2016年12月17日

disgruntled

09/02/11「実践ビジネス英語」で使われていた
I saw a video that someone had posted on a Web site in which a disgruntled customer used a sledgehammer to smash his malfunctioning personal computer to smithereens while saying nasty things about the PC maker.
(だれかがウェブサイトに載せた動画ですが、不満を募らせた顧客がパソコンメーカーの悪口を言いながら調子の悪い自分のパソコンを大きなハンマーで粉々に壊している、というのを見たことがあります。) ← 文章、長すぎるよね...
disgruntled を「モダン・ファミリー」で発見(発聴?)

いざこざがあって、怒ってフィルの事務所を訪れたミッチェルの表情を見たクライアント。
MF disgruntled.PNG
Is he disgruntled? He looks disgruntled.
「ヤバいな 怒ってる?」
しばらく講座で聞いていなかったけど、ドラマで使われてた〜!
(当たり前ですが...)

あと、私の好きなコレ、
Oh, I wouldn't be caught dead in that; it makes me fat.
(そんな、あれを着たところは絶対に見られたくないわ。太って見えるから。)
(06/09/11・12「英会話上級」)
が「SATC」で使われていた!
自身の本の出版パーティ用の洋服選びの途中で。
SATC be caught dead.PNG
What respectable New York woman would be caught dead wearing this?
「NYのまともな女はこんなの着ない
やっぱり服装に関して「死んでも見られたくない」みたいな場合に
使われるのだなぁ。
あと、respectable は「尊敬」よりも「まとも」という意味だったことを再確認。

この日 get it over with を学習して以来、
ドラマを見ていると、まぁ、聞くこと、聞くこと、
ビックリしました。
たとえば ↓
SATC get it over with.JPG
Why not just go down to city hall and get it over with?
シチュエーションは結婚式のことでぐずぐずしているミランダに
さっさと終わらせちゃえば?というニュアンスの提案でした。
ただ、「終わらせる」というより、「どうせいつかやるんだから、さっさと片付ける」という
ニュアンスとのことです。

今まで何度もドラマで聞いていたはずなのに、雰囲気で聞き流していたんだろうな...。
というわけで、ちょっとした報告でした。


去年の今頃、12/9「実践ビジネス英語」
segue into (〜に途切れずに移行する) を100%忘れていた。
また、どこかで再会する単語なんだろうか...。
posted by ラジ子 at 14:41| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

draw the short straw

【SUITS】
シーズン2の視聴に突入したものの、
内容的にはダーク度が高くなって、見るのがしんどくなってきた…。
続けて見てるといいことあるかな?

気になるセリフのメモ。

@ マイクとレイチェルに向かって、
つまらない仕事を任されたのでは?という依頼人のセリフ。
SU draw the short straw.jpg
You two draw the short straw?

draw the straws → (長短のあるわらで)くじ引きをする
draw the short straw だと「貧乏くじを引く」(プログレッシブ)
lottery で画像検索すると、こんな感じなので、
「くじつながり」とはいえ、イメージ的にはだいぶ違うようです

ラジオ講座としては、straw といえば、
これ↓
Oh, this is the last straw!
(もう、私、我慢の限界だわ!)
(07/11/14・15「英会話入門」)

A 上司のジェシカがハーヴィーに忠告。
SU get off your high horse.jpg
So get off your high horse. Leave the woman alone.

But I think he should get off his high horse and―...
(しかし、私が思うに、彼はお高くとまるところを改めるべきだと、...)
(10/12/15「実践ビジネス英語」)
ハーヴィーみたいな自信家に言ってやりたい表現。

B ハーヴィーが秘書のドナに忠告。
SU go behind my back.jpg
Don't ever go behind my back again.

talk 以外にも、いろんな動詞と組み合わせられるという確認。
go と組み合わせると「裏切る」という意味になるんですね。
Shopdropping is doing something behind the shop owner’s back.
(ショップドロッピングは、店主の見ていないところで何かをやることなのです。)
ここだけ読むと、なんとも曖昧な文章...。
(08/ 06/19「実践ビジネス英語」)
behind one’s back は、意味的に「迷惑の on」に近いかも?

C ドナに、珍しく自分の非を認めて謝ったハーヴィー。
ドナがハーヴィーにもう少し反省させようとしたところで、
SU don't push it..jpg
Don’t push it.

この感じに似ている。
Don’t push your luck.
(調子に乗るなよ。)
(10/10/29「英語5分間トレーニング」)

D 嫌われ者ルイスがマイクに仕事を命令。
SU want yesterday.jpg
Now I want the detailed listing of every redundant position in the Swinton merger.
And I want it yesterday, capisce?


実際のドラマで使われているのが聞けた!
want it yesterdayASAP
I’m telling you straight out that every day’s deadlines are yesterday.
(率直に言うが、その日の仕事の締め切りというのは、いつだって大至急ということだ。)
(09/08/20「実践ビジネス英語」)

セリフ最後の capisce? は understand? という意味だそうです。
Urban dictionary より


Huluで視聴していますが、シーズン2は
英語字幕で見られることがわかりました、ラッキー。
字幕が無ければ capisce のスペルはわからなかったです…。
逆に、英語字幕表示できると、セリフが気になって
テキトーに見られなくて困るという一面もあるんですけど、
まあ、ぜいたくな悩みですね!


去年の今頃、8/7「実践ビジネス英語」
Well, I make sure to time my holiday so that it’s not in the middle of a big project I’m working on, ...
(そうですね、私は、自分が取り組んでいる大型プロジェクトの最中(中略)には、
絶対に休暇を入れないようにしています。)
time … 〜の時を決める
意味的には arrange に近いみたいです。
posted by ラジ子 at 11:44| Comment(8) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

the carrot and the stick

【SUITS】
もしかすると、発音のクリアーさから言えば、
「SUITS」の方が「モダンファミリー」より上かもしれないと、
改めて思いつつ、Huluで見ています。

過去の学習が pay off したセリフ。

@ マイク提案の意見にしぶしぶ賛成する同僚のセリフ。
SU against one's better judgment.jpg
I'm going against my better judgment and trusting you.

11/05/16「ラジオ英会話」にて、
欠陥車のスポーツカーを買った男性のセリフ。
I bought it against my better judgment.
(ついつい買ってしまいました。)
against one’s better judgment … ついつい、よせばよいのに・よかったのに
「SUITS」では、完全に賛成と思えず、よせばいいとは思うけど、
君を信頼することにしよう、という流れなんですね。

A これから集中的に調べ物をすることになり、
その前にトイレに行こうと席を立った男性に向かって
ルイスが言ったセリフ。
SU don't bother.jpg
You want to go to the bathroom? You don't bother coming back.

仕事が嫌ならやめてもいい、という表現の場合に
don’t bother が使われるんだなーという再確認。
But you know what they say. “If you don’t come in Sunday…”
(でもよく言うじゃない。「日曜日に仕事に来ないんだったら…」って。)
Right. “Don’t bother showing up on Monday.”
(そうだね。「月曜日に顔を出さなくて結構」ってね。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

So either come in tomorrow or don’t bother coming back again.
(嫌なら辞めたまえ)(モダンファミリー)

B 証人になってもらおうと、説得するためにルイスが言った、
「人は2つの物に動かされる生き物だ」の後のセリフ。
SU carrot and stick.jpg
And that's the carrot and the stick.

10/02/16「入門ビジネス英語」で
This calls for a carrot-and-stick approach.
(これにはアメとムチのアプローチが必要だ。)
を学習。
人間をロバとか馬に例えているので、アメでなくニンジン。

dangle a carrot (ほうびををちらつかす)(プログレッシブ)
も合わせて復習。


「自業自得」表現をこの日にもいくつかメモしてあるんですけど、
新しい言い方を発見。
娘は自業自得だよ
My daughter brought this on herself.
自分自身に迷惑がかかるように持ってきた → 自業自得
同じことを言いたくても、その言い方はいくつもあるってことですね。
その気になれば意外とセリフが拾えそうな、「SUITS」は、
(個人的にHuluで)そろそろシーズン2に突入です。


去年の今頃、8/6「実践ビジネス英語」
.., you have to be on your guard against thieves and con artists.
(泥棒や詐欺師に用心しなければなりません。)
↑ 海外旅行の際の注意点。
国内だって安心できないけどね。
posted by ラジ子 at 12:14| Comment(12) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする