2020年12月26日

take a vote

「ボキャブライダー」

クリスマスプレゼントとして欲しいのは、
「物より健康」という年齢になってしまいました( ̄▽ ̄;)

We played Vocab High School and beat them last year.
− 私たちは去年、ボキャブ高校と対戦して勝った。
play against とすることもできる。(アプリ)
↓ 国際試合
... England have played the US ...
(イングランドはアメリカと対戦したことがある)
(10/09/02「ラジオ英会話」)

Who are the starters in today’s game?
− 今日の試合のスタメンは誰ですか?
別の意味
conversation starter → 会話のきっかけ
(09/09/25「実践ビジネス英語」)

I always vote for the most experienced person.
− わたしは選挙では、最も経験のある候補いつも投票する
I vote for the orchestra section.
(私はオーケストラ席がいいと思うわ。)
vote for → 〜がいいと思います、という提案にも使える
(1999年度「ラジオ英会話」)

Kay won by a majority of 1,000.
− ケイは1,000票差で勝った
大差をつけて、のニュアンスということですかね。

Let’s take a vote!
多数決にしよう。
↓ 挙手
Who's in favor? Can I see a show of hands?
(賛成の人? 手をあげてくれますか?)
(09/05/16「英語5分間トレーニング」)

The snowplows started cleaning the roads an hour ago.
− 1時間ぐらい前から、除雪車が道路を除雪し始めた。
↓ トラクターで
I can plow up your yard in no time!
(お庭をあっという間に掘り起こせますよ!)
(17/05/16「ラジオ英会話」)

Why are snowflakes naturally symmetrical?
− 雪の結晶はなぜ左右対称なんだろう?
symmetrical の反対は
asymmetrical → 非対称の、均整のとれていない、アシンメトリーの
(07/09/10・11「英会話上級」)

We saw a large herd of reindeer in the national park.
− 私たちは国立公園でトナカイ大きな群れを見た
群れシリーズの復習はこちら


【グッドドクター】
先週の「ボキャブライダー」で学習した
Turn that frown upside down.
(笑顔になってね)
に再会!

入院中のリム医師が
Feeling any better? (調子は?)
と質問されて

Nothing like a good B.M. to turn a frown upside down.
(排便で 気分スッキリよ)

frown で「への字」になっている口の形を逆にする → 笑顔
学習のおかげで意味が分かったときって、まさに
「英語勉強していてよかった!」モーメント

ちなみに B.M.bowel movement の略。
「モダンファミリー」にも
Kevin is biting his nails again, and Reuben hasn't had a bowel movement in a week.
(ケビンは爪をかみ ルーベンは便秘になった)
というセリフがありましたが、
日常会話で気軽に使えるのかどうかは観察中。


去年の今頃、「ラジオ英会話
可算と不可算の大原則
具体的で決まった形があるなら可算、抽象的で形がないなら不可算
My joke was greeted with an awkward silence.
(彼のジョークは居心地の悪い静寂に迎えられた。)
始めと終わりがあるクッキリとした「静寂」→ 可算
説明されると「なるほど」とは思うんですけどね…。
posted by ラジ子 at 13:13| Comment(4) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「グッドドクター」シーズン1終了しました。

何と、グッドドクターに、"starter" と"bowel movement"出てきました。

これは私たちと本当に相性がいいかも^^

Posted by ばっちもんがら at 2020年12月30日 08:36
【ばっちもんがらさん】
シーズン1、終わったんですね。私はシーズン2を見終わりました。でも、FODでの配信がシーズン2までなので、その後が気になるー!コメディ以外で久々にハマったドラマです。海外ドラマ情報、来年もいろいろ教えてくださいね。
Posted by ラジ子 at 2020年12月30日 18:17
むかし英会話スクールで母と同い年のクラスメイトが便秘をストレートにconstipationと言ったら先生が笑ってbowel movementと言ったほうがいいよと言っていたのを思い出しました。ひと昔前なのにこんなことは覚えてます。

vote forは日本語で「〜に1票!」と言うみたいにもっと気軽に使えるのですね。

スタメンはスターティングメンバーともスポーツ中継で言われるので英語だと思いがちですよね。忘れていましたstarters.「とりあえずビール」の時のfor startersもスタメンも会話のきっかけのstarterも同じところから来ているんでしょうね。スタメンという言葉が使われるスポーツをまともに見ることがほぼなくなりましたが、いまこの記事を読んで20年以上も前に教わった「登録選手名簿」rosterを思い出しました。前にここでコメントしたことがあるのかもしれませんが、自分では使わない大昔に教わった単語を思い出すのは年を取った証拠でしょうか(^^;

それはともかく、ラジ子さんやばっちもんがらさんのブログのおかげで何とかモチベーションを維持できています。最近色々なことが面倒になってきたもので。

どうぞ良いお年を!
この記事を読んで
Posted by Lily at 2020年12月30日 21:14
【Lilyさん】
constipation は会話では使われない...φ(..)メモメモ っと。いつもありがとうございます。
私も20数年前にラジオ講座で聞いた単語を思い出すことがあります。脳年齢の関係?それともやる気がメチャクチャあったから? ただ、そういうのって、普段あんまり日常会話で聞かない単語だったりするんですよね( ̄▽ ̄;)ザンネン。
ブログを始めたきっかけのひとつは英語学習友達を探すことだったのですが、Lilyさんを始めとする素晴らしい人たちと知り合いになれて、ブログをやって本当によかったと思っています。来年もよろしくお願いします。
Posted by ラジ子 at 2020年12月31日 11:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: