2020年09月27日

come clean

【モダンファミリー】

このドラマをもっと味わいつくすため「ながら視聴」をやめました。
聞き取れないところは字幕で確認するものの、
やっぱり速くて速くて( ̄▽ ̄;)、セリフ確認後に英語を聞いても
そう言ってた?みたいなことも...。
まぁ、気長にいきます。
セリフの復習。

(1) あるレストランについてキャメロンが説明します。。
All we know is the Jai Alai Lounge has the single best burger in the country, if not the universe.
(世界一おいしいハンバーガーの店だ)
I found that rather presumptuous, if not downright greedy.
(とんでもない欲張りとまではいかなくても、かなり厚かましいと思いましたね。)
if not … 〜でないとしても、〜とまではゆかなくても(ジーニアス)
(11/04/29「実践ビジネス英語」)
苦手だった if not も、すんなりわかるようになった

(2) リリーの友達の男の子を家に招いたキャメロン。
男の子のママに招待の本当の理由を伝えます。
Well, I must admit, I-I have a little bit of an ulterior motive. I think Lily has a giant crush on your little guy.
(実はリリーのためでもあるんだ 君の息子さんが好きみたい)
ulterior motive → 隠された動機
ブログには残っていないんですけど、2006年「英会話入門」で習ったらしい。
相性がいいのか、珍しくすんなり覚えられた思い出。

(3) 怒っている理由を聞かれたクレア。
Phil. You know what really gets my goat? That you lied.
(腹が立っているのはウソをついたからよ)
「ビッグバンセオリー」でも使われていた表現 ↓
Oh, boy, if there’s one thing that gets my goat, it’s those dad-gum insurance companies.
(保険会社には本当にムカつく)

最近はラジオ講座で聞かないけど、
わりとフツーに使われているってことかな?
↓ 私がラジオ講座で聞いた最後の get one’s goat
Looks like someone got your goat.
(怒らずにはいられない目に遭ったみたいですね。)
(16/01/20「実践ビジネス英語」)

(4) ジェタ工科大学(Jetatech)の関係者から話しかけられて、
失礼な態度をとったジェイをフォローするフィル。
He’s a bit of Luddite.
(短気な人で) 
実際には、短気な人というより ↓
Ludditeテクノロジーを嫌う人
この単語、まだ使われているんだ!と思いました。
You really are a dyed-in-the-wool Luddite, aren’t you?
(あなたは本当に徹底した(筋金入りの)テクノロジー嫌いなのですね。)
(11/12/23「実践ビジネス英語」)

(5) ミッチェルは、キャメロンが大事にしていたペットの遺灰を
うっかりばらまいてしまい、隠すためにウソをついています。
実はもう気づいている、というキャメロンの告白。
I knew Mitchell was lying. I was just giving him the opportunity to come clean. I had discovered the urn was empty.
(ミッチェルのウソは見破っている もう知ってるんだ)
come clean → 本当のことを言う、白状する
..., I thought I should come clean with you about what happened before the office rumor mill goes into overdrive.
(社内がこの噂でもちきりになる前に、何があったのかをありのまま皆さんにお話すべきだと思ったのです。)
(09/06/17「実践ビジネス英語」)

urn → 骨壺
は06/05/29・30「ビジネス英会話」で習った単語。
まさか、アメリカのドラマで聞くとは。


Youtube を習慣的に見るタイプではないのですが、
このポッドキャストで JENNI さんを知って、
彼女のチャンネルをのぞいてみたら、こんなビデオ発見。

若くて才能ある Youtuber の活躍を見るのは楽しいですね。
バイリンガル Youtuber っていっぱいいるんだなぁ。


去年の今頃、「ラジオ英会話
Don’t let him persuade you into lending him money.
(彼にお金を貸すように説得されちゃだめだよ。)
「お金貸して」って頼まれたら「私も貸してほしいぐらいなの、ごめんね〜」って言う。
posted by ラジ子 at 20:10| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: