2017年03月20日

not budge on

「ラジオ英会話」

値段交渉のダイアログなら、やっぱり「ラジオ英会話」!

3/13放送分
I’m calling to seal the deal on the RV.
− RVの話をまとめようと思って電話したんだ。
この日のタイトル、clinch the deal も「契約・交渉をまとめる」、
clench a fist だと「こぶしを握りしめる」
(07/07/30・31「ビジネス英会話」)
似てるー。

How about knocking down the price a bit?
− どうかね、少し値引きをしないかね?

値引きでブログ検索した結果
Is it negotiable?
(それは値引き可能ですか?)
(13/11/13「ラジオ英会話」)
I’m willing to knock off a few dollars.
(すこし値引きさせてもらいますよ。)
(10/12/17「ラジオ英会話」 More Info!)
個人的には
Could you give me a discount?
が言えればいいかなと思っています。

Sorry, buddy, I’m not budging on the price.
− 悪いんだけどねえ、値段に関しては一歩も譲りませんよ。
not budge on 〜 … 〜に関しては一歩も譲らない
budge が「ちょっと動く」
08/10/30のエントリーに書いたポッドキャストニュースに
Her stone is not budging, …
(彼女の腎臓結石は全然動かない)
がメモしてありました。

↓ も全然動かないことによる決意の固さ
She didn’t give him an inch.
(彼女は彼に一歩も譲らなかった。)
(16/01/16「英語5分間トレーニング」)

3/14放送分
If we play our cards right, we can put the house on the market next month.
うまく事を運べば、来月にはこの家を売りに出すことができる。
play one’s cards right … うまく事を運ぶ、手順をちゃんと踏む
16/02/09「ラジオ英会話」で習っていました。

↓ はアンティークのいすをネットで売るケース。
You could put it up for auction online.
(ネットオークションに出してもいいし。)
(11/04/29「英語5分間トレーニング」)

3/15放送分
ガレージセールにて。
Could you come down in price a little?
価格を少し下げてもらえるかしら?
また値下げ交渉。
we would need to come down from the 25% you suggested.
(おっしゃっていた25%からは下げてもらうことになると思います。)
(08/11/24「入門ビジネス英語」)
↑ この日に come down がらみのイディオムの復習をしています。

3/16放送分
I’ll throw in the garden tools.
おまけに園芸用具を付けます
物以外にもおまけ可能。
Plus, we’ll throw in moving costs.
(それに移動費用をもちます。)
(10/01/25「入門ビジネス英語」)

現金を持っていないので
Can you hold it for me?
取っておいてくれるかな?
そうか、お取り置きは hold でよかったのか。
Can you hold this jacket until tomorrow?
(このジャケットを明日まで取っておいてくれませんか。)
(ジーニアス)


【キャッスル】
習ったような気がしていたけど、メモしていなかった(らしい)表現。

事件は解決、しかしそのため、法を犯したロンドン警視庁所属刑事に、
現在住んでいるD.C. に戻るのか?と質問したところ
CASTLE face the music.PNG
London, I'm afraid. Face the music.

face the music … 自分の不始末にけじめをつける
(ジーニアス)
語源は不明のようですが、意味は押さえておきたいところ。

イギリスの刑事の発音、めちゃブリティッシュでクールでしたが、
聞き取りにくくて…。
もう自分の耳は、アメリカ英語聞き取り仕様になってしまったようです


去年の今頃、「ラジオ英会話
I feel like I’m stuck in a rut.
(私ってマンネリ化している気がするわ。)
このブログにも、我ながらすごいマンネリを感じる。
posted by ラジ子 at 11:29| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

snowbird destination

「ラジオ英会話」

避暑地って言葉はよく聞くけど、避寒地は初めて知った。

3/6放送分
寒冷地に住む男性。
In fact, I’ve been looking into popular snowbird destinations.
− 実は、このところ人気のある避寒地を調べているんだよ。
snowbird destination … 避寒者の行く所
ロングマンによると snowbird an especially old person
を指すとのこと。

3/7放送分
I’ll give you an offer you can’t refuse.
− そちらがノーと言えない申し出をするよ。
RV を買わないか?という友人からの提案であった。

断り系表現
He turned down that offer flat.
(彼はその申し出をきっぱり断った。)
(10/09/19「英語5分間トレーニング」)
↓ は丁寧な表現
A has declined the invitation
(Aは断ったところ)
(06/05/1・2 「英会話上級」)
reject の英文をメモしていないのですが、
この単語は意味がキツイと聞いています。

3/8放送分
Gator made me a good offer
− ゲイターが良い申し出をしてくれたんだ!
makea good offer … 〜に良い申し出をする

申し出を受ける場合、accept や ↓
... I finally took them up on their offer.
(やっと彼らの誘いに応じることができました。)
(07/12/12・13「英会話上級」)

You know as well as I do that we can’t dig into our savings.
あなたも承知よね貯金には手を付けられないことを。
You know as well we I do that 〜 … あなたもご承知のはずでしょう、〜ということは。
比較級
Good corporate leaders know better than to think of technology as a cost center somewhere in a back office.
(優れた企業トップは、テクノロジーを事務管理部門のどこかにある
コストセンターと考えるほど愚かではありません。)
know better than to 〜 … 〜であることぐらいわかるはずだ
(15/03/20「実践ビジネス英語」)

dig into 〜’s savings … 〜の貯金に手を付ける
別の意味の dig into
So, Joyce, may I ask you to dig further into this issue?
(では、ジョイス、この問題をもっとよく調べてもらえますか。)
dig into … 〜を徹底的に調べる
(08/08/04「入門ビジネス英語」)

RVを買えば飛行機代やホテル代が不要になるという夫のアイディアに
It sounds nice, but it’s not a workable plan.
− いい話だけど、実行可能な計画ではないわ。
知らないと思っていたけどメモしてあった…。
it’s proven to be a workable arrangement, ...
(そうした決めごとこそが実際にうまくいくやり方なのだ、...)
(10/05/26「実践ビジネス英語」)
2/1に「実ビジ」で学習した「実行可能な」は viable でした。

3/9放送分
We could free up some cash by selling the house and downsizing.
− 家を売って身の回りを整理すれば自由に使える現金ができる
free up some cash … 自由に使える現金を作る

お金のほかに、時間、空間についても使える。
期限より早く仕事を終わらせられれば
…, you can free up your time
(自由に使える時間ができる)
(16/11/18「実践ビジネス英語」)

結局、RVも買うけど、小さなマンション(a small condo)も買うようです。

【キャッスル】
誤解表現。
素性を隠したい人がウソをつきます。
CASTLE mistake.PNG
I'm afraid you've mistaken me for someone else.

一度書いたような気もするのですが、
ずーっと前、知人からもらったメールに
「ハワイに行ったら地元の人に間違われた
(I was mistaken for a local) のように書いてあって
こういう言い方するんだな、って思った表現。

ふくよかな方だったので、妙に納得してスンナリ覚えられました


去年の今頃、「ラジオ英会話
My memory isn’t what it used to be.
(僕の記憶力は昔とは違うから。)
↑ に対する個人的な思いが下の英文。
It happens to the best of us.
(だれにでもあることよ。)
(09/04/07「ラジオ英会話」)
posted by ラジ子 at 11:41| Comment(8) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

have every reason to

「ラジオ英会話」

遠山先生のブログが更新されたそうです、ちょっと安心^^
莉杏さん、教えてくださってありがとうございます。

行方不明のプーキーが見つかった週。

10/17放送分
プーキーを見つけてくれたシェフによると、首輪をしていなかったので、
He slipped right through my fingers.
私の手を難なくすり抜けて逃げてしまいました

つかみかけたチャンスに関しても使われる。(テキスト)
Don’t let a chance like that slip through your fingers!
(ロングマン)

10/19のダイアログでは
He didn’t like his collar very much and slipped out of it.
− 自分の首輪が気に入らず、すり抜けてしまったんです。
ある場所からそっと抜け出すという意味でも使われる。(テキスト)
You could slip out of school between classes, but I wouldn’t risk it.
(ロングマン)
それぞれ2倍勉強した感あり。

10/18放送分
He (中略) jumped in the back of my truck.
トラックの荷台に飛び乗ってきたんです。
「荷台」という日本語に引きずられると、back は思いつけない。

10/19放送分
動物保護施設に連れてこられたプーキー。
A light brown retriever mix was dropped off earlier today.
− 薄茶色のレトリーバーの雑種が今日少し前に連れてこられました
drop off で「乗物から降ろす」という意味。
↓ は、古着を「車で運んで降ろして」寄付する話でした。
But we’ve been dropping off our old clothes at the same place for years.
(でもうちでは、古着をずっと同じところへ持ち込んできたから。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

I have every reason to believe he’s our dog.
− うちの犬だと考えて間違いないと思います
to の後ろはバリエーションあり。
You have every reason to be angry.
(お怒りになるのはごもっともです)
(ジーニアス)

10/20放送分
We gave Pookie a flea bath and vaccinations.
− こちらでプーキーをノミ取りの風呂に入れ
  予防接種をしましたよ。
take a bath の方がおなじみ。

Chef Devin must have a soft spot for stray dogs!
− きっとシェフ・デヴィンは迷子の犬に弱いんだね!
have a soft spot for … 〜が大好きである
have a weakness for / can’t resist と脳内グループ化済み。


【SATC】
to a T との遭遇。
SATC to a T.PNG
It all fits Samantha’s pattern to a T.
fit to a T → ぴったりだ、どんぴしゃり
ドラマの状況説明はできません…(汗)

That was my mother to a T.
(母はまさにそうでした。)
(16/10/06「実践ビジネス英語」)
It suits them to a tee.
(彼らにはぴったりの場所です。)
(12/06/20「実践ビジネス英語」)

SATC」は、犯罪も政治も出てこないガールズトークがメインなので、
会話部分はそこそこ聞きやすいかもしれません。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
In the U.K., it’s OK to ask for a doggy bag in theory.
(英国では、建前としてドギーバッグを頼んでも構いません。)
in practice 頼む人はいないらしいですよ。
posted by ラジ子 at 16:14| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする