2021年02月13日

prime time

「ボキャブライダー」

これから英語の勉強を始めようという人がいたら、最初に
(1) 前置詞や副詞のコアイメージを身に着けておく
(2) フォニックスで発音練習をする
と後々、いいことあると思います。
(初めにやっときゃよかったシリーズ)

Let’s do an experiment.
実験してみよう
do + 名詞のシンプルパターン
Perhaps we can do lunch.
(お昼でもご一緒できそうですね。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

I like him because he’s so genuine.
− 彼はすごく誠実でいいですね。
honest and sincere ということ(アプリ)、
この意味では初メモ。
↓ かつての genuine
本物のピカソ(の絵) … a genuine Picasso
(18/11/19「ラジオ英会話」)
If we can locate them quickly, the bank can redeem them for genuine pesos.
(偽札をすぐに特定できれば、銀行が本物のペソと換えてくれます。)
(06/11/6・7「英会話上級」)

It’s naïve to think that anyone can be rich.
− 誰でも金持ちになれると考えるのは甘すぎるよ。
naïve → もともとフランス語の「生まれたままの」という言葉からきている。
(アプリ)
ということは ↓ はやっぱり意味が近いな。
... when I was still a babe in the woods.
(私がまだ右も左もわからなかったころに、...)
babe in the woods … うぶでだまされやすい人、世間知らず
(12/08/01「実践ビジネス英語」)

He is a classy guy well-dressed and polite.
− 彼は上品なやつだ。おしゃれだし、礼儀正しい。
classy → 洗練された、品のある
同名のオシャレ雑誌ありますね。
Try on your classy new footwear.
(しゃれた新しい履物を試しに履いてみなさいよ。)
↑ しゃれた履物はウサギのスリッパでしたけどね。
(06/06/21「英会話徹底トレーニング」)

I prefer mature wine. This one is still young.
熟成したワインが好みなんです。これはまだ若すぎる
好みのワイン表現
Chris prefers full-bodied red wines.
(クリスは濃厚な味の赤ワインのほうが好き。)
(19/12/24「ラジオ英会話」)

The kitten curled up on my lap and started purring.
− 子ネコが僕のの上で丸まって、ゴロゴロ鳴き始めた。
up には「仕上げ」というイメージがある。(アプリ)
こういうイメージのゲットが大事。

lap つながり
It just fell into my lap.
(ただ棚からぼた餅だったのよ。)
(14/04/16「ラジオ英会話」)

The interview will be broadcast during prime time tonight.
− そのインタビューは今夜のゴールデンタイムに放送される。
ゴールデンウィークとかゴールデンカレーとか、
日本人はゴールデンが大好き。

prime つながり
A doughnut is a prime example of junk food, full of calories with little nutritional value.
(ドーナツはジャンクフードの最たるものだよ、カロリーばっかりで栄養価はほとんどナシ。)
(06/05/12・13 「英会話上級」)


【モダンファミリー】
誰かのために立ち上がる表現。
娘のボーイフレンド、ディランのことが気に入らないクレア。
しかし、夫のフィルはディランの肩ばかり持ちます。

フィル:Hey. It wouldn’t kill you to be nice to Dylan.
    (ディランにやさしくできないか?)
クレア:It might. What honey, I don’t know why you always stick up for him.
    (なぜ彼をかばうの?)

Now, let me stick up for Bob.
(ではここで、ボブの弁護をさせてください。)
(10/12/17「実践ビジネス英語」)
ここの stick は「くっつく」という意味のようです。

↓ の方が頻繁に見かける気がする
You're going to stand up for me?
(私を支持してくれるっと言うの?)
(2000年度「ラジオ英会話」)
いずれにしても、誰かのために立ち上がる(up)イメージなんだろうな、
って思います。
こういう感覚を最初に身に着けておくと、英熟語も簡単に覚えられたのに...、
と思うわけですわ。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I think it also sharpens the mind and improves memory.
(また、頭の働きを鋭くして記憶力を高めてくれると思います。)
↑ は、英語学習の効能ですよ!
posted by ラジ子 at 12:41| Comment(4) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴールデンカレーには笑ってしまいました(^-^)
確かに足利義満の金閣寺とか秀吉の黄金の茶室とか、昔から日本人は金というものに欧米人とは別の想いがあるんでしょうか(縁がない私)英語でぱっと浮かぶのはgolden ageとGolden Globe Awardかなあ。

前置詞の持つイメージというものは大西先生の講座以外でも取り上げてきましたが、私はずっと苦手でだから句動詞も覚えられないのかもしれません。finishとfinish upのニュアンスの違いはそういうことなんでしょうかね。

さきほど書店に行ったので3月号のテキストを買ってきました。遠山先生のは置かない店みたいで、それなら電子版でいいかなと思いました。レッスンのネタになるかと気まぐれで実践ビジネス英語のテキストを買ってしまいました。さて来年度はどうなるかと見たら、杉田先生の講座は3月で終了なんですね!ネットでは何年も言われてきましたが、根強いファンも多いですから続いてきたのかなあ。1987年に初めての講座がスタートしたそうで、長きにわたって本当にお疲れ様でしたと申し上げたいです。4月からは月〜金まで通して1つのビジネス関連の講座がスタートするようですね。基礎英語もタイトルが変わるみたいで「新年度がスタートするんだな」という気持ちになりました。
Posted by Lily at 2021年02月13日 17:00
【Lilyさん】
ゴールデンカレー、ロングセラーですね。私は ZEPPIN 派です(どーでもいい情報)。

finish と finish up の違いは自分の伝えたいことがハッキリ「決まる!」感じなんだろうなと思っています。学生時代はやみくもに丸暗記をしていた英熟語も for, through, out などなどのイメージが最初につかめていたら簡単に覚えられていたうえに、自然に使える知識になっていた可能性も?

私も、新年度のラインナップを見ました。最近は聞いていませんでしたが、杉田先生のビジネス英語が終了するのは、ちょっと残念ですね。とは言え、新しい講座が始まるので、そちらに期待したいです。
個人的には「中高生の基礎英語 in English」が楽しみです。監修が松元茂先生ですし。4月になるたび、ちょっと新鮮な気持ちになれるのはいいものですね!

莉杏さんもコメントに書いていらしたんですが、地震の影響を心配しています。大事に至っていなければいいのですが。無事をお祈りしています。
Posted by ラジ子 at 2021年02月14日 19:09
我が家に今あるルウは「こくまろ」です。
娘が辛いのがダメなので(私も)甘口で、夫には辛さ調節のためのスティックタイプのパウダーがエスビー食品から出ているのでそれを。別に作るという優しさはないです(^^;

中高生の基礎英語in Englishは全編英語なんですよね。おお〜ついに!と思いました。できれば大人のための講座でもお願いしたいですが、そうなるとぐっとリスナーが減ってしまうかもしれませんね。私も朝に家事しながら聞き流すかストリーミングでちょっとチェックしてみたいです。

土曜の夜は広範囲で揺れたみたいですね。30年以内に90%くらいの確率で来ると言われて恐れていたのですが、それとは別ものみたいで。
「東日本大震災の余震です」と言われて10年になろうという時に何とも言えない気持ちです。そして「あと10年は余震活動が続くでしょう」ですって
!!日本は本当に毎年どこかで何かが起きますね。
Posted by Lily at 2021年02月15日 15:32
【Lilyさん】
「こくまろ」も美味しいですね。というかカレーは何の種類でも、どこで食べてもいつも美味しい!

4月からオールイングリッシュの番組が聴けるなんて、すっごく楽しみです。ただ、すぐにギブアップしてしまう人もけっこういそう?
ちょっと気になったのが、テキストの値段。税込み550円かー、いっきにほぼ50円のアップ。そうは言っても買うんですけどね...。

Lilyさんの無事がわかって安心しました。この辺りもかなり長い時間揺れて、いつにもましてあせったので、震源に近い地域の方々はきっと怖い思いをされたのだろうと思います。次はいつどこで何が起こるかわかりませんが、準備だけはしっかりしておこうと改めて気が引き締まりました。
コメントありがとうございました!
Posted by ラジ子 at 2021年02月16日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: