2020年09月27日

come clean

【モダンファミリー】

このドラマをもっと味わいつくすため「ながら視聴」をやめました。
聞き取れないところは字幕で確認するものの、
やっぱり速くて速くて( ̄▽ ̄;)、セリフ確認後に英語を聞いても
そう言ってた?みたいなことも...。
まぁ、気長にいきます。
セリフの復習。

(1) あるレストランについてキャメロンが説明します。。
All we know is the Jai Alai Lounge has the single best burger in the country, if not the universe.
(世界一おいしいハンバーガーの店だ)
I found that rather presumptuous, if not downright greedy.
(とんでもない欲張りとまではいかなくても、かなり厚かましいと思いましたね。)
if not … 〜でないとしても、〜とまではゆかなくても(ジーニアス)
(11/04/29「実践ビジネス英語」)
苦手だった if not も、すんなりわかるようになった

(2) リリーの友達の男の子を家に招いたキャメロン。
男の子のママに招待の本当の理由を伝えます。
Well, I must admit, I-I have a little bit of an ulterior motive. I think Lily has a giant crush on your little guy.
(実はリリーのためでもあるんだ 君の息子さんが好きみたい)
ulterior motive → 隠された動機
ブログには残っていないんですけど、2006年「英会話入門」で習ったらしい。
相性がいいのか、珍しくすんなり覚えられた思い出。

(3) 怒っている理由を聞かれたクレア。
Phil. You know what really gets my goat? That you lied.
(腹が立っているのはウソをついたからよ)
「ビッグバンセオリー」でも使われていた表現 ↓
Oh, boy, if there’s one thing that gets my goat, it’s those dad-gum insurance companies.
(保険会社には本当にムカつく)

最近はラジオ講座で聞かないけど、
わりとフツーに使われているってことかな?
↓ 私がラジオ講座で聞いた最後の get one’s goat
Looks like someone got your goat.
(怒らずにはいられない目に遭ったみたいですね。)
(16/01/20「実践ビジネス英語」)

(4) ジェタ工科大学(Jetatech)の関係者から話しかけられて、
失礼な態度をとったジェイをフォローするフィル。
He’s a bit of Luddite.
(短気な人で) 
実際には、短気な人というより ↓
Ludditeテクノロジーを嫌う人
この単語、まだ使われているんだ!と思いました。
You really are a dyed-in-the-wool Luddite, aren’t you?
(あなたは本当に徹底した(筋金入りの)テクノロジー嫌いなのですね。)
(11/12/23「実践ビジネス英語」)

(5) ミッチェルは、キャメロンが大事にしていたペットの遺灰を
うっかりばらまいてしまい、隠すためにウソをついています。
実はもう気づいている、というキャメロンの告白。
I knew Mitchell was lying. I was just giving him the opportunity to come clean. I had discovered the urn was empty.
(ミッチェルのウソは見破っている もう知ってるんだ)
come clean → 本当のことを言う、白状する
..., I thought I should come clean with you about what happened before the office rumor mill goes into overdrive.
(社内がこの噂でもちきりになる前に、何があったのかをありのまま皆さんにお話すべきだと思ったのです。)
(09/06/17「実践ビジネス英語」)

urn → 骨壺
は06/05/29・30「ビジネス英会話」で習った単語。
まさか、アメリカのドラマで聞くとは。


Youtube を習慣的に見るタイプではないのですが、
このポッドキャストで JENNI さんを知って、
彼女のチャンネルをのぞいてみたら、こんなビデオ発見。

若くて才能ある Youtuber の活躍を見るのは楽しいですね。
バイリンガル Youtuber っていっぱいいるんだなぁ。


去年の今頃、「ラジオ英会話
Don’t let him persuade you into lending him money.
(彼にお金を貸すように説得されちゃだめだよ。)
「お金貸して」って頼まれたら「私も貸してほしいぐらいなの、ごめんね〜」って言う。
posted by ラジ子 at 20:10| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

snob vs discerning

「ラジオ英会話」

今日は「モダンファミリー」から復習。

(1) ミッチェルの性格をパートナーのキャメロンがネガティブに言うと
Mitchell is a snob.
(彼は気取り屋だ)

ミッチェル本人に言わせると
N-No, I-I’m discerning.
(違う “こだわり派”だ)

A good chef takes great pride in preparing his or her best dishes and having discerning diners enjoy them.
(優れたシェフは、自分の最高の料理を用意して、それを舌の肥えたお客に楽しんでもらうことに、大変な誇りを持っているのです。)
discerning … 違いの分かる、見識のある
(14/07/18「実践ビジネス英語」)

「フルハウス」では元気の良すぎる子供を表す表現を学習
× : out of control
: feisty / rambunctious

(2) 義理の父ジェイに気を使いすぎるフィルに、皮肉を言う妻のクレア。
We’ve been married for 16 years, and you still walk on eggshells around him.
(結婚して16年なのに(義父に対して)まだよそよそしい)

So you feel like you’re walking on eggshells around her.
(じゃ、彼女といるときは薄氷を踏む思いをするわけね。)
(15/02/04「ラジオ英会話」)
気を使ってしまう人、リラックスできない人について使えそうな表現。

「よそよそしい」つながり
But if you keep too much distance from people, they might think you’re being standoffish.
(でも、距離をあまり取りすぎると、相手はあなたのことをよそよそしいと思うかもしれませんね。)
(14/01/10「実践ビジネス英語」)

(3) さっきまでケンカしていたルークとマニーが仲良く遊んでいる!
You look like you patched things up pretty good, huh?
(すっかり仲直りしたか)

最近、講座で聞いていないけど、しっかり学習済み。
It’s time to patch things up!
(仲直りの時間よ!)
(09/11/18「ラジオ英会話」)
おまけ
What matters is mending fences.
(大切なのは仲直りすることなんだから。)
(10/09/03「英語5分間トレーニング」)

(1) 〜 (3) はシーズン1からの復習。
↓ はシーズン8 から。
(4) 状況説明は省きますが、
最近「ラジオ英会話」で知った単語に遭遇。
This has been one of the most abysmal dates.
(史上最悪のデートを終わりにできるわ)
]
↓ これですやん。
My golf skills are abysmal compared to Kaito’s.
(カイトと比べると僕のゴルフの技術はひどい。)
(20/06/24「ラジオ英会話」)
再会できて、うれすぃ。


ドラマを見ながら、気になる表現に遭遇したら
とりあえずスクショします。
スクショする時はシーズン数、第何話か、残り時間何分でのセリフか
わかるように撮るのがポイント。
↓ こんな感じ
screen shot.jpg
便利な世の中〜。


去年の今頃、「プラダを着た悪魔」から復習していました。
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

untucked

「フラーハウス」

音楽のサブスクも気になるのですが、聞き放題になった途端、
「聞かなきゃ損!」になって、気持ちが焦りそうで踏み切れず。
月額980円、Netflix より高いし...。
とかなんとか言いつつ「フラーハウス」から復習。

(1) 超真面目なマックスがシャツの裾を出しているのを見て驚くキミー。
I’ve never seen him with his shirt untucked.
(シャツを出してるの 初めて見た)

tuck one’s shirt で「シャツをしまう」なので、
untucked で本来しまっておくべきシャツが出ている、
ということ。

シャツが出てるだけでなく、ヨレヨレの服とか
ぐしゃぐしゃの髪の人を表す単語 → disheveled
Do they try to look disheveled?
(だらしなくみえるようにしてるのか?)
↑ 若者ファッションについての印象
disheveled … (髪や服装などが)だらしのない
(11/07/24「英語5分間トレーニング」)

(2) いつもはベストとネクタイなのに、
Tシャツ、短パンというラフな格好のマックスを見たD.J の一言。
Well, you look like someone I know. I just can’t put my finger on it.
(誰かに似てるわ 思い出せないけど)

18/06/04「英会話楽習」では、「知り合い」なら
acquaintance よりも someone I know の方が
フォーマル度が下がるという説明がありました。

I can’t put my finger on it.
(はっきりこれだと言えないけど。)
いくつか候補があるものの、決め手に欠ける感じ?
(10/02/09「ラジオ英会話」)

(3) D.J. が働くペットクリニックの受付が病欠、
キミーに代わりを頼むことにしたD.J.
We need someone to fill in for Janet for the next couple of days.
(ジャネットの代わりが必要なの)

代役系表現
I appreciate your covering for Marcy.
(マーシーの代わりを務めていただき感謝します。)
(15/08/03「ラジオ英会話」)
Looks like I’ll have to step in for her and remind you how important it is to maintain good posture.
(どうやら、私があなたのお母様に代わって、正しい姿勢を保つのがいかに大事かを思い出させてあげる必要があるようですね。)
(15/07/15「実践ビジネス英語」)
stand in for っていう熟語もあるんですけど、
例文が見つかりませんでした。

(4) 同僚のマットは代役のキミーに不安を感じて D.J. に質問。
Are you sure it’s a good idea to have Kimmy working here? I mean, friends and business just never mix.
(キミーに任せて平気? 友情とビジネスは別だ)

いっしょにしない方がいい組み合わせを言うパターン。
Machines and water don’t mix.
(機械は水に弱いからね。)
(18/06/19「基礎英語3」)
Bad weather and shortcuts don’t mix.
(天気が悪いときは、近道を通っちゃいけないんだよ。)
(07/08/21「徹底トレーニング英会話」)


ファミリードラマとしては「モダンファミリー」の方が
圧倒的に好みなんですけど、話すスピードとか内容的は
「フラーハウス」の方が勉強には向いている気がします。


去年の今頃、「ラジオ英会話
gain → 「徐々にジワジワ」と範囲を広げるように手に入れる
acquire → 能力やスキル、名声など価値ある物を獲得すること
obtain → 「カタくフォーマル」
今、英語のスキルを gaining 中で、
最終的にはキチンと acquire したいな〜。
時間かかり過ぎ( ̄▽ ̄;) でも、すこしずつ進んでいますよ〜。
posted by ラジ子 at 11:57| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする