2020年08月29日

in-flight meal

「ボキャブライダー」

「モダンファミリー」、シーズン10に突入 (binge-watching が止まらない)。

This amusement park just opened a brand-new ride.
− この遊園地に新しい乗り物がお目見えした
日 → 英 にした時に、乗り物 + open は思いつかない。
open → if a place such as an office, shop, restaurant etc opens or is opened, it starts operating or providing a service
(ロングマン)
 
I heard the owner of the house had a roller-coaster career.
− この家の持ち主は波乱万丈のキャリアを歩んだと聞いたよ
↓ 以前も感じた、共通性のある表現
We’ve had quite a few ups and downs.
(浮き沈みがかなりあったけど。)
(10/12/28「英語5分間トレーニング」)

Liz was on an emotional roller coaster that day.
− リズはその日、感情の浮き沈みが激しかった
↓ は「モダンファミリー」から
I have been on an emotional roller coaster all day today.
(どうしていいか分からなかった)
フィルにいろんなことが起きた日のセリフ。

When you apologize to someone, you should look them in the eye.
− 人に謝るときは、相手の目を見たほうがいいよ
John never looks me in the eye.
(ジョンは決して私の目を見ないのよ。)
(09/10/28「英語5分間トレーニング」)

Smoking in the lavatory will activate the smoke detector.
− 洗面所で喫煙すると、煙探知機が作動します
人間にも使える activate
Some foods activate pleasure centers in our brain just like a drug.
(食べ物によっては、薬物のように脳の快楽中枢を活性化させるものがあるのです。)
activate … 活性化させる、作動させる
(14/12/27「実践ビジネス英語」)

I’m looking forward to the in-flight meal.
機内食が楽しみです。
わかるー
on-board meal っていう言い方もあるようです。

Grind some black pepper over the meat.
− 肉の上に黒こしょうをひいてください。
over に「まんべんなく」の感じ。

I thought I bought a hunk of meat, but it was ground pork.
ブロック肉を買ったと思ったけど、豚のひき肉だった
hunk といえば「このイメージ
かたまり関連
What’s this huge lump in the envelope?
(封筒の中に入ってるこの大きなは何?)
(11/12/23「英語5分間トレーニング」)

My grandma met my grandpa after she broke off her engagement to someone.
− わたしのおばあちゃんは誰かとの婚約を破棄したあと、
  おじいちゃんと出会ったの
on だった状態が突然 off になる感じ。
I broke off my engagement with Ernest.
(私、アーネストとの婚約を破棄したんです。)
(14/04/09「ラジオ英会話」)

A piece of my tooth broke off.
− 歯が欠けた
いつも ↓ を使っていた
Look how it's chipped here.
(ほら(花瓶の)ここが欠けている。)
(06/9/13・14「英会話上級」)


お友達の皆さんには「本を読まない」でおなじみの私ですが、
試しに読んでみようと思った児童書に
先週学習した
It takes about 15 minutes to draw a bath at our house.
(うちではお風呂にお湯を張るのに大体15分かかる。)
の別の言い方を発見。
run one's bath.jpg

水が流れるイメージなんでしょうね。
キンドルに、まだ読み終わっていない本がけっこうあるので( ̄▽ ̄;)
せめて、ダウンロードしたものは読もうと思いました…。
いつも思いますが、ばっちもんがらさんの読書量は本当にスゴイ!


去年の今頃、「ラジオ英会話
My mom often used to play us songs on the piano when we were kids.
(私たちが子供のころ、私の母はしばしば私たちにピアノで歌を弾いてくれたものでした。)
この on 、今なら自然に感じられる。
posted by ラジ子 at 22:09| Comment(6) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Netflixオリジナルのアグレッシブ烈子は放置してもOKかなと取りあえず1話でやめておきました。Huluみたいにすぐに配信が終わらないとは思うのですが、まだ先があるモダンファミリーに戻りました。でも気になった箇所でいちいち止めてセリフを書き留めて調べていたのでは10に到達するのに何か月もかかりそう。聞き流すのもストレスですが、まずは日本語字幕でストーリーを楽しむことにしようかと。
いつの間にかラジ子さんのほうがもう10!
ばっちもんがらさんも本当に読書家でご本人は謙遜されますが、私が1冊読み終わる前に10冊近く読んでしまっているのではと思います。自分のスローペースを再確認(^^;
ジョー役の子は可愛いだけじゃなく演技が上手なんですね!フルハウスのミシェルも表情豊かで可愛かったなあ。

openにそんな使い方があるのですね!ディズニーランドに新しいアトラクションが登場したときに使えそうですね。hunkは私もそちらのイメージですが、どこから来たのかがわかりました(^-^)アルクの起きてから寝るまでじゃないですが、お風呂にお湯を張るは口から出るようにしたいです。先生はシャワーで済ませてしまう人ばかりですけれど。
Posted by Lily at 2020年08月31日 14:56
【Lilyさん】
「モダンファミリー」、物語はどんどん展開しています。子供たちはしっかり大人になっているし...。年齢や家族構成が近いので、クレアに感情移入しながら見ていることが多いのですが、けっこうグッとくるエピソードも増えてきて、ますますドラマのファンになりました。

英語で聞くと何も引っかからずに聞き流してしまう表現も、日→英で考えると「なんだっけ?」とか「こう言うのか!」が多くて、今はもっぱらクイズ感覚で日→英翻訳を楽しんでいます^^
Posted by ラジ子 at 2020年09月01日 09:59
7になって急にジョーが可愛らしい声でおしゃべりしだしてビックリ。私は誰に感情移入しているだろう・・・ミッチェル、アレックス、マニーあたりかもしれません。フィル役のタイ・バレルが製作総指揮でヘイリー役のサラ・ハイランドを主役にしたコメディが始まるみたいで上手くいくといいなと思います。長く見ていると身内感覚で見てしまいます。
Posted by Lily at 2020年09月01日 14:13
【Lilyさん】
私もアレックスを見ると、頭はいいのに不器用で損をしているあの感じについ共感してしまいます。自分の場合、頭は全然良くないのでそこは違うんですけど( ̄▽ ̄;)自分もすごく不器用で、たくさん損をしてきた気がするので。今度生まれ変わったら、ヘイリーみたいな人生を送ってみたいです。
サラ・ハイランドのコメディですか、楽しみですね。ヘイリーのイメージからの脱却がはかれるといいですね、まだ若いですから。

とりあえずシーズン10を全部見て、またシーズン2から復習!予定です。このドラマ、全然飽きません。
Posted by ラジ子 at 2020年09月02日 11:47
draw a bath,モダンファミリーシーズン7の16話でラジコりました♪I'll go in,draw myself a bath,pretend to fall and break my arm.

drawの後にmyselfが入っているところが生きたドラマのセリフという感じがしますが、早口だし字幕は「お風呂で滑って折ったことに」なので日→英だと自分はオリジナルの英語は浮かばないです(^^;
Posted by Lily at 2020年09月04日 15:03
【Lilyさん】
おぉーっ、見事なラジコりですね!教えてくださってありがとうございます。やっぱり日常をドラマにしたシットコムだけに、こういう何気ない表現がたくさん拾えますね。
教材としても優秀!
Posted by ラジ子 at 2020年09月05日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: