2015年08月17日

the carrot and the stick

【SUITS】
もしかすると、発音のクリアーさから言えば、
「SUITS」の方が「モダンファミリー」より上かもしれないと、
改めて思いつつ、Huluで見ています。

過去の学習が pay off したセリフ。

@ マイク提案の意見にしぶしぶ賛成する同僚のセリフ。
SU against one's better judgment.jpg
I'm going against my better judgment and trusting you.

11/05/16「ラジオ英会話」にて、
欠陥車のスポーツカーを買った男性のセリフ。
I bought it against my better judgment.
(ついつい買ってしまいました。)
against one’s better judgment … ついつい、よせばよいのに・よかったのに
「SUITS」では、完全に賛成と思えず、よせばいいとは思うけど、
君を信頼することにしよう、という流れなんですね。

A これから集中的に調べ物をすることになり、
その前にトイレに行こうと席を立った男性に向かって
ルイスが言ったセリフ。
SU don't bother.jpg
You want to go to the bathroom? You don't bother coming back.

仕事が嫌ならやめてもいい、という表現の場合に
don’t bother が使われるんだなーという再確認。
But you know what they say. “If you don’t come in Sunday…”
(でもよく言うじゃない。「日曜日に仕事に来ないんだったら…」って。)
Right. “Don’t bother showing up on Monday.”
(そうだね。「月曜日に顔を出さなくて結構」ってね。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

So either come in tomorrow or don’t bother coming back again.
(嫌なら辞めたまえ)(モダンファミリー)

B 証人になってもらおうと、説得するためにルイスが言った、
「人は2つの物に動かされる生き物だ」の後のセリフ。
SU carrot and stick.jpg
And that's the carrot and the stick.

10/02/16「入門ビジネス英語」で
This calls for a carrot-and-stick approach.
(これにはアメとムチのアプローチが必要だ。)
を学習。
人間をロバとか馬に例えているので、アメでなくニンジン。

dangle a carrot (ほうびををちらつかす)(プログレッシブ)
も合わせて復習。


「自業自得」表現をこの日にもいくつかメモしてあるんですけど、
新しい言い方を発見。
娘は自業自得だよ
My daughter brought this on herself.
自分自身に迷惑がかかるように持ってきた → 自業自得
同じことを言いたくても、その言い方はいくつもあるってことですね。
その気になれば意外とセリフが拾えそうな、「SUITS」は、
(個人的にHuluで)そろそろシーズン2に突入です。


去年の今頃、8/6「実践ビジネス英語」
.., you have to be on your guard against thieves and con artists.
(泥棒や詐欺師に用心しなければなりません。)
↑ 海外旅行の際の注意点。
国内だって安心できないけどね。
posted by ラジ子 at 12:14| Comment(12) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

overlap

自習中。

【モダンファミリー】

(1) Facebook で昔の友人、デニースとつながったフィルと、
  それについてのクレアの会話。
クレア:How long have you two been in touch with each other?
    (いつから連絡を?)
フィル:Uh, she tracked me down about a year ago.
   (1年前に連絡が)
Facebook の、いろんな人脈をたどって「見つけ出した」感がでている!
How did you track him down?
(どうやって見つけ出したの?)
(06/02/22・23 「英会話中級」)

(2) フィルがデニースを家に招きます、昔の父親についてデニースに質問するヘイリー。
What was my daddy like in high school?
(高校時代のパパって?)
これはすぐに使えるようにしておきたい。
興味のある人には
What were you like when …?
(〜の頃のあなたってどんな感じだったの?)
みたいに質問して、ガンガン掘り下げてみたい。

(3) フィルをホテルに誘ったのに、拒否されて頭にくるデニース。
How many other women have you led on?
(他にも女が?)
lead (人) on … だます、誤り導く(プログレッシブ)
ロングマンによれば、「好きだと思わせてだます」というニュアンス。
結婚詐欺の手口か!
You’re not doing them a favor if you lead them on with false hopes.
(根拠のない望みを抱かせたら、相手に悪いですから。)
(10/02/19「実践ビジネス英語」)

(4) なんと!フィルはクレアとデニースとダブって付き合っていた時期があった。
クレア:So you were still dating her when you started dating me?
  (二股かけてたの?)
フィル:Yeah. Maybe. Just, there was a time a little overlap when, uh I was trying to break things off with Denise.
  (確かデニースと別れようとしていた時で…)
overlap は二股のイメージにピッタリ。
何かが重なっている場合の単語。

恋人と「別れる」という場合、ただの break up でない
こっちも学習しました。
It’s time I broke it off with Kelsey.
(もうケルシーと別れていいときだ。)
(15/02/16「ラジオ英会話」)


Huluでは、ドラマ以外にいろんな映画も見られます。
レンタルだったら借りないだろうなーと思うような映画を
気軽にお試し視聴できるのもありがたい。
で、なんとなく見たこの映画が、なかなか面白かったです。

結末が想像できるタイプの映画だけど、そういう映画の方が心臓にいいし、
アメリカ英語とイギリス英語、両方楽しめるのもよかったな〜。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Exercise is certainly a no-brainer for warding off the effects of aging.
(運動は間違いなく、老化の影響を防ぐための、考えるまでもない簡単な方法です。)
ダンスなんかも楽しそう、パフュームとか踊ってみたい。(あくまでも希望...)
posted by ラジ子 at 01:55| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

ring a bell

あけましておめでとうございます。

大きいサイズのまま、バンバン写真をアップしていたら、
容量パンパンになってしまい(汗)、新しくしました。
パッと見いっしょですが、アドレスが変わりましたので、
ご承知おきください。
これから少しずつ体裁を整える予定です。

ラジオ講座的には新年度が4月開始のため、
新年の抱負を語るにはちょっとタイミングが違うかもしれませんが、
健康1番、英語は2番!
ってとこかな?
心身ともに健康でないと、英語どころではありませんからね。

というわけで、ドラマから。

【フレンズ】
年初めのフレンズ大放出。
相変わらずHulu三昧の毎日なもので(汗)
ちなみに、Huluでは「フレンズ」が奇数月に奇数シーズンの配信がありまして、
去年は第7シーズンまでしか見られなかったのが、
今年からは第9シーズンまで見られるようになりました。

(1)レイチェルが出産はしたものの、ロスが煮え切らず、
なかなかポロポーズをしないのでイライラするフィービー。
「美しい煮え切らなさね」
friends lukewarm.jpg
What a beautiful lukewarm sentiment.

ぬるい = 熱意に欠ける → lukewarm
lukewarm tepid を改めて英辞郎で読んでみると、
もっともっと使えそうな単語だな〜って気がする。

(2)オクラホマのタルサに単身赴任しているチャンドラーがモニカに電話。
あっと言う間に帰るよ」
friends before I know it.jpg
Don’t worry I’ll be back before you know it.

使いどころがよくわからない表現だったけど、
単純に「すぐに」と言いたい時の表現のひとつと考えていいかも。
Before you know it, he’ll be running and jumping off furniture.
(あっという間に走ったり家具から飛び降りたりするようになるよ。)
(12/03/01「ラジオ英会話」)

常々似ていると思っていた the next thingknow は、
気づいた時に何が起こっているか、が重要なのかな。
One minute I’m watching soccer and the next thing I know, it’s over.
(サッカーを見ていたと思っていたら、
次に気がついたときには試合が終わっているなんて。)
(2001年度「ラジオ英会話」)
あっという間に試合が終わっていた!ことが重要なポイント。

(3)子供は読まないでね...。
一晩をいっしょに過ごした女性に、前にも関係を持ったことがあるはずだ!
と詰め寄るジョーイ。

「俺たちはセックスした ここと ここと そこで」
friends ring a bell1.jpg
I was here, you were here, we had sex here, here, here, not there...

「あそこは違う 覚えてない?」
friends ring a bell2.jpg
Not there, anything?

全然 心当たりなし
friends ring a bell3.jpg
No, it’s not ringing any bells.

こんな場合に使えるんだな〜。
今までは、名前がピンとこない英文が多かった。
That name doesn’t ring a bell.
(その名には思い当たる節がない。)
(14/01/13「ラジオ英会話」)

(4)フィービーの誕生日、でもBFは仕事でパーティーに来られない。
怒りたいけど、付き合い始めたばかりのためガマン。

「ムカついてるけどまだ本性 出せない」
friends show true colors.jpg
I get mad at him but I think it’s a little too soon to show my true colors.
show との組み合わせだったことを復習。
They show your true colors.
(両方とも真のあなたが見える。)
show 〜’s true colors … 〜の本質を表す
(10/04/15「ラジオ英会話」)

(5)フィービーのバースデーパーティーに行くことになっていたけど、
赤ちゃんのエマが気になっていく気になれないレイチェル。
気分転換にも行った方がいいと言うロス。

「いいから ルンルン気分でハッスルだ」
friends old slang1.jpg
You should go, just go, go out! Really the world is your oyster.

街へ出てフィーバーしなよ
friends old slang2.jpg
Kick up your heels, paint the town red!

「死語連発ね」
friends old slang3.jpg
You need to learn some new slang.

Mrs. Tyson and I are going to kick up our heels for a change.
(妻と二人で気分を変えて楽しむつもりでいます。)
(08/07/16「実践ビジネス英語」)
Let’s paint the town red, Brad!
(町に出て大いに飲んで楽しみましょう、ブラッド!)
(14/08/19「ラジオ英会話」)

習ったけど、既に「死語」な表現も、けっこうあるな...。
でも、知らないよりは知っている方がいいですよね!
というわけで、今年も英語で楽しみますよー。

あと、もしかして、以前オフ会用に作った
yahoo のアドレスにメールを送ってくださった方で、
私からの返信がなかった、という方がいらしたらすみません。
しばらくチェックしていませんでした。
今後はときどきチェックします。


去年の今頃、12/27「実践ビジネス英語」
夢中になっている時は
..., I can eat a whole pack of chocolate-covered almonds without thinking.
(無意識のうちにアーモンドチョコを1箱全部食べることができますよ。)
1度に1箱は多いな〜、鼻血出ちゃう。

*Daddyさん、ありがとうございます!
posted by ラジ子 at 21:57| Comment(9) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする