2017年09月09日

opportunity cost

「ラジオ英会話」巻末 Japanglophilia からメモ。

8月号はコリンさん流の節約術について。
I picked up some useful thrifty habits by osmosis
この pick up と同じかな。
But they’re fast, eager learners, and they pick up the language skills faster than you might expect.
(しかし、彼らは学習熱心で覚えが早いですから、皆さんの想像以上に早く語学力を身につけます。)
(11/01/07「実践ビジネス英語」)

osmosis … 浸透(性)
by osmosis → (知識などを)いつの間にか身につけて
(プログレッシブ)
初見でした。

コリンさんは洋服を買うのが大好き。
My particular weakness was for buying shirts, T-shirts and socks.
weakness とは「非常に好きなもの、大好物」
 ↓ は全能の神、ゼウス。
Zeus had a weakness for beautiful women, so he had many girlfriends.
have a weakness for 〜 … 〜に目がない、〜が大好きだ
(17/08/08「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」)

しかし最近は、昔買ったものを着ているそうです。
In fact, I get more pleasure now from resurrecting an old favourite than buying something new.
06/09/20・21「ビジネス英会話」で
resurrect … 復活させる、よみがえらせる
を学習していたらしい...。

2002年日韓共催のワールドカップのTシャツを着ているコリンさん。
It prompted me to look up that it was on this day 15 years ago today that Japan drew 2-2 with Belgium; a game I remember well.
「促す」の prompt
My astronomer friend set up his telescope and prompted me to take a look.
(私の友人の天文学者は望遠鏡をセットして、私にのぞいてみるように促しました。)
(2014年9月号Our Magical World)

スーパーマーケットの買い物でも節約を実践しているコリンさん。
I do that about 4 times a week, combining a walk with a break from work at about 6 p.m.
歩いて休んでの組み合わせ。
combine との組み合わせは with でも and でもOK。
The idea is to combine work and a vacation
(仕事休暇を組み合わせるという発想ですね。)
(16/06/09「実践ビジネス英語」)
↑ は workcation の定義。

仕事から帰る時間帯だと消費期限(use-by date)に近い商品が
値下がりしているので
I snap up bargains
And that means that bargains are snapped up very quickly.
(ですから、掘り出し物はすぐに売れてしまうのです。)
snap up … 〜をすぐに買う、〜をひったくる
(09/04/02「実践ビジネス英語」)
すごいー、習ってた!

「お金は使うためにある」と言う友達に
opportunity cost を説くコリンさん。
カッコいいので、どこかで使ってみたい。

そして、ただ貯めるのではなく、いつどこで使うかを選んでいるコリンさんは
This evening, for example, I might treat myself to some lovely craft beers.
... I thought I’d treat myself to a glass of white wine.
(... 白ワインを1杯、自分へのご褒美にしようと思いました。)
(16/09/07「実践ビジネス英語」)
プレゼンがうまくいったリディア・グレースのセリフ。
この表現、好きだな〜。


【メンタリスト】
ジェーンがストレスをかかえる高校教師に共感するセリフです。
Who wouldn’t want to take the edge off?
(毎日 生徒の相手じゃガス抜きしたくなる)
のどの渇きや痛みを「和らげる」以外に、ストレスにも使えるんですね。
ブログ検索してもあまり出てこなくて、意外な感じ。


去年の今頃、「実践ビジネス英語」 8月号 Our Magical World
They got a kick out of bathing in public,
(その両親は、ほかの人たちの前でお風呂に入るのも(中略)おおいに楽しみました。)
リサさんがお友達のご両親を日本旅館でもてなしたエピソード。
やっぱり旅行は "When in Rome" スピリット。
posted by ラジ子 at 11:31| Comment(0) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

a pool of light

NHKの語学講座アプリでボキャブライダーのクイズやってますかー?
無料だし(ココ大事!)、使わない手はありませんよね。

pool (水たまり)のバリエーションでこんな問題もありました。
pool.jpg
液体以外にも使えるんだな〜。

まったく答えのわからないものがありました。
大西洋.jpg
the Atlantic Ocean が選択肢にないよーと思ったら、これが正解。
pond.jpg
実際にはこの問題、間違えました。(↑ は偽装工作の正解)


【メンタリスト】
ある車に細工をして事故を起こしたことを犯人に認めさせるパトリック。
But you do admit to tampering with Cassie Flood’s car?
(車に細工したことは認める?)

他の「〜を認める」にも to がついていたっけなー。
It’s someone posturing as your son and confessing to having caused a traffic accident.  
(だれかが息子の振りをして、交通事故を起こしたと打ち明けるのです。)
(06/12/11・12「ビジネス英会話」)
He owns up to it, he never does it again.
「校長に打ち明ければ二度とやらないさ」
(「モダン・ファミリー」)

ドラマの中で tamper with と同じ意味で
tinker with も使われていましたよ。
He had you to tinker with her car?
(彼の指示で細工を?)

「直接は知らないけど、有名人なので顔と名前ぐらいは知っていますよ」
の英文。
パトリック:Do you know Tommy Volker?
(タラ、教えて。ヴォルカーを?)
タラ:Uh,… no. No, I, I mean. I know of him.
(知人じゃないわ 当然知ってるけど)
この know of を初めて知った時の驚きも忘れられないな〜。

明日からアプリで聞ける内容が通常営業に戻ります。
夏休みは終わった...。


去年の今頃、「ラジオ英会話
We should go over our notes together.
(一緒にノートを復習すべきだよね。)
復習、大事!
posted by ラジ子 at 21:11| Comment(0) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

Bring it on!

「基礎英語3」のテキストを買ってみました。
NHKラジオ 基礎英語3 2017年8月号 [雑誌] (NHKテキスト) -
NHKラジオ 基礎英語3 2017年8月号 [雑誌] (NHKテキスト) -
今まで声で想像していた登場人物を、イラストで確認。
日本からミネソタに引っ越してきた勉って、声の雰囲気よりも
イラストの方がカッコいいぞ、神木隆之介くんに似てるかも。

8月は4〜7月放送分からのハイライトを放送中。
気になる表現をメモ。

7/31放送分
ラジオDJのセリフ。
I will ask a question about Minnesota, and the first person to call with the right answer wins!
− わたしがミネソタに関する問題を出します。最初に電話をかけてきた
  正解者が勝ちです。
こんなふうに with が使えるんだね、と思った文章。
先月だったと思うのですが、
「もっと安全でお金が稼げる仕事」 → a safer job with more money
という言い方にも「なるほど」と思いました。

8/2放送分
メインキャラクター、サラと勉は1学年違い。
I’m a year below you, ...
− ぼくはひとつ下の学年なんだ...
below ね、なるほど。
ということは、サラは
I’m a year above Tsutomu.
になるんだ。

8/5放送分
勉は trivia buff(豆知識好き)。
How much trivia do you know about the Twin Cities?
(あなたにはツインシティーについての豆知識がどれくらいあるの?)
とサラに質問された勉の返事。
Bring it on!
まかせて
Bring it on. … まかせて、受けてたつよ。
「かかってこい」という和訳もネットで見かけました。

bringphrasal verbs(復習)
Realistically speaking, can we really bring it off?
(現実的な話、本当に成し遂げることができますか?)
(08/01/30・31「英会話上級」)
I’ll bring you up to speed on that.
(それについての情報は教えますよ。)
(12/10/03「ラジオ英会話」)
Why are you suddenly bringing up your brother’s dogs?
(どうして突然、弟の犬の話を持ち出すの?)
(06/12/06「徹底トレーニング英会話」)
It brings out your gorgeous brown eyes.
(ゴージャスなブラウンの目が引き立つわ。)
(10/02/11「ラジオ英会話」)
We should bring about a revolution.
(ぼくたちが改革を引き起こさないとね)
(1998年度「ラジオ英会話」)
I know you two are going to bring the house down!
(君たち2人で大受け間違いないよ!)
(08/10/15「ラジオ英会話」)

「基礎英語3」の「使えるコーパス情報」というコーナー、
なかなか面白いんですよ。
番組内で習った重要表現といっしょに、
頻繁に使われる単語が紹介されたりします。
例えば You must be に続いてよく使われている単語のランキングは
1位:joking
2位:hungry
3位:tired
だそうです。(1億語のBNCコーパスより)
中学の頃、こんな番組をアプリで聞けてたらな〜。
でも、今、聞けるんだから、いっか


去年の今頃、「実践ビジネス英語」、「ラジオ英会話
You ignore their text messages and calls, and you don’t go to the trouble of explaining why you’re ending the relationship.
(その人からの携帯メールも電話も無視して、しかも2人の関係を
終わらせようと思っている理由を説明する手間を取ろうともしません。)
ネット時代に新しい意味を持つようになった、
他人とのつながりを断ち切る「ゴースト」という新語の説明。
go ghost なんていういい方もあるみたいです。
posted by ラジ子 at 22:47| Comment(8) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする