2019年08月18日

like death warmed up

【プラダを着た悪魔】

以前、この本を衝動買いしたことを書きました。
英語でネイティブみたいな会話がしたい! 映画やドラマの世界そのままに ぐっとリアルな英語が話せる (CD付)
英語でネイティブみたいな会話がしたい! 映画やドラマの世界そのままに ぐっとリアルな英語が話せる (CD付)
いちおう何周かCDで音声も聞いて、
「こんな言い方するんだ!」みたいな表現をいくつか初めて知りました。
Hulu↓ で配信中のこの映画の中で
プラダを着た悪魔 (特別編) [AmazonDVDコレクション]
プラダを着た悪魔 (特別編) [AmazonDVDコレクション]
「あっ、あの本にあった!」という発見をしたのでメモ。

(1)風邪をひいたミランダのアシスタント、エミリーに
体調について
How’s the cold doing?
で質問した時の返事。

Like death warmed up, actually.
(最悪よ 死人の気分だわ)

本では
look like death warmed up → ぐったりしている
で紹介されていました。

(2)ファッション誌で働くようになって、
性格まで変わったとアンドレアを非難する友人
This “glamazon” who skulks around in corners
(豪華な服を着てセクシー男と火遊びする女?)

本では
a glamazon → 長身でグラマーな女性
という訳。

あと、skulk という単語がわからなかったので調べました。
skulk → (人目をしのんで)こそこそする (ジーニアス)

この本ではシンプルな例文といっしょに390個の表現が
紹介されているので、今後ドラマや映画での再会が期待できます。
楽しみ〜。

「プラダ」からその他の表現もチョコっと。

仕事の忙しさをグチるアンドレア
My personal life is hanging by a thread, that’s all.
(私生活も危機だし)

Our marriage is hanging by a thread.
(僕たちの結婚は風前のともし火なんだ。)
(14/02/17「ラジオ英会話」)
in hanging by a thread → 〜は糸に吊るされて危機一髪
は、「モダン・ファミリー」でも何度も使われていた表現。

アンドレアの忙しさがこのまま続くとこうなるよ、
と予言するないジェル
Let me know when your whole life goes up in smoke.
(全私生活が崩壊するよ)

The whole plan went up in smoke.
(すべての計画がおじゃんになった。)
(10/04/04「英語5分間トレーニング」)
危機一髪の先が go up in smoke
無いに等しい、って感じかな?


字幕を読まずに(あるいは表示させずに)ドラマや映画を見ると、
字幕がある時よりもより多くの英語が聞こえてくる、
というのは本当だ!
ということで、1度見たドラマや映画は音だけで見るようにしています。
もう、わかろうが、わかるまいが、とにかく音だけ。
それが正しい(効果のある)勉強法かどうかはわかりません( ̄▽ ̄;)

それにしても、「プラダを着た悪魔」って2006年の映画だそうで…。
13年前――――――――!
はやー。


去年の今頃、「ラジオ英会話
My boss drives a flashy new metallic red Italian sports car.
(私のボスは、派手な新しいメタリックレッドのイタリア製のスポーツカーに乗っているよ。)
もう、形容詞の順番を覚えるのはあきらめた…。
posted by ラジ子 at 09:41| Comment(2) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

have a lump in one's throat

Netflix でたぶん4回は見た「ズンボのジャストデザート」、
オーストラリアの勝ち抜き式テレビチャンピオンと思っていただければ
よいかと思います。
チェックした表現をランダムにメモ。

I can barely multitask, let alone do a magic trick.
(魔法なんて無理だよ 同時進行だって苦手なのに)
I never imagined myself in a sweat suit, let alone in a bathing suit.
(自分がトレーニング・ウェアを着ていようとは全く想像もしなかったし、ましてや水着とはね。)
(2000年度「ラジオ英会話」)
〜だってありえないのに、let alone 以下なんてもっとムリ
のアレ。

Food’s definitely in my blood.
(料理好きは遺伝ね)
comedy is in my blood.
(お笑いはぼくの一部なんだ。)
(17/10/11「基礎英語3」)

I feel like I have a lump in my throat.
(息が詰まりそう)
↑ は緊張で、↓ は感動
Oh, I’ve got a lump in my throat!
(ああ、胸が詰まってしまいました!)
(10/12/17「ラジオ英会話」 More Info!)

時間が足りそうになくてアセる出場者。
I wish my leg was a bit longer so I could open the oven.
(オーブンまで脚が届けばな)
非常にわかりやすい仮定法。

Look at all of her pots, her pans, it’s chaos there and she’s all over the place.
(調理器具が散乱してめちゃくちゃだし動揺してる)
聞いた瞬間、調理器具が all over the place と思いきや
all over the place → 取り乱した

別の意味の all over the place
Yes, they’re sprouting up all over the place.
(ええ、至るところで急成長しています。)

I’m really, really nervous about my emotions getting the better of me .
(落ち着いて作業できるか不安だわ)
I hate it when my emotions get the better of me like that.
(そんなふうに、自分の感情に負けてしまうのは嫌なものですね。)
(12/12/27「実践ビジネス英語」)
get the better of me は、ほかのドラマでも何度か聞いているので、
覚えておくと便利かも。

That photo doesn’t do you justice.
(その写真はうまく撮れていない/良さがでていない)
のような否定文でしか聞いたことがなかった
do justice の肯定文 ↓
I think you’ve done the caramel slice a lot of justice, …
(すばらしい出来だ)
褒める時にも使えた!

この番組って、けっこう真剣なコンペティションなので、
熱い言葉も聞こえてきます。
応援する人 ↓
You’ve come this far. Don’t throw it away.
(努力をムダにしないで)

応援に応えた人 ↓
I’m feeling so relieved, and I’m overcome with emotion.
It's an overwhelming feeling that this whole experience is over now.
There was a point where I didn’t think I was going to get there, and I felt like giving up. But I pushed through, and I got there in the end.

(心の底から安心したわ 感情の波に飲まれずに乗り切った ← 字幕のまま
本当にすべてが終わったのね もう無理だと思ったこともあった
諦めかけたわ でもなんとか前進しゴールにたどり着いた)

be overcome with 〜 … 〜に圧倒される
be overwhelmed with とグループ化

a point where は「こんなところまで!」という強調
I hope it hasn’t reached the point where you’re experiencing “phantom rings.”
(あなたが「ファントムリング」を経験しているまでになっていなければよいのですが。)
(15/05/22「実践ビジネス英語」)

push through … やり遂げる、やり通す
自動詞でも使える、とこの本にも書いてありました。

英語のパワー基本語[前置詞・句動詞編]CD-ROM付: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録3)
英語のパワー基本語[前置詞・句動詞編]CD-ROM付: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録3)

私もいつか
I pushed through!
と言ってゴールにたどり着きたい 

去年の今頃、「基礎英語3
What are you dressed up as?
(あなたは何に仮装しているの?)
ハロウィンにて。
仮装もいいけど、ほどほどに…。
posted by ラジ子 at 15:05| Comment(0) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

opportunity cost

「ラジオ英会話」巻末 Japanglophilia からメモ。

8月号はコリンさん流の節約術について。
I picked up some useful thrifty habits by osmosis
この pick up と同じかな。
But they’re fast, eager learners, and they pick up the language skills faster than you might expect.
(しかし、彼らは学習熱心で覚えが早いですから、皆さんの想像以上に早く語学力を身につけます。)
(11/01/07「実践ビジネス英語」)

osmosis … 浸透(性)
by osmosis → (知識などを)いつの間にか身につけて
(プログレッシブ)
初見でした。

コリンさんは洋服を買うのが大好き。
My particular weakness was for buying shirts, T-shirts and socks.
weakness とは「非常に好きなもの、大好物」
 ↓ は全能の神、ゼウス。
Zeus had a weakness for beautiful women, so he had many girlfriends.
have a weakness for 〜 … 〜に目がない、〜が大好きだ
(17/08/08「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」)

しかし最近は、昔買ったものを着ているそうです。
In fact, I get more pleasure now from resurrecting an old favourite than buying something new.
06/09/20・21「ビジネス英会話」で
resurrect … 復活させる、よみがえらせる
を学習していたらしい...。

2002年日韓共催のワールドカップのTシャツを着ているコリンさん。
It prompted me to look up that it was on this day 15 years ago today that Japan drew 2-2 with Belgium; a game I remember well.
「促す」の prompt
My astronomer friend set up his telescope and prompted me to take a look.
(私の友人の天文学者は望遠鏡をセットして、私にのぞいてみるように促しました。)
(2014年9月号Our Magical World)

スーパーマーケットの買い物でも節約を実践しているコリンさん。
I do that about 4 times a week, combining a walk with a break from work at about 6 p.m.
歩いて休んでの組み合わせ。
combine との組み合わせは with でも and でもOK。
The idea is to combine work and a vacation
(仕事休暇を組み合わせるという発想ですね。)
(16/06/09「実践ビジネス英語」)
↑ は workcation の定義。

仕事から帰る時間帯だと消費期限(use-by date)に近い商品が
値下がりしているので
I snap up bargains
And that means that bargains are snapped up very quickly.
(ですから、掘り出し物はすぐに売れてしまうのです。)
snap up … 〜をすぐに買う、〜をひったくる
(09/04/02「実践ビジネス英語」)
すごいー、習ってた!

「お金は使うためにある」と言う友達に
opportunity cost を説くコリンさん。
カッコいいので、どこかで使ってみたい。

そして、ただ貯めるのではなく、いつどこで使うかを選んでいるコリンさんは
This evening, for example, I might treat myself to some lovely craft beers.
... I thought I’d treat myself to a glass of white wine.
(... 白ワインを1杯、自分へのご褒美にしようと思いました。)
(16/09/07「実践ビジネス英語」)
プレゼンがうまくいったリディア・グレースのセリフ。
この表現、好きだな〜。


【メンタリスト】
ジェーンがストレスをかかえる高校教師に共感するセリフです。
Who wouldn’t want to take the edge off?
(毎日 生徒の相手じゃガス抜きしたくなる)
のどの渇きや痛みを「和らげる」以外に、ストレスにも使えるんですね。
ブログ検索してもあまり出てこなくて、意外な感じ。


去年の今頃、「実践ビジネス英語」 8月号 Our Magical World
They got a kick out of bathing in public,
(その両親は、ほかの人たちの前でお風呂に入るのも(中略)おおいに楽しみました。)
リサさんがお友達のご両親を日本旅館でもてなしたエピソード。
やっぱり旅行は "When in Rome" スピリット。
posted by ラジ子 at 11:31| Comment(0) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする