2021年01月09日

gulp

「ボキャブライダー」

今年は、声に出して読んで、読んで、また読んで、
例年以上に音読しまくってみる実験を行うことにしました。

Yesterday, I did my first shrine visit of the year.
− 昨日、神社に初詣に行ってきました
お墓詣りも visit
we ... visit and clean our ancestors’ graves ...
(先祖のお墓へ行って、掃除をして、...)
(07/08/17・18「英会話上級」)
pay a visit to という言い方も学習しました。
(どこでだったかなぁ...)

I broke my resolution and ate some chocolate cake.
決意を破ってチョコケーキを食べちゃった
↓ は「破った」のではなく、そもそも resolution make するのを「やめた」パターン
I think your brother is right to get out of the New Year’s resolution rut, ...
(弟さんがマンネリ化した新年の誓いをやめたのは、当然だと思います。)
(11/12/21「実践ビジネス英語」)

The tea’s hot! You should blow on it first.
− お茶、熱いよ!先にふーふーした方がいいよ。
↓ 2018年3月の「ボキャブライダー」より復習 (2回目)
With a broad smile on her face, Liz blew on her tea to cool it.
(リズは大きな笑みを顔に浮かべながら、紅茶を冷ますために息を吹きかけました。)
おまけ
Make a wish and blow out the candles on your birthday cake.
(願い事をして、バースデーケーキのロウソクを吹き消して。)

Young man, don’t gulp your whisky. Sip it like this so that you can enjoy the aroma.
− 若いの、ウイスキーをがぶ飲みするんじゃないよ。
  香りを楽しむのにこんなふうにちびちび飲みな
gulp 初登場。

ちびちび飲む nurse
When I’m at a party or a reception, I get one drink at the very beginning with lots of ice and nurse it all night.
(パーティーやレセプションの席では、私は氷がたくさん入った飲み物を
最初に1杯もらって、その夜はそれだけをゆっくり飲みます。)
(12/09/27「実践ビジネス英語」)

I saw a little bird sipping nectar from a flower.
− 小さな鳥が花から蜜を吸っているのを見た
↓ は collect
They learned that the bees collect nectar from flowers within a few-kilometer radius of the rooftop ...
(ミツバチは屋上から半径数キロの範囲で花からを集めると(中略)いったことを学びました。)
(12/09/24「ラジオ英会話」)

agree to 名詞は「〜を承諾する、〜に同意する」
We all agree to the plan.
− 私たち全員、その計画に賛成しました
They need to agree to some kind of middle ground.
(ここは2人で何らかの妥協案に同意しないと。)
(11/02/16「ラジオ英会話」)


ちょっとしたお年玉をもらった報告。
(1)【ママと恋に落ちるまで】
このコメディーシリーズから。
So, apparently Robin and PJ are an item again.
(ロビンとPJがヨリを戻した)
Matt seems to be very interested in Maya. Are they an item?
(マットはマヤにすごく興味がありそうです。彼らはつきあっているのでしょうか。)
an item → (ラブラブ)カップル
(20/12/08「ラジオ英会話」)

(2)【今求められるミニマリズム】
ネットフリックスのオリジナルドキュメンタリーから。
I had this gaping void in my life.
(僕の人生にはぽっかり穴が開いていること)
Megumi opened the gift and gaped at what was inside.
(メグミはプレゼントを開けると、口をぽかんと開けて中身を見つめた。)
gaping → ぽっかり開いた
(2020年12月「ボキャブライダー」)

ラジオ講座で知る → 実際に聞こえる
この流れは、やっぱりごほうびなんでしょうね〜

物をためるのがイヤなタイプなので、
ミニマリズムのドキュメンタリーは共感しかない!



去年の今頃、「おもてなしの基礎英語
Turn the camera sideways!
「カメラを横向きにすればいいだろ!」
縦にしてもらう時は
Turn the camera upright.
ネットでチャットする時、iPadを使うんですけど、
カメラの位置の関係で、私は upright 派です。
posted by ラジ子 at 10:42| Comment(2) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅ればせながら本年もよろしくお願いします!

ラジ子さんは物をためるのが嫌なんですね。きっとお部屋もスッキリでしょうね。私はどうも処分するのが下手で年末も思ったより物が減らなかったです(^^;hoarderですね(-_-;)また、運転しないということもあり、体調や天候で必要なものがすぐに買いに行けないこと、震災を経験したことも手伝って洗剤などストックがないと不安です。春先の非常事態宣言では買いだめをする人が多くて少し不安になりましたが、日頃からトイレットペーパーなどは買い置きしているのでpanic buyingはしませんでしたが。先生にはprepperだねとポジティブな言葉をもらいましたが、夫には物を減らすように言われます(^^; いつか使うだろうはないと思ってもっと処分せねば。

visit とpay a visitってニュアンスに違いはあるのでしょうか。look atと言うよりtake a look atのほうが少しネイティブっぽいかしら?と時々使ったりしますが、逆にフォーマル感が出て堅苦しいものなのかなぁ。

nurseは本で出会ったように記憶していますが、実ビジに出てきていたのですね。綺麗に忘れていました。ラジ子さんはドラマやドキュメンタリーを楽しみながらしっかり英語字幕もチェックされていますね。私も年齢と戦いながら音読をしようかと思います。意欲が低下していたドラマ鑑賞もしていきたいです。数日前にレッスンで出てきたイディオムがエンタメ系の雑誌の記事ですが、ジョージ・クルーニーがトランプ大統領が支持者のアメリカ議会襲撃を煽ったことを非難するという記事に出てきて、久々にらじこる喜びを味わいました(^-^) 貪欲に学び続けるラジ子さんを見習いたいです!
Posted by Lily at 2021年01月09日 22:29
【Lilyさん】
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
物をためるのがイヤというより、不要な物が自分の身の回りにあるのがイヤ、というのが正しいかもしれません。私も日用品はストックを買ってあるし、洋服もそこそこ買いますけど、もう明らかに今後使わない物、着ない洋服などは処分したいです。ただ、家族といっしょに住んでいると私の思う通りにいかないのが現実で...。いろんな価値観があるので、強要はできませんね( ̄▽ ̄;) prepper という単語は初めて知りました、ありがとうございます。

visit と pay a visit の違い、どうなんでしょうね?「文字数が多くなれば多くなるほどフォーマル」という遠山先生セオリーから言えば pay a visit の方がフォーマルなんでしょうけど。チャンスがあればネイティブに聞いてみようと思います。

Lilyさんは本もたくさん読んでいらっしゃるようですね。ばっちもんがらさんとの読書トークを読ませていただいています。私にしたら読書の方がドラマよりエネルギーが必要なので、人によって得意不得意?が違うのかもしれませんね。最近はあまり細かく字幕をチェックせず「あ、これ前に習ったことある!」と感じた時だけ調べています。
いまだに英語の勉強を続けているのは、楽しさが続いているから、それだけです。楽しいと思えるうちは、trial and error しながら、英語で遊びつくそうと思っています。Lilyさんも英語で楽しい時間をたくさんお過ごしくださいね!
Posted by ラジ子 at 2021年01月10日 15:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: