2020年09月30日

really must

「ラジオ英会話」

涼しくなってきて、「○○の秋」っぽい雰囲気になってまいりました。
最近は Amazon music でクラシック音楽を聞くのがマイブーム。

9/21放送分
控えめな提案
Suppose we postpone the party since most people are not free this Saturday.
− ほとんどの人々が今週土曜日に時間がないので、
  パーティーを延期したらどうでしょう
「仮に〜してみよう」→ 控えめな提案。(テキスト)
提案にも使えたんですね。
↓ は仮定
Suppose I choose to do nothing, just idle my old age away?
(老後を何もしないでただぶらぶらして過ごそうと決めた場合はどうなるのか?)
(07/03/26・27「ビジネス英会話」)

What if we quit our jobs and go backpacking around the world?
− 私たち、仕事を辞めて世界中を
  バックパック旅行しに行ったらどうでしょう
What if 〜?で提案。(テキスト)
backpack → バックパックを背負って徒歩旅行をする
(ジーニアス)
↓ は仮定
And what if my hands start shaking or I lose my train of thought?
(それに手が震えてきたり次に何を言うのかわからなくなったらどうする?)
(06/08/2・3「英会話上級」)

9/22放送分
ピザ店の同僚に質問
Do you always go by the book?
− あなたはいつも決められたとおりにするの?
go by the book → 規定[慣例]どおりにする
Go by the book to be safe and sure on that account.
(そういう意味でも、注意深く慣例に従って無難にまとめることです。)
(07/07/6・7「ビジネス英会話」)

融通きかなそうつながり
I was able to cut through the red tape.
(面倒な手続きを切り抜けることができたの。)
red tape → 形式的で非効率なお役所仕事
(14/07/28「ラジオ英会話」)

ストレートなアドバイス
You really must go see this movie.
− この映画は本当に見に行かなくちゃいけないよ。
You really must 〜 を使った陽気なアドバイス。(テキスト)
押しつけがましい、上から表現と思ってしまいそう…。

9/23放送分
ヨガのクラスをすすめられた男性。
I feel a little funny about it.
− 少し落ち着かない感じがするけど。
↓ 言いたいことは(たぶん)同じ
I always have a funny feeling when I turn on the ignition in my new hybrid car.
(私は、新しいハイブリッド車のイグニッションを作動させるたびに妙な感じがしますね。)
have a funny feeling … 変な感じがする
(15/04/22「実践ビジネス英語」)

技ありのアドバイス
The best thing to do is to talk to a counselor.
最もよいのはカウンセラーと話すことですよ。
定型表現として暗記する。
あまり動詞で使われているのを見ない counsel
You'll counsel the graduates about their career paths.
(その大学の卒業生たちに進路について助言を与えるわけですね。)
(06/06/26・27「ビジネス英会話」)

Your best bet is to just wait and see what happens.
いちばん確実なのは、何が起こるか成り行きをただ見守ることだね。
これも暗記。
「確実」仲間
She is certain to lose her cool.
(彼女は確実に激怒するだろう。)
(19/11/27「ラジオ英会話」)

9/24放送分
仮定法を用いたアドバイス
If I were in your shoes, I’d jump at the chance.
− もし私が君の立場だったら、そのチャンスに飛びつくでしょう。
このあいだ復習した jump 表現に似た英文がありました
jump at the opportunity → そのチャンスに飛びつく
結論に飛ぶときは
jump to conclusions
at to の、似て非なるニュアンス…。


【モダンファミリー】
Youtube はそんなに見ていないと言っておいて、
またか!って感じですけども( ̄▽ ̄;)
「モダンファミリー」を使った英語学習ビデオを発見。

ドラマで使われている単語の説明などが聞けて
なかなか楽しいのですが、
説明もすべて英語なので、初心者にはちょっとハードルが高いかも。
このチャンネルには、ほかのドラマのからのレッスンもあるので、
何本か試しに見ようと思っています。


去年の今頃、「ボキャブライダー
in direct proportion to→ 〜に正比例して
in inverse proportion to → 〜に反比例して
とか言えたらカッコよさげなんだけど、
The 比較級 のアレで事足りる気がする。
posted by ラジ子 at 12:23| Comment(4) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
what ifに続く文章は私なぜか過去形だけと思い込んでいたのですが、このようなシンプルに提案するときは現在形でいいんですね(;'∀')

YouTubeには本当に色々な動画がたくさんあって、あれもこれもついお気に入りに入れてしまいます。でも結局忘れて。この動画もそのうちの1つです。モダンファミリーを取り上げていたのを知らなかったのがいい証拠(^^;ご紹介ありがとうございました!

このあいだフレンズの2分くらいの動画をディクテーションして教えてもらいました。
モダンファミリーも手ごわいですが、フレンズのレイチェルもかなり。そしていまだに人気のドラマではありますが、時代背景みたいなのを聞くとやはり当時の人気のフレーズなどが使われているそうで、今使うとちょっと違和感があるものも少なくなさそうです。
そういう意味でモダンファミリーを扱っているのは嬉しいです。
Posted by Lily at 2020年09月30日 17:46
【Lilyさん】
Youtube もアマゾンみたいに、あれこれ似たビデオをおすすめしてくれるので、いろいろ見ちゃいますよね。そして私もついついチャンネル登録をしてしまいます( ̄▽ ̄;) で、時々チャンネル断捨離しています。

短い時間のディクテーションでも、正確に聞き取ろうとするとたいへんですよね。フレンズも26年前となると、さすがに今では使わないような表現があるのかもしれませんね。若い6人の会話だし。でも、まだまだ会話教材としては使えそう。

試しに洋書を読み始めたものの、やっぱりあんまり楽しくないんですよ...。ドラマ(コメディ)が好きだな〜。なので、こういうビデオで好きなドラマを使って学習できたらサイコーです。「フレンズ」の学習ビデオも見ようと思ってます。楽しみ〜!
Posted by ラジ子 at 2020年09月30日 22:26
大人になってからの語学学習が楽しいのは、誰に強制されるわけでもなく、成績や進級、進学に関係なく好きな教材で自分のやり方で学べることが大きいですよね。もちろん資格試験に合格したりハイスコアを狙う方は学び方が違ってくるし同じ学習者と切磋琢磨して勉強しているのはネットでも見かけますけれど、そうじゃなければ「●点取らないと単位落とす〜」なんて心配しないで自分のペースで楽しめばいいんですよね。

そういう点でドラマは最高です\(^o^)/
笑ったり共感したりしながら英語が学べるんですもの。前に「イディオムが好きだけれど知らないとか古いとか言われることがある」と相談したら、ある先生は「どんどん使うのはいいことだと思う。へんであれば直されるだろうし」と。頑張ってもネイティブと同じにはなれないし、ネイティブが使わないのにイディオムを入れるのもまた外国人らしくてそれはそれでいいんじゃないと思うことに。
学習者とすれば直されれば記憶も残りますしね。日本のバブル期のドラマの会話みたいにフレンズにも今はどうかと思うものはあるようですが、変わらず使えるものもあるわけで、学校では教えてくれなかったbe supposed toが定着したのもフレンズのおかげです。

楽しくなければ続かない!の気持ちでこれからもエンジョイしたいですね(^-^)
Posted by Lily at 2020年10月01日 11:03
【Lilyさん】
そうそう、Lilyさんの言う通り、もう私たちは成績を気にすることなく、好きなことを純粋に楽しめるお年頃!私は今後、英語に関する試験を受験する予定は一切ないので、読めなくたって、文法間違えたっていいのです。そりゃあ間違えないにこしたことはないけど、なんとなくヘンな英語だって、言いたいことが伝わればいいし、ヘンな英語を話すぐらいの方が愛嬌があっていいかもしれない。(と思うことにする)

もう、いろいろがんばってきたんだし、これからは、努力はほどほどにして、ワクワクな英語学習を楽しみましょうね〜。
Posted by ラジ子 at 2020年10月02日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: