2020年09月09日

conspiracy theory

「ラジオ英会話」

この週は発言を遮ったり、取り戻したりのコツ。

8/31放送分
Can I just jump in for a second?
− ちょっといいですか?
jump in → 会話に割り込む (テキスト)

jump は勢いのある単語
Well, now that I’ve got this paperwork behind me, I can jump into the fray.
(さあ、これで事務手続きとはおさらばしたので、乱闘に飛び込めますね。)
(2001年度「ラジオ英会話」)
Like the way everyone’s jumping on the social media bandwagon these days.
(最近、みんながわれもわれもとソーシャルメディアに飛びついていますが。それと同じようなものですね。)
jump on the bandwagon … 時流に便乗する、(遅れを取るまいと)流行のものに飛びつく
(11/09/02「実践ビジネス英語」)
After I heard you were putting your house up for sale, I decided to jump at the opportunity.
(お宅を売りに出すという話を聞いて、チャンスに飛びつこうと決めたんだ。)
jump at the opportunity … そのチャンスに飛びつく
(17/03/22「ラジオ英会話」)

9/1放送分
「人類は火星に行っていなかった」説を信じている人
They’re obviously covering up the truth.
− 彼らは明らかに真実を隠そうとしているじゃないか。
I suspect she’s covering up for her husband.
(彼女は夫をかばっているんじゃないかと思うよ。)
cover up → (事実など)を隠す
(19/10/21「ラジオ英会話」)

You don’t actually believe those conspiracy theories, do you?
− あなたは本当にそんな陰謀説を信じているんじゃないでしょうね。
This is a conspiracy to conceal the truth.
(これは、真実を隠すための陰謀です。)
(2019年7月「ボキャブライダー」)
conspiracy と「隠す」は紐づけておくといいかも。

9/2放送分
アトランティスの存在を信じるピーコック教授に対して
Isn’t it a bit of leap
− それはちょっと飛躍しすぎではないかと…
leap jump のニュアンスに近い
I’m sure it took a giant leap of faith to leave your job to write a novel.
(小説を書くためにお仕事を辞めたのは、きっと大変な賭けだったでしょうね。)
take a leap of faith → 信じて思い切ってやる
(12/01/20「ラジオ英会話」)

発言を遮られてしまった場合
Otherwise, I may well lose my train of thought.
− さもないと話の流れがわからなくなってしまうかもしれません。
may well → たぶん〜ということになる
the Chinese may well have their own interpretation of the specs.
(中国側が仕様書を彼らなりに解釈することは十分にあり得る)
(08/08/18「入門ビジネス英語」)

lose one’s train of thought → 話の脈絡を失ってしまう
And what if my hands start shaking or I lose my train of thought?
(それに手が震えてきたり次に何を言うのかわからなくなったらどうする?)
(06/08/2・3「英会話上級」)

9/3放送分
Just hear me out. Then maybe you won’t jump to conclusions.
− いいから私の話を最後まで聞いてください。
  そうしたら、たぶん君は結論に飛びついたりしないでしょう。
hearout → 人の話を最後まで聞く
out に完全性が感じられています。(テキスト)
この本 ↓ によると (けっこういろいろ本買ってる…)
DUO elements [デュオ エレメンツ] 前置詞/副詞 - 鈴木 陽一
DUO elements [デュオ エレメンツ] 前置詞/副詞 - 鈴木 陽一
fill it out / think it out / carry it out
out も同じ。

「結論に飛びつく」の jump も要チェック。

おまけ
↓ の本での「最後まで聞いて」
岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) - 岩村 圭南
岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) - 岩村 圭南
Don’t cut me off before I finish.
(僕が話し終わるまで口を挟むなよ。)


【モダンファミリー】
フィルに説得されて、意見を受け入れたフィルの父。
Okay, you twisted my arm.
(わかった 負けたよ)

ブログには1回だけメモ。
フラダンスレッスンにすごく熱心に誘われたので
Alright if you twist my arm.
(分かりました……どうしてもということなら。)
(17/07/12「ラジオ英会話」)

なんとなく子供っぽい表現という印象でしたが、
オトナが使ってもいいらしい。
もちろんカジュアルな時だけでしょうね。


去年の今頃、「ボキャブライダー
Liz disguised the fact that she didn’t love Tom anymore.
(リズは、トムのことをもう愛していないという事実を、包み隠した。)
disguise も「隠す」の仲間なんですね。
posted by ラジ子 at 11:03| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: