんが泣き止むとか出会った子供たちとの微笑ましいショットを見るのが好きでした。

前にレッスンを受けていたアメリカ人の女性(白人)が政治好きでよく話をそっちの方向にもっていったものでした。前回の大統領選前で彼女はバーニーサンダースを推していたのですが、彼がダメならトランプをと言っていました。オバマさんは何もしなかったしミシェルさんは母親が白人のバラクさんに比べて英語が労働者階級のものでアクセントがあると言っていました。私にはわからなかったし好感を持っていましたが、「ファーストレディとしてふさわしい英語というものがある」と言っていたのが強く印象に残っていて、日本人の私にはわからない他人種や家庭環境への偏見・差別意識がアメリカにはあるのかもしれないと思いました。

spotifyは以前使わずにiTunesだけで事足りていたので削除していたのを今日(!)また入れなおしました。たまたまネットであるポッドキャストのゲストでシャーリーズ・セロンが出演して子育てについて話したと知ったので。ミシェルさんの本はダウンロードしてちょっとだけ読みましたが、読了した方によるとバラクさんと出会うまでがちょっと退屈だったけれど、それ以降は面白かったと。
動画などのほうが表情も含め人となりがわかりやすいですよね。Netflix見なきゃ!
モダンファミリーも気になりますが、テレ朝でやっていた民王が英語字幕付きで見られるとわかってからそちらを見ています。
梅雨が終わった途端に猛暑なので家で笑いながら英語も少しチェックしてます。
Posted by Lily at 2020年08月05日 22:41
【Lilyさん】
Spotify は名前だけは聞いていましたが、音楽を聴く時間もそんなにないので、スルーしていました。ポッドキャストも聞けるんですね。しかも、英語学習関連のポッドキャストもたくさんあって、「あなたにおすすめ」でまとめて紹介されてちょっとコワくなりました...。まあ、情報は抜かれているでしょうから昔ほどは驚かなくなりましたけど。

ミシェルさんの人柄や考え方に共感するアメリカ人の熱狂ぶりを彼女の番組で目の当たりにして、ちょっと感慨深いものがありました。ファーストレディーの既成概念を壊した勇気もすごいと思います。対話の重要性、若者を応援する姿勢、彼女の生き方に(ちょっと大げさに言うと)胸を打たれました。
とは言え、そう見えるように番組は作られているのだろうということも忘れずにいたいとも思います。でも、その分を差し引いても、彼女は十分に魅力的で、素敵な女性でした。
誰が見てもわかりやすいようにという配慮なのか?話すスピードもゆっくり、わかりやすくて英語学習用としてもいい番組だと思いましたよ。お時間がある時にどうぞ〜。
Posted by ラジ子 at 2020年08月06日 10:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: