2020年12月30日

in light of

「ラジオ英会話」

来年は、また友達と安心して飲んで食べて、
おしゃべりできる年になりますように!

12/22放送分
助力を求める
I could really use a hand with this tree.
− このツリーを手伝ってもらえると本当にありがたいんだけど。
学生時代に習った記憶のない could use

最初に知った時 ↓ バイトを探す大学生
I could use a little spending money.
(もう少しお小遣いがあれば助かるもの。)
Who couldn’t?
(みんなそうよね。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

手伝ってくれたら
I’ll pay you the going rate, OK?
相場の金額を払いますよ、いいですか?
going → (料金・金利などが)現行の
That’s the going price these days.
(それが最近の相場よ。)
(13/11/05「ラジオ英会話」)

I’ll return the favor, of course.
− もちろんお返しはしますよ。
お金以外も返そうと思えば返せる repay
I don’t know how to repay you for your kindness.
(ご親切にどうやってお返しすればいいか分かりません。)
↑ は定型表現だそうです。
(18/02/15「ラジオ英会話」)

12/23放送分
変更を求める
I hate to mention this, but would you mind not leaving the toilet seat up?
− 言いたくはないのですが、
  便座を上げたままにしないでいただけますか
20/03/18「ラジオ英会話」で
Would you mind 〜? はていねいな質問と学習しましたが、
便座の質問でもいいの?( ̄▽ ̄;)

In light of this new information, could you reconsider your decision?
− この新しい情報を考慮して
  そちらの決定を考え直していただけないでしょうか?
in light of → 〜に照らして、〜を考慮して
↓ なんとなく思い出した表現
It’s made me look at food in a whole new light.
(食べ物の見方ががらりと変わったんだ。)
look at 〜 in a whole new light … 〜の見方ががらりと変わる
(10/01/07「ラジオ英会話」)

Are you willing to take a flight with stops?
乗り継ぎのある便でもかまいませんか
be willing to → 〜するのがイヤではない・かまわない
乗り継ぎ便の言い方、カンタンですね〜!
↓ 乗り継ぎ便はかまわないけど、ひと言ある人
I don’t mind transferring so much per se, but repeatedly going through boarding security can drive me clean out of my mind.
(乗り継ぎそのものはさほど気にならないのですが、何度も搭乗前のセキュリティチェックを受けるのは本当にうんざりです。)
(08/12/04「実践ビジネス英語」)

You’d better put more emotion into your speech if you want to impress the judges.
− もしジャッジに好印象を与えたいなら
  もっとスピーチに感情を込めなくてはなりません。
たぶん、いろんな応用が可能な put into
↓ ステキな街を作るためには
And that can happen only if the citizens and the architects put their hearts into town planning.
(そしてそれは市民と設計者が、都市計画に熱意を注がなければ実現しないことよね。)
put one’s heart(s) into 〜 → 〜に熱意を注ぐ、熱中する
(1998年度「ラジオ英会話」)

12/25放送分
忙しい人が頼みごと。
Can you print out the addresses and stick them on the envelopes?
− 住所をプリントアウトして封筒に貼りつけてくれないかな?
「貼る」という意味で stick を使ったことないかも…。
paste の方
I just pasted different slogans in places like my fridge, my PC at work and my portable music player to remind me to keep to my personal fitness regime.
(自分なりの健康維持・増進法の実践を忘れないようにするため、冷蔵庫や職場のパソコン・携帯音楽プレイヤーなどに、いろいろなスローガンを貼っただけなのです。)
(12/09/19「実践ビジネス英語」)
ネットで調べたら paste は「のりで貼る」という説明だったのですが、
↑ ってのりで貼ってる感じがしないんですよね…。


【ズンボのジャストデザート】
かなりのプレッシャーを伴う「ズンボテスト」を
すでに何度か体験済みの挑戦者がひと言。
This is right up my alley, and having a couple more Zumbo Tests under my belt gives me the advantage.
(得意分野で楽しみだ ズンボテストでの経験は有利になる)

This work is right up my alley.
(私にうってつけの仕事です。)
(08/04/07「入門ビジネス英語」)
... workers with two or more languages under their belt are better-placed to land top-paying jobs.
(2か国語以上身につけている労働者は、高収入の職に就くのが有利になるということですね。)
(09/03/20「実践ビジネス英語」)
普段、ベルトをしていない人が使ってもいいんですよね?

Netflix ではこれも見ています。

ケーキ作りって、見てるだけでホントにシアワセ〜。


去年の今頃、「ボキャブライダー
I learned it through trial and error.
(試行錯誤で学びました。)
人生これの繰り返し、来年もこの調子で楽しもうと思っています。
よいお年をお迎えください
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: